エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【近親相姦】義姉とスリルを求めて【身内】

俺36歳 嫁K34歳 結婚11年 子供無し
義姉ゆか35歳 旦那36歳 子供3人俺とゆかは俺が19歳ぐらいの時から顔見知りで、嫁と知り合って付き合うようになって姉がゆかであると知って驚いた。ゆかは身長150半ばで巨乳Fカップ(知り合った頃はもっとデカかったと思う)ややポチャ(デブではない)嫁は身長160後半胸はCカップ 痩せ型顔は姉妹とも純日本人だがハーフ系の顔立ちでキレイだ。ゆかと初めて関係を持ったのはゆかの長男Hが1歳になった頃、嫁の実家(ゆかの実家でもある)で俺、ゆか、Hのが3人だけで過ごす機会があった時、タンクトップにハーフパンツ姿のゆかの胸チラを覗いてるのがバレて、気まずくなるかと思いきや、顔を赤らめはにかみながら、ホレホレ~とかいいながらわざと胸元を見せ付けて来た。ゆかはふざけているつもりだったろうけど俺は我慢できずタンクトップの胸元に手を突っ込み、どれどれ?!とブラの上から巨乳を揉んだ。最初はゆかも軽く抵抗したがブラをずらし生乳首をいじったりしているうちに抵抗しなくなった。リビングではさすがにまずいので2階の部屋に移動しお互い裸になり体をまさぐり合った。乳首を舐められながらのパイズリはイキそうなくらいヤバかった。ゴムは無かったのでお互い気にせず生で正常位挿入、ゆかは奥をグリグリやられるのが好きらしく潮をふきながらいった。騎乗位、バックとそれぞれの体位で1回ずついかせ最後はまた正常位で突きまくって俺がイキそうと伝えるとゆかは俺にキツく抱きつきディープキス、更に腰をクネクネ動かしたきてたまらずそのままゆかの子宮の奥に中出し。ゆかも体をピクピクさせてエロい顔でイッていた。さすがにその日は誰か帰って来るとまずいので普通に過ごしたがその日から嫁とゆかの旦那の隙を見てはヤバい事をしまくっている。嫁の実家でが多いが隠れてキスはもちろん、みんなでテレビを観ながらコタツの中で手マン手コキ、夜中にトイレでフェラ、声を押し殺して立ちバックでセックス、など。ちなみに初めて関係を持ってから2人目の子供ができるまでほとんど中出しだったので2人目の子供は俺の子だ。ちなみに3人目の子供はゆか曰わくはっきりとは断定は出来ないけど多分旦那の子らしい。今では俺もゆかもバレそうなスリリングな環境でのセックスじゃないと快感を得られなくなっていて、俺の嫁やゆかの旦那の寝ている同じ部屋での中出しセックスにハマっている。いつかバレそうだし、ゆかの4人目の子供が出来そうだがこの快感は止められそうにない。 

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2017年12月27日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【近親相姦】義姉さん【身内】

家で一緒に呑んでいた義姉が、酔い潰れて座卓にうつ伏せで寝てしまった。義姉を抱きかかえて、畳に並べた座布団に寝かせる。
抱いた時の、義姉の豊満なオッパイの感触が とてもいい感じだった。
座布団に仰向けに寝かせても、まだ俺に掴まっていた義姉を抱いて
ふざけ半分でシャツの上からオッパイを撫でると、撥ね退けもせず
俺の手を、自分のオッパイに軽く押し付けているだけだった。 
そのままオッパイを揉んで義姉を抱き寄せると義姉も抱き返してきた。 義姉のズボンのベルトを緩めたら、耳元で『 ダメ …危ない』
義姉にゴムを見せ、目の前で着けると『 ア~ア…悪い人』義姉を抱き締め、花びらを撫で・・・かき分けて、そ~ッと指を挿し込む。
指先が膣に入り込むと、ウッ …義姉が息を止めて堪えている。 
膣から撫で上げ、指がクリトリスに触れると、 ピク ッ と反応する。
そっと触れ、撫でたり押さえたり、時には軽く摘まんだりしていると
堪え切れなくなった義姉が脚をすぼめ『もうダメ』と抱きついてきた。濡れ濡れの花びらを開いて、ムスコを押し当てて、ゆっくり突く・・・ 
ジワ ジワーっと、義姉の中に入り込んでいく感触が何とも言えない。
いちばん深い所まで差し込んで「義姉さん」と、しがみ付いたら
義姉も『圭さん』と、俺を抱きしめて、下から腰を押し上げてきた。俺が突き始めると、義姉も腰を突き上げてくる。 
激しく突くと義姉の動きも早くなり、オッパイが大きく揺れて

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||

2017年12月26日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【寝取られ】良妻賢母で難攻不落の妻【寝取り】

