エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【友達】温泉で幼稚園の先生とバッタリ【セフレ】

私は8月に入ると、嫁さんと子供を嫁の実家に送って数泊し、
その帰りに温泉に立ち寄って(私だけ>当然嫁公認)帰るのが恒例になっていた。
数年前のこと。
その年は不景気で仕事が(自営)暇だったので、いつもより遠回りだが
良い露天風呂のある温泉地に行くことにした。運良く宿も取れた。
私は、数種類ある露天風呂から一番離れたところにある「混浴」を迷わず選んだ。
そこは脱衣場は別々だが後は全くのオープン、多少岩陰があるが高台なので見晴らしは最高である。
湯は鉄分を含んでいるのであかい(所謂金泉、入浴剤じゃない>笑)
私は独身時代からよく各地の露天風呂を回っていたが、混浴があるときは必ず混浴に入った。
別にエッチなことを期待したわけではない(いや少しはあるが・・)
そこのひととの裸の付き合いや、反応を人間ウォッチングするのが 楽しいからである。
夕暮れ時、食事前に行くと、先客は老夫婦一組、40代位の男性4人 、
5〜60代のおばさん3人だった。
私(30代前半)が入ってゆくと(湯浴み着などはつけない)
男性のがっかりした反応と、おばさんの刺すような視線が注がれた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年7月24日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】オープンな妹と…【身内】

去年の夏の出来事、俺23歳の会社員で8月の最初の土曜日だったと思う…
その日は休みだったが緊急連絡が入り急遽出勤する事となった。
お客さんの所でトラブルが発生した為、その処理に向かった。
幸いにも症状が軽かった為、午前中には処理が出来、昼前には帰宅出来た。
それでも真夏の日差しで汗だくになった俺は、帰宅するや直ぐにシャワーを浴びる為、浴室へと向かった。
脱衣所兼洗面所の扉を開けると、6歳下の妹、明奈が居た。
明奈は身体にバスタオルを巻き付けた格好で、濡れた髪をもう一枚のタオルで拭いていたところだった。
どうやら起きたばかりでシャワーを浴びて出て来た所だった。
そんな妹から「あれっ、お兄ちゃん仕事だったの?」と聞かれ、急遽呼び出された事を説明した。
そして汗だくなのでシャワーを浴びるからと言う事も言って俺は妹の目の前(一応背中を向けていた)で全裸になり浴室へ入った。
俺達家族の説明をすると、親父は北海道に新しく支社を設立する為の責任者として3年前から別居していて、母親は夏…と言うか梅雨入り前になると梅雨の無い北海道へ本州が涼しくなるまでの間、親父の世話をすると言う都合の良い言い訳で約4ヶ月間…6月半ばから9月末頃まで家を留守にする。
その間は俺と妹の二人暮らしとなる。
当然その間の妹の保護者は俺になるので、妹が何かやらかしたり学校からの呼び出しには俺が行く事になる。
だが、この生活が始まってからも一度も妹の学校へ行ったり保護者的な何かをした事は無かった。
ま、それだけ良く出来た妹って訳だが…

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2014年7月24日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【近親相姦】義理の妹の旦那が盗撮マニア【身内】

俺の妻の妹、つまり義理の妹の旦那が盗撮マニアだった。

気付いたのは今年の正月。

嫁さんの実家に帰省したんだが、夜、若い親族連中だけで集まって、

近所の義妹の家で飲むことになった。

実家より新しいし、リビングが広くて居心地が良いからな。

なんせ実家の方は、年寄り連中が集まってたし。

で、そのの飲み会が盛り上がって朝方4時すぎまで飲んでた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年7月24日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【友達】僕子【セフレ】

「僕子」と呼ぼう。
高校の同級生に、ボーイッシュな女の子がいた。
華奢だけれどパワフル、一人称は「わたし」だが少し乱暴な言葉使い、下ネタにも顔色一つ変えない。
胸も小さく校内ではいつもジャージ姿で、スカートをはいている所をホトンド見たことがなかった。
中型バイクを乗り回し、平気で雑魚寝・野宿をするような子だ。
けれど嫌味な感じはなく、自然に女を意識させないそんな感じ。
工業高校で周りが男ばかりというのもあったのかもしれないが、仲の良い男友達のウチの一人という扱いだった。

