エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【友達】昔の女友達からの電話【セフレ】

45歳の男性です。
つい最近のことですが、25年も前にほんとに一時期付き合っていた
(といっても御茶飲んだり、どこかに出かける程度のデートをするくらいで
キスもしたことがない程度のおつきあい)女性から突然電話をもらいました
あまりも突然で、なおかつ自宅の電話にかかってきたものですから、
結婚して名前も変わっており、誰かもわわからずに電話をとりました
「B子です。」それでもわからず
私「すみません、思い当たる御名前が思い浮かばないのですが・・・」
B「忘れたんですか、ひどい人ね旧姓〇〇B子です」
私「あ、お久し振りです。また、いったいどうしたの?」
B 「大事なことをお聞きしたくって、一度、お逢いしたんです」
私「へ~、それはいいけど、二十数年ぶりじゃないですか」
B「25年ぶりです。いろいろ気になることもあって、はっきりお訊きたいのです」
私「いいけど」
ということで、一度久しぶりに遭うことになりました

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||

2014年11月19日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】失踪【セフレ】

<>416 :えっちな21禁さん :04/04/21 20:42 ID:1my7cryD <>
俺と彼女は小学校の頃からの幼馴染だった。
いや、それ以上の、何て言うか、兄妹みたいな感じだった。お互いの家族も生まれた時から顔見知り。
高校を出る頃には既成事実ではないけど、『貴志君と恵理が結婚するのが楽しみだわ…』なんて、
彼女の母親がのたまうほど、親密な関係だった。…って言っても、Hは無し。キスはしてたけど。
初めてHしたのは大学二年の冬。一緒にスキーへ言った時。二人だけで行きたかったのに、
両家族まで付いて来て。ちょっとした家族旅行だった。俺も彼女も一人っ子で、親馬鹿なんだろうか…。
三部屋予約取って、俺は恵理と一緒の部屋だから、と宣言すると、俺と彼女の母親に冷やかされた。
今となっては、何と言うか…いい思い出。で、彼らの期待に応えて?初めて結ばれた。正確には、
三泊四日の旅行の、三泊目の夜なんだけど。一日目、二日目は全然入らなくて、彼女もすごく
痛がってて…血は出なかったけど、初めてだった。俺はそう信じてる。それに、その頃の彼女は、
俺に嘘をつける程、器用な女じゃなかったから。

<>417 :えっちな21禁さん :04/04/21 20:53 ID:1my7cryD <>
俺と彼女は別々の大学で、俺は三流大学の経済学部、彼女は中堅所で仏文学を専攻していた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年10月27日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】従妹アキ、従姉紀子との・・・【身内】

<>50:えっちな18禁さん:2007/10/08(月)05:03:41ID:rVfm0PuL0<>
オレが中学生のときに
従姉と変な関係になったことはあった。
従妹とも変な関係になった。

期待させてしまうのもあれなので
先に書いておくと最後までやる事はなかった。
けど、書いてもいいか?
ダメならやめておく。

<>52:50:2007/10/08(月)14:34:27ID:rVfm0PuL0<>
おkネタっぽい話だが全部実話だ。つまらんかったら言ってくれ。

従姉妹の家にはオレは出入り自由で
よく泊まりに行っていた。鍵の隠し場所も教えてもらってたし。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月20日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【友達】契約社員ナナ【セフレ】

ナナは30代の独身契約社員。
総務課会計係だ。
見た目は、学級委員長のような「お堅く、まじめ」な風貌。
黒縁メガネがそれをさらに引き立たせている。
うちの会社には制服はない。
それぞれが、「常識的な範疇」で自由に服装をチョイスしている。
ナナはほぼ毎日、濃紺スカートに黒いハイソックス、白いブラウスだ。
最初はナナの事など歯牙にもかけていなかったが、偶然にもスカートの中からのぞく、
ナナのパンティを目撃してから彼女の虜になってしまった。
ほぼ毎日、ナナをオナニーのオカズしている。
ナナに似たAV女優のDVDを見ては、「ナナ!ナナ!」と言いながら、肉棒を激しく
上下させている。
しかし、どうにもこればかりでは我慢ができなくなり、ナナにアプローチのつもりで
声をかけてもみた。
ナナは、俺の事など眼中にもないらしく、軽くいなされてしまった。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年5月18日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【出会い系】この俺が女を抱く時がきたww 【ヤリマン】

1:(‘∀`)2013/05/2221:36:10.82
とりあえずスペック
160前半
顔 中の上
大学生

100人切りしたけど?とか200人切りしたけど?みたいなスレを
見てると、何やってんだ俺って思んだ・・・。
ガキみたいで悪いけど、本気でやってみたいと思う。

2:(‘∀`)2013/05/2221:39:18.80
とりあえずもてるために茶髪にして、シークレットシューズは買った。
そこで、昨日今日とナンパに繰り出したら数時間立ちっぱなしで終わった・・・。

