エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【近親相姦】兄に【身内】

<>397名前:りほ投稿日:03/03/0319:16ID:hBJ+h+Uv<>

私には2歳違いの兄がいます。兄はとても頭が良くて、某国立大学の法学部に在籍しています。
ルックスもジャニーズ系でかなりの女顔だけど、さっぱりとした気さくな性格なので、女性にも
結構モテるんです。
普通だったら、そんな兄がいることを誇りに思うんでしょうが、わたしは兄貴が自分と同じ家で
暮らしているということがイヤでイヤでたまりません。
けれど昔は兄のことがホントに大好きでたまりませんでした。
だから、いっつも兄貴の側をピタッとくっついて離れませんでした。
そんな私が兄貴を嫌うようになったのは中学2年のときです。

<>398名前:りほ投稿日:03/03/0319:16ID:hBJ+h+Uv<>

その頃、私たち兄妹はホントに仲が良くて、なにをするにも一緒でした。
へんかもしれませんがお風呂も一緒に入っていました。今から思うとそれがいけなかったのかも

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2014年4月23日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【人妻】続 農家の嫁として エピソードⅡ(温泉編)【熟女】

 夏の時期、珍しく家族で温泉旅行に行ってきた。旅行といっても一泊だけで隣の県の賑わいのない
淋しい温泉だ。嫁も日頃の疲れを癒す為、乗り気で此処へやって来た。いつものようなラフな格好で
はなく ノースリーブのシャツにスカートを履いて下着ももちろん付けている。子供と嫁、俺の三人
部屋でおやじとおふくろ、叔父とお爺で寝る事にした。俺達は、家族風呂を予約していて久しぶりに
子供と嫁と寛げると思い到着したPM5:00ごろ 直ぐに風呂に向かった。家族風呂には、PM5:30~
PM6:30まで○○様と書かれていたので安心して入った。しかし中が賑やかだ。少し変に思ったが
着替えも置いてなかったので3人で裸になり入った。すると55歳位の男達がいるではないか。
嫁 『きゃっ』と胸を隠す。俺は、子供を抱いていたのでオソコは、丸見えだ。
中年A 『こりゃ~すまない 長湯しすぎた。』と頭を下げるが、視線は、嫁のデカパイに驚いた
のか、嫁の胸を凝視している。
俺 『着替えが見当たらないようですが、どうしました。』
中年B 『いやいや 男三人でお客がいなかったから 岩の上においてあるんですよ いや~失敬』
嫁は、デカパイを片手で隠しているが、隠しきれず大体の形は、露になっている。
中年C 『すぐ上がりますんで 奥さんすみません』
嫁 脱衣所に隠れながら 『私は、大丈夫ですから、みなさんゆっくりして下さい。』と言い出した。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年4月20日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】姉さん女房を寝取らせて7【寝取り】

嫁の瞳と後輩のアキラとの関係は、一気に様変わりしていた。
嫁が、もうアキラと会わないと言って別れ話をしに行き、結局別れられずに帰ってきて以来、開き直ったようにアキラとの関係を隠さなくなった。

家にいる時も、俺の目の前でも、1時間おきくらいにアキラから来るメールを嬉しそうに見るし、返信はしないはずが嬉しそうに返信もしている。

俺がセックスをしようと迫っても、アキラとした後じゃないとさせてくれないそうだ、、、

そして、金曜日は恒例のようにアキラが家に来てセックスをするようになっていた。
息子は、すぐ近くの実家に泊まりに行っているのだが、そのまま土曜日は祖父と祖母と遊園地に行ったり動物園に行ったり楽しく過ごしているようだ。息子も両親も、双方楽しみにしていて問題ないのだが、さすがに不信感をもたれていないか心配になってきてもいる。

そんな事を嫁に相談すると、
「だったら、あんたがユウと遊べばいいじゃん?私はアキラとやってるからさw」
嫁はいつもの感じで、そんな風にからかってきた。ただ、それが本気に聞こえてしまうのも事実だ。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年4月18日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】麻美子の告白【セフレ】

麻美子です。
メール有難うございます。
さて私にとって恥ずかしくもあり又興奮した体験をお話します。
24才の社内旅行は山形に行く事になり混浴風呂があると聞いていました。
他の女子社員は入りませんが 私は入るつもりでいたので、
深夜2時頃1人で混浴風呂に行きました。
さすがに誰もいませんでした。
しばらく1人でゆったり混浴風呂に入っていましたが、
私が気づかないうちに会社の男子社員3人が入ってきて
私の前に現われたので慌ててタオルを取ろうとしましたが
開放的になっていたためタオルを置いた場所から離れた所にいて
男達にタオルを取り上げられてしまいました。
私は体を隠すこともできず3人の男達に 湯船の中で取り囲まれてしまいました。
何もされませんでしたが私がお風呂から上がるのを待っているみたい なので、
諦めて両手で隠しながらお風呂から出ました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年4月17日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【出会い系】セックスが印象に残った体験話す 【ヤリマン】