そんな僕子だが、俺は意外な一面を見たことがある。
渡り廊下ですれ違った僕子と、冗談を交わしていた時だ
グラッ
そんな音が聴こえるような揺れだった、俺も一瞬びくっとするほどの地震。

「ヒャッ」
黄色と桃色を足したような、甘い声だった。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2014年7月23日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】俺と従姉妹と友達と【身内】

大学2年の夏休み、帰省せずにバイトしていた。
当時の俺は京王線沿いのワンルームに一人暮らし。
ある日、母から電話があり
「○ちゃん(従妹 当時中3)が友達と一緒に5日間ほど東京に遊びに行くって言うんだけど、
二人面倒みてあげてよ」と。
俺「5日もかよ!ガキンチョの相手なんかめんどくせーよ」
母「そう言わずに、ちょっとお金送っとくから」
当初は本当にお守なんか面倒だった。

当日、新宿駅まで迎えに行く。
人ごみの中、○○を探していると
「☆兄!」

日焼けしたショートカットの垢抜けないが可愛い少女…、○○だった。
○○と会うのは二年半ぶり。最後に合ったのは○○がまだ小学生のときだった。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月23日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【人妻】L-Movie【熟女】

それは昨年10月の事だった。
数年前から 痔の調子が悪く 思い切って手術する事にした。
ドキドキしながらの入院 。しかしながら私の住んでいる町の病院は使わず
少し離れた市内の肛門科へ・・・
そこなら 安心して手術できるからだ。そして 2週間程 家族と別れ入院する事に。
結婚後10年。一球入魂 1発1発 計画通りに子供も出来て 幸せな暮らしの日々、
欲を言えば 妻がエッチ嫌いな事だけ。
男性経験はと言うと 私と結婚するまでに 3人程 お付き合いしたそうだ。
本当か 嘘かどうか判らないが、今まで イッタ事が無いそうだ。
そして 更に信じられないが、オナニーもした事が無いと言う。
本当に、本当なのか?!
私達のセックスライフは、週2回程。
男の私は、もちろんエッチ好き、しかし妻はというと、月に2日程で良いらしい。(絶頂「イク!」のが・・・) フェラも苦手で 殆どしてくれない妻。
入院の前夜 しばしの別れに セックスは・・・もちろん・・・!
そして入院、翌日手術。相部屋の人達程とは比べ物にならない程 傷の治りも早く、

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年7月22日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【近親相姦】妹・裕子【身内】

俺には3歳下の裕子と言う妹が居る。共働きの両親との4人家族だ。
物心付いた頃から母親も働きだした為、俺たち兄妹は互いに助け合いながら、仲良く暮らして来た。それは今でも変わらない。もっぱら食事の支度は妹の方が美味いので、俺は洗濯と掃除を代わりにやっている。
小さい頃から裕子は俺の事を「お兄ちゃん、お兄ちゃん」と、何時も後を付いて来て、好いてくれていたので、中学になるまで一緒に風呂も入り、たまに一緒の布団で寝たりもしていた。
そんな仲の良い関係であったが、妹が中学に進級した頃から、自然と風呂にも入らなくなり、一緒に寝る事も無くなっていった…様に、思わせる感じで俺から妹を避けていた。
だからと言って仲が悪くなったわけではなく、やはりたとえ妹とはいえ、年頃の女の子とはそれなりの距離をとったほうが良いとも思ったし、それぞれの生活時間が違い始めたのも正直あったためである。
そんな感じになっていた俺たちが一つに結ばれたのは今から6年前の夏の事だった。
あの日の事は昨日の様に今でも鮮明に覚えている。
当時、俺は20歳の大学生、裕子は17歳の高校2年生の夏休みの時、行動派な俺達にしては珍しく二人とも何処へ行く事も無く、俺はAM10時ころやっと起きた。
遅い朝食、兼、早い昼食を摂ると、もう正午近くになっていた。
段々気温が上がり、窓を全開にしていても風の通りが悪く、だからと言って何もしないで昼間から冷房ガンガンで過ごす程、老けてもいないので、だったら水遊び代わりに庭の芝生に水でも撒いて涼しくなろうかと、水を撒き始めた。
自慢じゃないが我が家の庭は結構な広さがある。
6畳ほどのウッドデッキを一段下がった向こう側に、20畳ほどの芝生が広がる庭がある。
そもそも、この家の建つ場所が小高い山の中腹辺りで、十数年前から開発が始まった新興住宅地で、この辺一帯の土地はほぼ同じ広さ、同じ条件の段々畑状態になっていて、当時では格安物件だったそうだ。
一区画の広さは約50坪。段々畑状の土地は隣の二階部分が我が家の一階部分になる為、隣との仕切りの高さは2メートル程あり、簡単には覗けないようになっている。
そして幸運なのか、我が家が今のところ一番高い所の住宅になり、反対側…山側の土地には未だ家は建っていない。だから隣から覗かれる心配も無い。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年7月21日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【人妻】暴走していた妻 1【熟女】