3:(‘∀`)2013/05/2221:47:49.33

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2014年5月12日 | エロ体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【近親相姦】吐きそうになった体験(5)【身内】

吐きそうになった経験(5)何回かKMからの催促の電話があったが,Rからは「熟成中」の返事しか返ってこない日々が続いた.数ヶ月が経って,Rからの連絡があり,KMに電話をした.直接ではなく,用件を伝えると,KMは待ちわびたのか「おうおう」電話の向こうから弾んだ声が聞こえた.
 数日後,KMと赤茶けた滑走路に降り立ったのは夕方になっていた. またも痩せぎすの狐顔の男と小柄な13-4歳の頬骨の少し張った少女をつれていた.少女はKMに甘えるような目で,連れられていた.手配した車で一緒にいくと,街中から少し外れた郊外の大きな屋敷に到着した.屋敷は4方数メートルの高い壁に囲まれ,入り口には警備員がいた.中に入っていくと 屋敷の中には芝生と花が植えられ,パラソルと木陰を作る木々があり,小さなプールもあった.Rはくだけた服装だが高価そうなシャツをで,笑いながら迎えてくれた.隣には2人の黒髪の美少女,後ろには大柄な男がいた.Rの笑いの中は,鋭い眼光もあり,小心な私には威圧感すら感じた.到着の夜は,宴会が始まった.しばらくの歓談,酒盛りと続き,やや薄暗くなった会場の中心に白いシーツがかけられた円形の舞台が持ち込まれた.舞台にはR氏の隣にいた黒髪の美少女,その美少女に顔立ちの似てやや年長とと思える男の子,そしてその美少女に顔立た10歳前後と思える年少の少女がいた.
R氏は3人は兄妹だといって,笑みを湛えながら周囲を見渡してから,開始の合図をした.すると2人の姉妹が兄の左右に跪き,姉が兄に甘えるようにキスをはじめ妹は兄の腹部を小さい手で撫でながら,足にキスをはじめた.私は,これから始まることを想像し,深く酒に酔いながらも,吐きそうな予感がした.
しかし,自分の下腹部が鉄のように硬くなっているのも感じた.兄の足を良く見ると,赤い点のようなあとがあった.直径1センチにも満たない小さな赤い点だった.さらによく見るとその赤い点は,黒い点もあり,1箇所ではなく,美少年の身体の10数箇所かについていた.私はR氏にその点はなにか?と聞くと「XXさん.牛を飼っているとき 牛が言うことを聞かないと殺しますか?誰も殺しません.タイでは家族をとても大切にします.2人の姉妹が言うことを聞かないときは兄が罰を受けます.兄も商品です.外に見える罰はありません.小さい穴で竹の串で罰を受けます.2人が素直なら家族が幸せになります.」とだけ言って笑いながら,手に持った箸をぐるぐる回す仕草を示した. めまいがした.2人の姉妹が言うことを聞かなければ,2人の目の前で兄が想像を絶する拷問を受ける.これは.究極の調教方法だが,あまりにも酷い方法.

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年4月12日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【童貞】CA「どなたか!!どなたか童貞のかたはいらっしゃいますか!!?」【処女】

<>1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/06/27(木)22:47:35.18ID:M1mILpZr0<>

老人(68)「なんだ!?急に!」

若い男(24)「童貞だぁ!?居るわけないだろ!!21世紀だぞ!?」

CA「お、お願いします!機内に童貞の方がいらっしゃいましたら、手を挙げてください!!」

子供(12)「あと4ヶ月早かったらなぁ…」

若い男(24)「そもそも童貞なんて1000人に一人いるかいないかだろ!?」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年3月19日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談

【会社】OLをすべて思いのままに【職場】

僕は、とある企業の警備員をしております。
仕事柄どんな場所にも出入り可能です。前々から目をつけていた20代半ばのOLがおります。
スタイルに顔立ちにいつも股間がモズムズします。
ある日女子更衣室に盗撮カメラをしかけました。もちろんそのOLのロッカーが映るようにです。
カメラは天井裏にしかけました。充電式で数十時間は連続撮影可能です。(前職が電気関係でしたので設置は簡単でした)
はじめは着替えの様子を楽しみオナニーに明け暮れていました。もちろん着替えの際に伝線ストなどをごみ箱へ捨てた際には
頂いて履いたり、嗅いだり、巻きつけたりで相当数抜きました。
やはりだんだんエスカレートしてきてしまい次はロッカー内への悪戯となりました。
私服スカート裏に射精したり、歯ブラシで亀頭をこすったり、化粧品容器内に持ち込み精子を入れたり変態を丸出しです。
着替えシーンはパンストの脱ぎ履きからたまにアフター5様にパンティの脱ぎ履きも映ることもあり誰が見て必ず抜ける
程です。彼氏がいることは前からわかっていましたが、僕自身の抜きの対象者には変わりありません。
ひょんなことでロッカー内にバックを置いていた時がありなななんと鍵や免許証などありましたから即合鍵を作成し、又
住所も控えました。
事前に部屋を調べるとオートロックなしの単身者向けアパートでした。運よく入口も結構死角があり侵入にはもってこいです。
相当事前からレイプ計画です。彼氏が部屋に入り込むのか、何時くらいに帰宅するのかなど詳細に調べ上げました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年3月8日 | エロ体験談カテゴリー:会社・職場での体験談

