エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【寝取られ】私と妻の秘密【寝取り】

私は(杉村 良樹43歳)公務員で妻(香織 40歳)は教師をしています。
妻は女優の黒木 瞳さん似で清楚に見られ、出産を経験していない身体は30代前半のスタイルを維持しています。
しかし、私と妻には友人や世間に知られてはならない秘密があったのです。
妻は学生時代に一度だけのセックスしか経験がなく処女同然でしたが、私と結婚した7年間で性戯を教え込まれ厭らしいM女に成長しました。
今でも週に2回ほどは身体を重ねます。
週末には夜のドライブに出かけ公園や山道で全裸になった妻の写真を撮ったりします。
露出写真や縄で拘束された写真はアルバム数十冊にもなりました。
 妻の担任していたクラスの女子生徒が警察に補導される事件が起こりました。
女子生徒はツーショットダイヤルで年齢を偽ってサクラをしていたそうです。
しかも、援助交際もしていたようで、妻が担任として事情を聞いたのでした。
女子生徒から事情を聴取した夜にベットの中で話ししてくれました。
「驚いたわ・・・彼女の話しを聞いて・・・」
「ふ~ん。最近の中学生は凄いなぁ~」
「そうなの・・・ツーショットダイヤルで男性に誘われたら援助交際してたらしいの・・・」
「・・・ツーショットダイヤルって香織は経験あるの?」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2017年12月21日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【出会い系】欲求不満のドM女を抱いた話w 【ヤリマン】

今日は会社休んで、女の子と会ってました。

えっ?会社休んでまで、出会い系で遊んでるなんてダメ人間??ええダメ人間です(爆)

でもですね〜。なんのために生きているかって聞かれたら、

「俺は女のエロおマンコにぶち込んで、中出しするために生まれてきたんだ!!(爆)」

と声を大にして言いたい。

本音で生きていかないといけませんよ。世の中は(笑)

さて、今回は出会い系サイトで出会った女の子で、送られてきた写メを見て即決してしまいました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2015年12月22日 | エロ体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【友達】これみよがしか?【セフレ】

一般女性が相手をしてくれなくなったからSMの女王様にすがりに行ったということなのか。
SMの女王様の中にも容姿容貌端麗でスタイル抜群な女性が結構たくさんいる。
女王様の何が良くて?と不可解な思いをすることが多いが、
やはり男優の側は生活費を稼ぐための苦肉の策として出演しているということか。
それでは女王様のほうは何のために。
女王様のほうも生活費を稼ぐ手段としてSM女王様をしているのか。
好みとしては女王様よりも痴女のほうなのだが
実際には痴女もSM女王様と大して変わらないようだ。
しかしSM女王様にハアハアしても仕方ないのだが。
SM女王様のような一般女性が進出してきても、どのようなものか。
SM女王様の現役活動は実年齢でいうと何歳までなのか。
嫁がSM女王様というのは正直気持ちが悪いし
そのような嫁とは、一般的には、嫁とは呼べない。
現役のSM女王様を引退した後もSM女王様としてプレイがしたいという欲望が一層強くなり
インフォーマルな場所で男優役の男(の子)を可愛がる。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||

2014年11月6日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【露出】露出のMデビュー戦 【野外】

私の地元は新興住宅地で、地区毎に完璧に整備されている。駅前の商業地域、駅前には大きな公園。公園の東にあたる通り抜けた奥には文教地域として図書館・学校・スポーツ施設など。そして公園の北に金持ちの住宅街。公園の南には大きなマンション街。
駅前と住宅街を分断する形で横たわる公園なので、深夜まで人通りが絶えない。電車が到着するたびにドーッと人が流れる。中央の広場まではゾロゾロと歩き、そして各自目的の小道に消えて行く。
公園内は街灯も多く、他の公園のイメージと比べて夜でも比較的明るい。そのため公園内を横切るメインストリートは女性の一人歩きでも安心できるくらいだ。
枝道も街灯は等間隔で通っており、深夜1時2時ならジョガーもちらほら。そんな環境なので、大きな公園だが重度な変出者やレイプの類いの事件は起きた話を聞かない。
しかし、駅から文教地区に抜ける方向、松林や桜林の中に消える道は突然暗くなるので人通りは少ない。その奥には遊具などが設置されたエリアがある。昼は遊ぶ子供・通学路として利用する人も多いが深夜の人通りはまばらだ。時々公園を大きく一周するジョガーが通り過ぎる程度。
ここは、ライトな変態さんにはちょっと有名なスペース。私もそのひとり。
今後、可能なら、ここで体験した話を書いて行こうと思う。まずは私のデビューエピソードを。