暴走していた妻 (リメイク版)
今日、妻麻奈美は会社の中間決算の打ち上げだと飲んで帰ってきました。かなり、酔っていてシャワーも浴びずに寝てしまいました。麻奈美の携帯にメールが入ったので何の気なしに見てみると
「今日は、お疲れ様。さっきの見る」というメッセージと添付画像がありました。
宴会で撮ったものと思い自分の知らない麻奈美の様子を見てみたいと思ってファイルを開くと下着姿でマイクを持って歌ってる麻奈美が映っていました。
麻奈美は、アルコールが好きな割にあまり強くなく、しかも、酔うと少しスケベになるのは家で飲んだときの様子で分かっていましたが、まさか、会社の人達の前で下着姿になるとは驚きました。
もしやと思い今度は麻奈美のケータイの画像を開いていくと、スナックと思われる2次会か、3次会の様子か最初は会社の男たちと思われる7〜8人の姿の画像が続きました。どうやら、女は麻奈美だけのようでした。そのうち麻奈美が酔ってる姿が続きだしました。
そのうち、会社とは違うグループの老人達と頬を寄せ笑っている麻奈美。
あろうことかその老人達と次々とキスしてる麻奈美と続き。なんと、おじいちゃんの股間に顔を埋めているものがありました。おじいちゃんのズボンは足首まで降ろされ、白髪雑じりの陰毛が出ていましたので、咥えていることは明確でしたが、私は「ふざけて振りだけしているんだ。」と自分に言い聞かせました。
しかし、次の画像の麻奈美は、しっかりとチンチンを咥え、カメラに向かってVサインしていました。私は殴られたように呆然となり、次々と画像を見ていきました。麻奈美は、場所とポーズを換え次々とチンチンを咥えたようです。
麻奈美が咥えた肉棒は、最低でも12本はありました。店にいた男たち全員かも知れません。
その後は、ボックス席でスーツに始まり、ブラウス、スカート、と1枚、1枚と脱いでいった様子が続き、ブラジャーをとり自分の両手でおっぱいを持ち上げてる麻奈美、そしてノーパンでパンスト姿でカラオケの小さなステージに上がった麻奈美。後ろを向いてパンストに手をかけてる麻奈美、膝まで降ろし白い尻を向けた麻奈美と続き、とうとう全裸となってこっちを向いた麻奈美が笑っていました。
しかし、画像はまだあり、開いていくとメールで届いたのと同じようなポーズで歌う麻奈美が続きました。そのうち持っていたマイクを股間にあて喘ぐような麻奈美が映り、しゃがみ込んで右手でマンコを広げ左手でVサインの麻奈美があらわれました。
そして、画面いっぱいのおまんことなり、次の画像は、麻奈美の前に立った二人の男の汚いケツで終ってました。
あれは、間違いなく目の前に二本のおチンチンを突き出されているでしょうし、きっと、しゃぶってると思います。そして、口に出されてその後は・・・・。
全裸で自分でマンコを広げた女におチンチンをしゃぶらせた男たちが、それで済ますでしょうか。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年7月21日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【近親相姦】変わってる妹…【身内】