【人妻】人妻に捧げた僕の童貞 VOL.2【熟女】

しばらく、書き込みが出来ませんでした。
すみません。もう20年以上も前のことで、なかなか思い出せないんですが、覚えている限りのことを書き込んで見ます。
その後、僕と人妻Mさんの密会が始まりました。
僕は、毎日のように彼女に会いたくて仕方が無かったのですが、彼女はバイト先にいつもいるわけではありません。当時、まだ携帯電話は今のように普及していませんでした。ただし、同じシフト表を持っていた僕は、彼女の出勤日にわざとバイト先に顔を出して、彼女の上がる時間を見計らって一緒に帰るふりをして会っていたんです。
彼女は、自宅の家事等の制約がありましたが、よく公衆電話で「ごめん。今日は、少し遅くなるの。」って、旦那に話していました。
彼女の仕事が終わってから、近くの喫茶店でお茶を飲んだ後近くの埋立地にある公園を歩くことが多かったです。その埋立地には、新しい美術館が建っていました。その頃埋立地には、あまり多くの人がいませんでした。
夏の日だったと思います。彼女と歩きながら、人気の無い美術館の壁沿いに寄り掛かって話していました。前回初めて彼女とキスをした時のように、彼女は自分のヒップを僕の股間に擦り付けるように体を重ねてきました。やはり前回と同様に首の後に腕を回し、指先で僕の髪を掻き揚げるように挑発してきます。僕は、彼女の肩に置いていた両手を下へ動かし、彼女の乳房を服の上から揉みました。
「はぁ〜。」あの時と同じ、彼女の熱い吐息が漏れてきます。
彼女の乳房は、決して大きくはありません。だけど、細身の体の割には弾力のある十分に揉み甲斐のある乳房でした。「○○君。いいんだよ、もっと強く揉んで…。」彼女は虚ろな目を僕に向け、艶っぽい唇を少し尖らせて呟きます。
「大丈夫?痛くないの?」
「大丈夫だよ。痛くない。お願い、もっと強く…。」そう言って、彼女は僕の両手を上から強く押し付けました。
僕は彼女に言われるがまま、強く彼女の乳房を揉みました。
「はぁ〜。いやん。感じちゃう…。」彼女は、体を捩って自分の髪を掻き揚げます。
僕の目の前に、彼女の白く細いうなじが露わになります。彼女の香水と薄い体臭が、僕の鼻先に漂います。
僕は、自然に彼女のうなじに口を這わせました。香水を付けた部分だったんでしょう。舌先に軽い苦味を感じました。(香水って、苦いんだ…。)この時初めて知りました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年2月27日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】無防備な妻【熟女】

私の妻は看護婦をしており、家事や子育てもしっかりとこなす、ごく普通の女性です。
ただ、妻は恐ろしく程無防備なのです。私は今は少し、その無防備な姿を楽しんでいるのですが・・・。
それまでの体験を今から告白します。
私がその無防備さに気が付いたのは、今年の6月20日のある出来事からです。私は元々胸チラとか
が好きで、よくデパートとか行ったら子供を世話している無防備な人妻に近づいては胸チラやパンチラを
拝んでました。しかしまさか自分の妻が自分みたいな変態達に覗かれ痴漢されているとは、それまで
思ってもいませんでした。
あれは6月20日の日曜日、その日はとても暑かったので自分は妻と子供と3人で大きな公園に遊びに
行きました。しばらく遊んだ後、子供が池の方で遊びたいと言って、妻と子供は池の方に行き、自分は
すこしブラブラしながら、子供と遊んでいる他のお母さん達の胸元を見たりと楽しんでおりました。
しばらくして池のほうに行き妻達を探していると、あまり人はいないのに、ある一角だけに人だかりが
出来ていたのでそこへ行きました。

男が15人くらいと子供が何人かいて、その中心の方を見ると妻と子供がいました。
私が妻の方に近づこうとした時、その姿を見て驚き立ち止まりました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月26日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 812345...最後 »

このページの先頭へ