<>484:307:2005/07/16(土)22:14:38ID:Ei7qx4wP0<>
漏れは個人事業主。
といっても、商店とかじゃなく、純粋に一人で企業相手にする仕事。
月400時間働く時期もあれば、平日暇だらけということもある。
で、5〜6年前から、仕事がない日や時間に、
2ショットチャットをやるようになった。

仕事柄ダイレクトマーケティングには少し経験がある。
その線に沿って、チャットの内容はスグ設計できた。
チャットをはじめると、これが面白いように釣れる。
一度に二人とチャットしながら、両方釣れることもあった。

今までチャットで会ってヤッタ女性は40人以上。
全員会ったその日にセクースした。
半分以上は、自分がチャットで会うなんて思わなかった、という女性だった。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年4月16日 | エロ体験談カテゴリー:出会い系での体験談

【近親相姦】脱衣所で23歳の妹と…【身内】

先日の週末の事、日付が変わる頃に風呂に入ろうと脱衣所兼洗面所のドアを開けたところ、ちょうど下着姿になった今年23歳になった妹…樹里が居た。
「おっ!わりーわりー」と慌てて出て行こうとしたところ「お兄ちゃんもお風呂?」と聞いてくるので「ああ…」と答えると「私時間掛るから、お兄ちゃん先に入っていいよ」と言いながら脱いだばかりの服を再び着始めた。
「そ、そうか…悪いなぁ…なんだったら久しぶりに一緒に入るか?(笑)」と冗談で言ったつもりが「えっ!?いいの?」と…
何か冗談だよと言えずに「あ、ああ…樹里が良ければな…」と言うと「じゃあ入ろっかなぁ~♪」と着始めた服を脱ぎ始めた。
俺は思ってもいない展開に戸惑いながら妹に背を向けたまま服を脱ぎ浴室へサッサと入ってしまった。
シャワーノズルを手に取り蛇口を捻ってお湯を出すと、湯加減を見て熱くないのを確認したところで妹がドアを開けて入ってきた。
「わぁ~い♪お兄ちゃんとお風呂だぁ~♪」と無邪気に子供の様な言い方をして入ってきた。
シャワーの湯加減を確認させて熱くないと分かると俺は妹の身体にシャワーを浴びせた。
次に自分も浴びると身体を洗うスポンジを手に取り、ボディーソープをつけると、よ~く泡立てて「樹里、背中洗ってやるよ」と言って妹の背中を洗い始めた。
「いつもお兄ちゃんが先に洗ってくれてたよねぇ」と、子供の頃の事を言いだし良く覚えていない俺は「そうだったか?」と聞くと「そうだよ~私を先に洗って湯船に浸からせてる間にお兄ちゃんが身体と頭を洗って、終わると交替で私が頭を洗うのをお兄ちゃんが手伝ってくれてたじゃん!」と説明されている間に思い出し、そんな話の間に妹の背中なんかあっという間に洗い終わってしまっていたので、ついでに全身を洗ってやる事にした。
背中から両腕、両足を洗い終わる頃妹の説明も終わり思い出した俺は妹の右側に立つと「そう言えばそうだったなぁ~あの頃はこんな膨らみも無ければ毛も生えてなかったよなぁ~(笑)」と微笑混じりにオッパイと股間をスポンジで洗った。
すると「当たり前じゃ~ん小学校の中学年くらいだよ~オッパイどころか毛なんか生えてる訳ないじゃん(笑)」と俺にオッパイや股間を洗われても無邪気に話すので調子に乗った俺はスポンジから泡を両手いっぱいに取り妹の後ろへ回ると「それがこんなに大きく育ってぇ~♪どのくらいあるんだ?」と言いながらオッパイを手の平で包み込むように洗うと言うより揉み始めた。
その時には俺のチンポは既にスカイツリー状態(笑)それを妹の腰にわざと押し付ける様にして妹の返答を聞くと「え~多分82cm位でカップはDだよ…って言うかっ!お兄ちゃん何興奮してんのよっ!(笑)」と勃起チンポが腰に押し付けられている事に突っ込みを入れてきた。
「いや~樹里のオッパイが余りにも良かったから…つい…(苦笑)」そう言いながら俺はオッパイを揉む手を休めずにいると「何が『つい…』よ~(笑)ハイッ!今度は私が洗う番ねっ♪」そう言って俺の手を振り解くと落ちているスポンジを拾い上げボディーソープを足すと泡立てて「背中からねぇ~」と俺に背中を向ける様に言って来た。
言われるまま妹に背中を洗ってもらっていると当然のことながらそのまま両腕、両足と俺が洗ってやった様に洗い、最後は正面に膝立ちになると、そびえ立つチンポを手で洗い始めた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年4月16日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【近親相姦】母は家庭教師【身内】

高校受験を真剣に考えるようになって、頭の良かった母は、家庭教師代わりに
僕に個人指導。
わからないところを訊ねると、後ろに立って丁寧に教えてくれる。
柔らかいおっぱいが背中に当たっても、彼女は平気な顔。
当たり前といえば当たり前だけど、おかげで僕は勉強になんか集中できなかっ
た。
隣に座りながら勉強を教えてもらい、わからないところを鉛筆で指していく
と、ぐいっと身を乗り出してきて、参考書の文字を目で追っていく。
開いた胸元から、ブラジャーがわずかに見えて、それが見たくて何度も、参考
書に線を引いた。
落とした消しゴムを探す振りをして、スカートの中をのぞいていたら、しっか
りとばれて、頭をコツンとやられる。
「減るもんじゃないんだから、見たっていいじゃん!」
唇を尖らせたら、その唇を思いっきりつねられた。
さすがに外では気がひけるらしく、そんな姿は見たこともないけれど、家の中