妹は変な癖?と言うか、とにかく変なところがある。
それは風呂に入る時明りを消して真っ暗な中で湯に浸かると言う変な事をするのである。
だからたまに入っているのに気付かず裸になって普通に浴室に入ろうとしてドアを開けると湯船に浸かっている妹と目が合う時が有る。
その時はマジびびったっけ…
そんな妹は今年22歳の学生だ。
背は160cm位、やや細身だが胸は大きく見えるし尻もイイ形をしている様に見えてた…
性格はおっとりとしているようで実は大胆なところもあったりと、まあ普段は普通に明るい性格だ。
別に暗闇で入浴するのは勝手だが、こっちが知らずに入ろうとした時、浴室の明かりを点けた時点で「今入ってる」とか何とか言って欲しいものだが、大抵妹の後に入浴するのは俺だから、決まって俺が加害者?被害者って言った方が正しいかも…になる。
逆に妹は自分の後に入るのは俺だからと分かって確信犯的にやっているのではないかと疑ってしまのである…
そして先日の週末の事である…週末は何時も遅い時間…日付が変わる頃に入浴しているので、その日もそろそろ日付が変わろうとする時間に浴室へ向かった。
当然の如く俺は入っているとは思っていなく、脱衣場の明かりを点け服を脱ぎ裸になると、浴室の明かりを点けてドアを開ける…
すると湯船には首までしっかり浸かっている妹が「やっほ~♪」と湯から少し手を出して軽く左右に振っていた。
「うわっ!」と、俺は慌ててムスコを隠しドアを閉め「何がやっほーだよ!」とドア越しに妹に怒鳴った。
「お前はまた…明かりが点いたら何とか言えよ!」とドア越しに怒鳴ったが「え~別にいいじゃん…お兄ちゃん入りたければ入って来なよ」と言ってくるではないか…
「そ、そんな事できる訳無いだろ!」と言い返すと「何でぇ~恥ずかしいから?大丈夫だよ~散々見てるから今更恥ずかしく無いよ♪」と…

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年7月20日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【人妻】覗いた女湯の脱衣場【熟女】

暑い夏の日だった。伊勢神宮から二見浦の夫婦岩の絶景を見て紀勢本線で西に向かい、那智の滝を見て勝浦温泉に宿をとる。酷暑の汗を流しに二人で浴室に向かう。妻は女湯ののれんをくぐって中に入った。まだ陽も高い午後四時だったので風呂には誰もいなかった。そんな脱衣場で男の出来心が騒ぎ立てた。忍び足で女湯に足を踏み入れてのれんをほんの少し捲ってみると、妻は全部脱ぎ終わって、真っ裸で衣装かごに向かっている後ろ姿だった。六十一歳とは思えない色香の漂う女の裸だった。 やがてその姿は女湯に消えていく。一人湯につかりながら今夜は妻を抱きしめ、妻が乱れる姿態を妄想して昂ぶっていた。
風呂から上がって夕食についた浴衣姿の妻が本当に艶濃く、あの腰紐をゆるめると白い柔肌が浮かび上がるのだと思うとたまらない。酒を飲みながらちらちらと胸元を盗みする。そんな色目使いは以心伝心、妻にも伝わったいたと思うし、妻も旅の今宵は求めてくれるものと期待していたと思う。それが夫婦なのだ。
布団に横たわってテレビに目を向けながら、そっと浴衣の裾を捲る。白い太腿が顕わになる。期待していたかのように妻はジッとしていた。愛されることを意識しているのだろう。男の手は女の柔肌を擦りついに女の園に忍び込んでいく。妻はやや足を開いてジッとして夫の愛撫に浸っていた。
テレビのチャンネルを切り替えた。映し出された映像は濃厚なセックスシーンだった。若い頃の当時は、ホテルで目にすることなど想像もできなかったセックス映像だ。妻もビックリしている。妻は目をつぶっていたが、その呻く声だけは耳に達していて次第に女の性欲に溺れて腰を捩っていた。久しぶりに妻のそこは濡れ濡れだった。そこは簡単に男の硬いものを飲み込み絞り込んでくれた。突いて行く。妻は首を左右に振りながら喘いでいた。
六十一歳、それはまだまだセックスのできる女の体だった。

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年7月20日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