エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【人妻】妻を常務に預けてしまった(1)【熟女】

 私には辛い思い出があります。丁度10年前のことになります。妻、雅美、30歳。私が33歳の時です。営業職10年で社長賞を獲得して課長に昇格しました。有頂天になっていたのかも知れません。妻が25歳の時に結婚しました。雅美は社内でも評判の美人で大学時代には、ミス丁市になったほどです。 社内では、若い彼氏とできている。上司と不倫していると言う噂も流れていました。私が福岡支社に転勤してきたとき、雅美を誘いました。断られると覚悟していましたが承諾してくれました。何回かデートを重ねて結ばれました。
「結婚しょうか」
 駄目元のプロポーズを承諾してくれて結婚しました。私が28歳になった時です。仕事のノルマを達成させることに苦しんでいましたが、結婚したことで運が向いてきました。 お得意さんからの注文を一桁ミスして、1000個を10000個で発注してしまいました。急いで訂正しましたがコンピューターが走ってしまい受注を確定してしまいました。常務に失敗したことを報告して、訂正する許可を貰いに行きました。
「馬鹿野郎、お前は何年やっているのか—-首だぞ」
 と脅されました。
「何とか、首になることだけは勘弁してください」
 と何度も懇願しました。「条件がある」
「ハイ、聞きます」
「ノーの回答は、首になるだけだ。お前の奥さんを毎週一夜、俺のマンションに泊まりに来ること」
「エーッ—–」
 拒否することができませんでした。
「解りました」
 この場を治めるには、承諾することしかなかった。 自宅に戻ってもことのを妻に話すことができなかった。私が余りに塞ぎ込んでいたので、
「あなたどうしたの—–」
 し聞いてくれた。会社での失敗、常務とのことを話した。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年8月15日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】最低最悪な亭主かも【熟女】

私48歳、妻44歳で大学1年と4年の娘がいますが、少し離れた大学なので妻の実家から通っています。
妻は胸は大きいのですが清楚で可愛い系なポチャタイプです。
その妻とは昨年に起こった事件から家庭内別居のような状態です。
原因は私にあります。

昨年のGW明けに妻から昔、仲が良かったグループでプチ同窓会をすることになったと言われました。
私は行かせたくなかったのですが、理由を聞かれると困るので笑顔で許可をしました。
実は妻の仲の良かったグループの一人H子とは妻と結婚する前に付き合っていました。
少し複雑なのですが、妻と付き合っている時に、妻が元彼と寄りを戻してしまい、その後にH子と約1年ほど付き合っていました。
が、妻が元彼と別れて私のところに戻ってきたのです。
私はH子と付き合ってるからと一度は断ったのですが、不思議なことにH子が身を引いたので妻と寄りを戻し結婚となったのです。
ですからH子はまあ問題はないと思っていましたが、問題はグループのリーダー格のA美という友達なんです。
A美は数年前に離婚してからよく妻のところに遊びに来るようになり、私とも仲良くなりました。
妻とは異なり美人顔でスレンダー(貧乳かも)なボディです。
メアドを聞いてからは急接近してしまい関係を持ってしまいました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年8月14日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】S熟女をMブタ熟女に【セフレ】

毎月2回の例会をSMホテルで行いますが最近は高齢化、そしてS系会員が増えてM系会員が極度に少なくなりました。
そこで男女ともにS系会員も交代でM役をする事にしました。
先日は、いつもはムチを持って女王役をしている高飛車な熟女がM女役をしました。
早速、縛ってM字開脚させてやりました。
会員のほとんどはこの熟女のオマンコやケツの穴を見たのは初めてで興奮しました。
以外と綺麗な色をしていました。
ムチ、ローソク、浣腸などの定番ですが、普段は生意気なS熟女をいつもより強めに攻めるのは快感ですね。
女は許しを乞いましたが無視。
S女がMブタになり下がり、ひぃひぃ~と泣き叫ぶのは格別のものがあります。
私は縛られ四つんばいのままの熟女にローソクを垂らしながら、ケツの穴に挿入させて頂きました。
ローソクが垂れる度にケツの穴がヒクヒク締まり年甲斐もなく5分で射精しました。
この日は女3人(40代2人、50代1人)男3人(すべて50代)でしたが、40女への顔面放尿もできて、3人のオマンコとケツの穴すべて味わえて、都合4回射精して大満足でした。
S女をいたぶるのは気持ちいいですよ。
次回は私がM男役です。

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年8月12日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】妻には言えない【隠れM男】【セフレ】