この公園でデビューするまでの間には少々段階があった。私はブサメンでもイケメンでもなく、背格好も中肉中背。彼女らしきものも数人おり、日々の欲求解消にはそれほど事欠くこともなく、風俗やAVも人並みにたしなむ程度。
そんな私が、自身の変態性に目覚めたのは友人から借りた普段は興味がないと思い込んでいたSMのAV。ひたすら痛めつけられる女性をみて喜ぶ構成になっていたのだが、気がつくと自分はM女側に感情移入して喜んでいた。
なんだその程度か、と思われるかもしれないが自身これまではS側だと思いプレーもS気味の方が楽しかったのでこれは衝撃だった。

それ以降M欲求がたかまるも満たされることもなかった。そもそもMにも言葉攻め・物理攻撃・強制露出などいろいろあり、時には風俗に行ったりしながら色々なシチュをためしつつも何となく満たされずにいた。

ある日、仕事の飲みでかなり深酒をし、掲題の公園のベンチで休んでいた。人通りが鬱陶しかったので文教地区方面にすこし逸れた林の中の小道のベンチ。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2014年8月18日 | エロ体験談カテゴリー:露出体験談

【友達】アナルオナニーの好きな女の子【セフレ】

「アナルに指を入れるのはいつから?」
「えっと…ちゃんと入れるようになったのは最近ですけど、いじり始めたのは高校の頃から…」
「それ以来ハマっちゃったのかな?」
「気持ちイイって感覚かどうかは自分でもわからないんですけど…なんかゾクゾクしてしまって…クリをいじりながら指を入れるとすぐにイっちゃうんです」
「アナルでイっちゃうの?可愛いね。。」
「恥ずかしい」
アナルオナニーの話をし始めるとさっきよりも顔を伏せるようになり、口調も恥ずかしさが入り混じって時折震えるようだった。。
ちょっと可愛いな、このコ。。
そう思うと少しずつ自分も興奮してくるのが分かる
「どんなことをまず知りたい?」
「あの…舐めて欲しいんです」
「どこを?」
「オマンコとアナルを…」
「クンニのことだね、どうして舐めて欲しいのかな?」
「ネットで女の人のあそこを図書室で舐めてる画像があって…」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月1日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】私は、変態【身内】

私は、変態です。今27歳でご主人様が 7人います。
大阪に2人.福岡に1人.都内に4人です。色んなプレイで楽しませてくれます。
こんな身体になったきっかけは、9歳の頃から受けた。実父からの悪戯です。
エスカレートした父から12でロストヴァージン 14で父の借金相手4人に廻されて、調教されました。
アナル 浣腸 ディープスロート フィストバック 視姦 放置 青姦 中出し
中3で、2回堕胎
このままでは、危ないと思い、中学卒業を期に東京に逃げました。
でも、不の連鎖は、続くんですね。 24歳までの5人の彼氏は、みんなDV野郎ばかり
人生に嫌気がして、自殺も考えた。
そんな時 出会ったのが、優しい彼氏 ある程度 嫌々ながらの経験ある私が
セックスが嫌いな訳を打ち明け、理解してくれて、徐々にセックスの素晴らしさを、教えてくれました。
でも……目覚めたの 段々普通のセックスが物足らなくなるの ある日彼氏と仕事終わりに、公園で待ち合せ
転機が訪れたわ、露出系の投稿雑誌を拾っちゃった。そこに、M女求むの掲載
もう、いてもたってもいられず、待ち合せスッポカシて、手紙出して、即逢っちゃった。
1号ご主人様との 運命の出会い もうそこからは、快楽の日々

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年5月14日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【寝取られ】陵辱に喘ぐ、最愛の妻【寝取り】