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年4月15日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【友達】幼馴染「いいよ、オカズに使っても」【セフレ】

<>1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2010/06/20(日)20:40:48.35ID:GNa8Tjty0<>
男「幼馴染っ…幼馴染っ…幼馴染っ…」

隣の家から私の名前を何度も求めるように呼ぶ声が聞こえた。
初めのうちは男くん大きな寝言だと思ってしらんぷりをしていたけれど、
気になって気になって仕方がなかったのでつい外をみてしまった。
カーテンどころか窓も閉めてない部屋には、必死におちんちんをしごいている男くんがいた。

幼馴染「はあ、なにやってるんだか…」

男くんが私をオカズにしていることに特に嫌悪感はなかった。
むしろ隣とはいえ私の部屋まで聞こえてくる男くんの喘ぎ声の大きさに焦りを感じた。
大声で注意してやろうかと考えているうちに、次第に男くんの手の動きが早くなってきた。
ここでおあずけさせてしまうのは可哀想かと思い、そのまま続けさせてあげた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年4月15日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】妻と大学生【熟女】

私は長野県で酒屋&コンビニをやっているたけちゃんと申します。
昔から細々と父がやっていた酒屋をコンビニにして妻と二人でやっています。
今は父も無くなり二人でコンビニを深夜はやらずに営んでおります。
私は46歳、妻は45歳、子供はおりません。私の友人からもお客さんからも、妻は高島礼子にそっくりだと言われています。男性のお客さんが「好きな人いないなら、付き合って下さい」と真剣に誘って来る人も多いと聞いています。
妻は貞淑というか堅物というか、お世辞よ と相手にしません。妻の病気の関係で子供はできなくなりましたが、夫婦仲良くやっております。
夕方から週3~4日入ってもらっている大学生のK君は静岡出身で、弓道をやっている為か非常に均整のとれた体型で好青年であったため、普段から妻ともいい子だと話し合っておりました。
いっしょに仕事をしていた時、K君の視線が妻のお尻や胸によく行くことがあったのですが、それでも若いからこんなおばさんにでも目が行っちゃうのかなと思っておりました。
その後、妻が実家の母に会いに行った時にKくんを誘い、仕事の後家で二人で食事をしていた時のことです。
二人で少し酔っぱらった時のこと、室内に干していた妻の下着にK君が何度も目をやっておりました。
私は「おい、K君!あんなおばさんのブラに興味があるのかい!」とからかい半分で言ったところ、K君はうつむいて黙り込んでしまいました。もしやと思い、色々聞き出すと、K君は本当に妻に興味があるようでした。色々聞き出すと軽く酔っているせいか色々と話し出したのです。
大きな胸の谷間を見たときから、仕事中はついつい妻に目が行ってしまうこと。
家では妻の妄想でオナニーもしているとのこと。
いつもの好青年のイメージが崩れ落ちそうな瞬間でした。
また、これまでにない興奮をしてもおりました。
私の下半身はその時勃起していたのです。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年4月14日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【童貞】熟熟【処女】

28:名無しさん@ピンキー:2007/03/21(水)08:40:14ID:???0
46才の泰恵おばさんに童貞を捧げた20才のヘタレ4流大学生とはオイラのことだ。
後期の試験も終わり2月16日から春休みでスーパーのバイトを2月26日からスタートする。
研修期間の先生として泰恵おばさんがオイラの担当だった。丸10日ほとんど一緒に行動、
一通り指導してくれなんとか主な仕事は1人でも出来るようになった。その間休憩も一緒で
いろいろ話した。研修最終日に泰恵おばさんはお茶に誘ってくれた。翌日は二人とも休みだったからだと思う。
免許はあるが車がないオイラは自転車で待ち合わせのパチ屋さんに行くと泰恵おばさんは既に軽自動車で待っていた。
白の軽ワゴンに乗ってビックリした。いつもGパン姿しか見てなかった泰恵おばさんがスカートをはいてたし、
白のブラウスにライトグリーンのカーディガンが清楚にみえた。いままで仕事場では全く意識をしなかったけど、
乳が無いこともこの時に初めて判明した。細い白い脚は勃起ものだったし、46才のおばさんでもなかなかいいな〜と、
思った瞬間だった。でもタバコ臭くてすっぱい匂いの口臭は相変わらずで、これは研修中に既に慣れてしまった匂いなので
あんまり気にならなくなってた。しばらく走って隣の市のコメダに入った。1時間少しは話したか、
おもに仕事の話だったが、泰恵おばさんは愚痴を目一杯吐いてた。上司や同僚などの悪口だ。
結構面白い話だったので興味深く聞いてしまった。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年4月13日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談

このページの先頭へ