物心ついた頃にはもう褒められるよりも叱られたいと思っていた。
原因があるとすれば、なにかにつけて過剰に褒めてばかりいた親の躾方針か。
あまり褒められすぎるのも子供心に不安をおぼえてしまう。普通じゃないことは理解していた。
しかし成長するにつれ叱られたいという願望は薄れていき、妻との恋愛を経て結婚。
どこにでもいるごく普通の夫となった。
はずだった。
異変は妻が週末のみの塾講師という仕事を始めてから。
在宅塾ということで家に集まってきた小学生に勉強を教える形なのだが、広い家ではないため声は筒抜け。
聞き分けのよい子供ばかりではない。
部屋でくつろいでいると、妻が子供を叱っているらしき声が耳に入ってきてしまうのだ。『また宿題を忘れたのね、いけない子。』最初は特に気にしていなかった。
ただ突然、思い出したように自分がMであったことを自覚してしまうと、そんな妻と子供のやり取りが気にならないわけはない。
妻の前では普通の夫を演じている。
叱られている子供が羨ましい。
悶々としても今の生活を壊す気はないので、今後も妻には秘密で通すと決めている。
妻が叱っている対象をつい自分に置き換えて想像し、勃起していることもあった。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年8月10日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】妻と私の結婚生活【熟女】

私達は、結婚して10年を迎えようとしています。
妻:34歳 私:36歳
初めの2年位は子作りにも励んでいたんですが、お互い夜の営みを楽しむ様になり
子作りを止めました。
まぁ妻はドMで私はS、すっかり型にハマってしまったんですね。妻のMに気づいたのは、2人で旅行に出かけた時でしょうか?
旅館で食事を楽しんだ後、妻を布団に寝かせSEXを始めました。
妻の後ろから挿入しようと四つん這いに体制を変えた時です、帯が妻の身体に絡みつき
ちょっと縛られたんです。私は慌てて帯を解こうとすると”何だか興奮するわ”と妻が言いだし、
そのままの格好で挿入すると、いつも以上に妻は喘ぎ、興奮していました。
そんな妻の後ろ姿に、私も興奮し、白い大きなお尻をビシッと叩いてみると、”あっ・・・いい~”と
声を上げ始めるんです。Mっ気があるのか?と思い手を縛り、天井の柱にくくると、半立ち状態で
バックから挿入しました。
今まで見た事が無い位、妻は乱れ悦びそして中に思いっきり出してあげました。
ハァハァ息を切らせながら、”露店風呂で続きしよう”と甘える様に言われ、私は妻の帯を解き、
肩を抱き合う様に風呂に向かいました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月2日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】悶絶調教【セフレ】

現在私は10歳年上の主に仕えています。
今回は主のご命令で告白させていただきにきました。
最初にいただいたのは針による責めでした。
胸やお腹を刺され、とても感じているところに今度は乳首を刺されました。
大変な痛みに悶絶してしまいました。
その後も主は許しては下さらず、私の舌と瞼を刺し、最後には右足の薬指の
爪と皮膚の間を刺し、地獄のような痛みに私がのたうちまわる姿をご覧になり、
満足そうなお顔で私を見てくださいました。
刺されたところは今でも痛み、指の爪と皮膚の間はまだ紫色になっていますが、
これが主のつけて下さったものだと思うととても満たされた気分になります。
その後、主は私に水責めをしました。
でもこの水は熱湯で、主自ら夜間でお湯を沸かして下さったものです。
とても熱く、舌がおかしくなってしまうかと思いました。
両手は後ろ手に縛られ、柱に結わえ付けられているので、どうしても逃げ腰になっている
私にそれが歯止めをかけてくれ、最後まで主の納得のいくまでお受けすることができ、

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||

2014年8月2日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】妻・慶子を貸し出してしまった(2)【熟女】

 社長の脇田は、昼間の公園に行き、公園を散策している人達に観えそうで観えないところでセックスを行うのが好きであった。
 慶子は、公園で全裸にされると恥ずかしさと観られたらどうしょうかと思う気持ちで興奮してしまっていた。股間から愛液を垂らしながら歩かされたこともあった。
 誰かが来ると前ボタンのワンピースを着せてくれたがその瞬間は、ドギマギしてしまう。
 少し小高くなっている丘に屋根つきの展望台がある。ここでバックから挿入される。ヌレヌレの膣には、極太のペニスでもすんなりと納まってしまう。
 下に主婦の3人連れが来る。脇田は、声を挙げさそうとピストンを速めるがここで変な声を挙げると覗かれてしまう。
 必死で声が出ないように口を押えていた。3人が観えなくなるとそのダガが外れたように絶叫して果ててしまった。
 股間からは精液がポタポタと落ちてくる。バックもティシュも車の中にある。歩道に精液を落としながら車に戻ってきた。
 その3日後に同じ場所に連れて行かれた。
「お願い、公園は嫌よ」
「嫌、嫌と言いながら愛液を流しているのは誰なのだろうか」
 そして、車から降りるとワンピースを取られた。
 内心はドキドキしながら歩いていく。そのドキドキ感が肉体を燃え上がらせる。
「誰か来る」
 ワンピースを返してくれ、急いで着て何食わない顔をしてすれ違う。
 小高い展望台でバックから犯され、精液を中出しされる。そのまま社長は、ワンピースを持って歩いて行ってしまった。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年7月28日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】バドミントン部で. . .【熟女】