私は40歳、妻の亜希子は35歳になりました。
私にはSMの性癖があり(無論、Sの方ですが)、
新婚当初その行為に驚愕し戦いていた妻も、
今では被虐と羞恥に嗚咽を洩らす淫乱な人妻となっています。
数年前まで私は、そんな従順でM女としてもほぼ完成された、妻の亜希子に十分満足していたのです。
ですが、近年の妻に対する性の虐待心とも呼称出来る、
ある願望が私の中に芽生え始めました。
「妻の犯されている場面を、その場で見たい。それも縛られて、苦悶に喘ぎながら陵辱される所を・・・」
自分で言うのも恐縮ですが、妻は美しい女です。35歳になりましたが、その肉体は爛熟し、
乳房や尻も豊かで、女としての色香を十分に感じさせるのです。その妻を・・・。
何とも恐ろしく、歪んだ妄想でした。ですが、出来ないと思えばそれは私の中でより肥大化し、
抜差し成らぬ塊へと変貌していったのです。そしてついにそれを実行へと移す決意をしました。
その願望の為、私は様々な策を練りました。
先ずは妻を陵辱する相手・・・これが一番悩みました。
チャットや雑誌を只管読み漁る日々が続き、結局はそのリスクの高さに、相手探しを断念しました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年4月13日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【会社】SM女王様の逆襲【職場】

の続きです。

一応前回の続きということで需要があろうが無かろうが書くね。
今回はちと痛々しい話が多いもんで苦手な人はスルーして。

前回福山の家で江角をやったというかイジメたのが木曜の夜、金曜日は皆出勤してきたが変に興奮は収まらず、かといって無性に眠くて仕事が全然手に付かなかった。
相変わらず福山は会社ではしっかりとしているし爽やかだ、とにかく仕事はデキるし膨大な量の案件を抱えているがすべてテキパキとこなす姿に疲労の色など微塵も感じない。
ましてや数時間前までイモムシ状態で恍惚の表情でころがっていたなど会社での姿からは想像もできない。

鈴木はとにかく会社では影が薄い、基本いじられキャラであり、まあドランクドラゴンの鈴木を想像してもらえればいいんじゃないか。
同期入社で8年近い付き合いだが、江角をイジメている時のあのイキイキとした姿は初めてみた気がする。
普段はトンチンカンな事を言って周りの者をフリーズさせることが多いが、あの時は的確な指示で江角を落とすことが出来たと思う。

昼休みに江角の様子を福山に聞いたが、あの後はとにかく疲れ果てて眠ってしまってどんなに声をかけても起きなかったそうだ。
正直この後復讐とかされるのを俺は恐れていたんだが、鈴木はあっけらかんとして全然気にしていない様子。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年3月2日 | エロ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【学校】家庭教師先【共学】

家庭教師をもう長くやってるせいか、まぁ、母子家庭ということもあるのだろう
が、非常に信頼されている。合鍵まで持っている。ある時は、母親が会社の慰安旅
行で家を留守にしたときに留守番を頼まれた。そのときに、娘Aと一晩中やりまく
り、処女を奪った。元々、勉強を教えながらもオナニーとか、Hな事を教えていたの
で、向こうも受け入れてはくれた。今でも、勉強中の殆どの時間は、Aの股間には何
かが入ってる状態だ。そんな家である日、俺はある日、家庭教師が終わった後に、
母親Mに飲みに誘われた。Mは元ヤンということもあり、服装は派手目で、いつもス
カートを履いていて、俺はいつも娘の部屋に案内され、階段を上がる時に距離を置
いて、中を覗いている。だから、この時も下心はあった。普段、Mが行かないような
所に連れ行って、まぁ、俺の馴染みの店なんだけど。Mの家からもさほど離れてない
所にあったし、Mも賛成してくれた。しかし、ここは俺が大体、女の子を酔わせる為
に使う所で、マスターも普段よりちょっときつめの酒を俺が連れて行った、女の子
には出してくれる。このときも例外ではなく、最初は普通に娘について話していたM
も目がとろんとしてきて眠そうだった。俺は声が小さいからと、Mの隣に座りなおし
た。そして、酔っているMの手をあえて、俺の太ももの股間に近い部分に置いた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年2月27日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【童貞】M女の目覚め【処女】

私はちょっとだけ後悔しています。

ちょっとした軽い気持ちでSMという世界に足を踏み入れてしまいました。

私は結婚していて、平凡な専業主婦でした。

都内の官舎に住んでいますが、どうも同じ感謝の奥さん達とは話が合わず、引き籠ってネットで遊んでいました。

少しだけSMに興味があった事もあり総合SMパートナー探し専門掲示板で遊んでいて、若い男の子達のグループと仲良くなり、オフ会とかで食べに行ったり主人が地方出張の時は飲みに行ったりもしました。

彼らは地方から来ている大学生で、しかもお金持ちのボンボンなのです。

そのうちにグループの一人の太郎くんと仲良くなり二人だけで会うようになり大人の関係になってしまいました。

背も高く、甘いマスクで冗談ばかり言う優しそうな男の子でした。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年2月9日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談
1 / 712345...最後 »

このページの先頭へ