俺は中学でバドミントン部に入った。
あまり知らない奴ばかりだったので気まずそうに黙っていた。
後ろから肩を叩かれた。
振り向くと、男子とは思えない程綺麗な子がちょこんと座っていた。
俺は相手が男なのに萌えてしまった。
次の日、その可愛い男子を自宅へ誘った。
両親とも、仕事に出かけていて、遊び放題だった。
しばらくはゲームをして遊んでいたが、飽きて、可愛い男子(以下よりK太郎)を意識していた。
K太郎は、喉が乾いたと言って、冷蔵庫を勝手にあさりだした。
K太郎は、冷蔵庫の水をガブ飲みし、「外で遊ぼうよ!」と、可愛らしい顔で振り向いた。
そしてK太郎は短パンでももぐらいまでしか無いのを履いていた。
俺は、「いきなり外で運動するのは危ない」と言ってK太郎に準備運動をするように言った。
K太郎は寝ころび、美脚がヤバいほど見えてる。
俺は迷わずK太郎の服を全て脱がした。
そしてK太郎にちんぽをくわえてもらい、激しく動きながら、K太郎の口に白い液体を吐き出した. . . . . .

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月23日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】陽子のおもいで 第20章 あなたのモノになる・・・【セフレ】

夏休みが済んで、通常の勤務に戻ると、ぼくには東京への短期出張が待っていた。2泊3日の出張である。
そのことを昼食にザーメンをチンポから直飲みしている陽子に話すと、3日も合えないのはいやだと駄々をこねた。
「寂しすぎる・・・そんなの、いや!・・・じゃあ、わたしは休みにして、いっしょに東京について行く。」
「大丈夫かな?会社のほうは?」
「大丈夫よ、それに東京に行ったらしたいことも有ったし・・・」
「それなら、陽子の好きにしなよ。いっしょに東京に行くか!」
「やったー、うれしい!」
それから2日が経って東京への出張の日、新大阪の新幹線改札口で午前9時に陽子と待ち合わせをして、東京に向かった。
車中ではまるで新婚さんの旅行のようにベタベタと引っ付いてくる陽子だった。
そんな陽子に尋ねてみた。
「東京に行ったらしたかった事って何なの?」
「それはね~・・・あなたが私のそばに居ないときでも寂しがらなくても済んで、しかも、完璧にあなたのものになるための処置ョ・・・」
「なに・・・それ・・、今でも充分ぼくの陽子だと思ってるけど・・・ぼくは・・・」
「だって、どんなに頑張っても、24時間いっしょに居られる訳じゃないでしょ、あなたのチンポが欲しいときにあなたが居ないと陽子の性欲を満たすことが出来ないでしょ・・・そんな淫乱で貪欲な陽子の身体を少しでも寂しさから紛らわせてあなたのチンポが私の中に居てくれているような快感で満たされているように感じられて、24時間あなたの女でいられるための処置をしてもらうのよ。」
・・・と言いながら、陽子は一冊の本を紙袋から出して見せた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年7月22日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】陽子のおもいで  第17章 肉欲だけの夏休み Part6【セフレ】

風呂を出た陽子には直ぐ下着を着けさせて陰毛に施したデザインがばれないようにして二階へ上がった。
出来上がるまではお手洗いもダメと言い含めた。
陽子の部屋に入ってバスローブを脱ぎ捨てた僕はベッドに腰を掛けている陽子に近づき、何も言わずにパンティの上から残した陰毛の辺りを触ってみた。
まだ湿り気があり過ぎるようだ。しかし次の準備を進めた。
陽子の座る位置は今いるところで良い、ただ、カットした毛を落とすシートが無い。
「陽子レジャーシートの様なもの無いかい?」
「レジャーシートねえ・・・ある・・・思い出した・・・このチェストの一番上の引き出しに・・・ほ〜ら、あった。はいどうぞ・・・」
とシートを手渡そうとしたが「ありがとう。そのシート今、陽子が座っていた辺りで良いから、広げてくれる?ベッドの上は狭い目で、ベッドの下に垂らして下は広めにしておいてくれる」
「は〜い、コレで良いですか?」
「一度さっきみたいにそのシートの上で座ってみてくれる」
「こんな感じだったかな?」
「う〜んあっ・・・良いですね。じゃあ始めますか!?」
「陽子スッゴイ興奮してきたよ・・・こんな気分になるのは久しぶりだよ・・・」かなり期待度が上がっているようだ。
「じゃあそこにゆっくり寝そべって楽にしててくれるかな」
「上向きで良いのよねえ」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年7月19日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