私より四歳下の妻は、四十四才。飛び切りの美人とちまたでは言われていますが、
私としては顔立ちは、端正なほうだと思っています。
元々細身な体型も、年齢相応に崩れてはいますが、やや薄く、
肉のつき掛かった腰回りなどは、見ようによって、
それはそれで魅力的と言えなくもありません。
ネットで知り会った岡本氏に言わせれば、
人工的な美魔女の美しさより、熟女は、腐り掛けに限るそうです。
岡本氏とは、非通知の電話を十数度、動画像の交換を含めたメールでの遣り取りは、
すでに、百通信を越えていました。
身元が確かで、同年代のセックスに熟達した巨根男性、
造園業を営む岡本氏は、私の出した条件にぴったりだったのです。
寝取られに関しては、構想十五年、説得四年半、難攻不落の妻を前に、
万策の尽きたと諦め掛けた頃、生返事ながら、思い掛けなく、
一度だけを条件に、了解を得ることができたのです。
妻の心境の変化について、思い当たることが一つあります。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月23日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】痴女と出会って人生終わりかけた話する【セフレ】

数年前の話なんだがそんときは俺は大学1年生だった。
高校の頃はモテたわけじゃなかったが環境に比較的恵まれていたらしく彼女がいなかった時期がなかったような高校生活だった。
大学にあがりその当時付き合っていた彼女と会う時間が減りってしまいムラムラする日々が続いていた。
んでまあ会う時間が減ったのが原因だろうが彼女が浮気した。結構な期間付き合っていた彼女だったのだが即効別れた。
まあマンネリだったし愛情も薄れてたしね。だけどそっからどんどんムラムラが加速していった。

そんな自家発電生活を繰り返していた時にその当時全盛期だったmixi()から一通のメッセージが来た。
「暇だからかまってー」みたいな感じの。
コミュニティなどに積極的に所属していたわけじゃなかったので知らない異性からのメッセージなんて来ること皆無だった。大いに警戒した。
どうせ業者かなんかだろうと彼女のホーム画面に飛んでみるとぱっと見普通の女の子っぽい。
なんだ?これはなんなんだ?新手の詐欺か美人局か?と思ったがそこは年頃の男の子、即効メッセージを返した。
んでなんだかんだ話すと地元も近く趣味もあったので距離がすぐに縮まった。アドレスも交換して今度地元で飲もうという話になり浮足立っている俺がいた。
でもプリクラとかはもらったがそれが詐欺並みのプリクラで超絶不細工がきたら・・・とか
ホントに美人局で彼氏を名乗るDQNがきたら・・・とか色々不安になったがそこは年頃のry
当日ルンルンでおしゃれして待ち合わせ場所に行ったらそこにいたのは

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年11月26日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】義姉と【身内】

結婚して7年、31になります。義姉は、まだ独身の27です。
今年の正月、例年のように実家に集まりました。
ある時、昼間なのですが、義父、嫁が酔いつぶれ、子供らは昼寝、酒に強い
義姉と私だけが起きています。
で、姉さんが、酒のアテを買出しに行こうと誘ってきたので、車で出かけました。
その途中、国道171号線にラブホがあるのですが、そこに差しかかると
ホロ酔い加減の姉さんが小さな声で「入ってみようか」と言うのです。
「エッ」と聞き返すと「なんでもない」と言いましたが、すでに右手が
ウィンカーを出してました。であっというまに駐車場に。
車を降りると、「私よくわかんな〜い」と言いながら、しなだれかかってきました。
そう言いながらも「墓の中まで持っていけるんか?」と古臭い言い方で聞くと
「うん」と正気で返事をしました。
姉さんは、顔が小島奈津子アナにクリソツで、小柄ですが、形のイイバストは、
Eカップとのことでした。
姉さんが「誰か起きたら怪しまれるから、1時間ぐらいにしよう」と言ったので

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年8月12日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【近親相姦】義理姉と姪【身内】

26:1[sage]:2009/10/19(月)18:57:360
スレ違いだが、報告者が来るまでの暇つぶし程度に。

兄とは結構年が離れていて、俺が18の頃には兄は結婚をしていて11歳になる姪がいた。
揉め事も無く仲良く姪っ子を可愛がっていたつもりだった。
兄嫁は、それが気に入らなかったのか、小学校高学年の娘と18の高校生が遊ぶのに危機感を覚えたのか、トンでもない事をやらかした。

ある休みの日に外から帰ると、家族が神妙な面持ちで居間に揃っていた。
何かあったのかと思うと、姉が物凄い形相で所謂ロリ系雑誌やDVDをばら撒いて罵詈雑言の嵐。
「弟君の部屋を掃除していたら見つけた。怪しいと思っていたけど、こんな物を見ている人と娘を一緒に遊ばせるなんて出来ない」
正直、俺も人並みに女性に興味はあったわけだから、自分の部屋のPCの中にはエロ画像が幾らかあるのは否定できないが、ロリ系の画像やDVD、ましてや雑誌なんて身に覚えがない。
幾ら説明しても
「変態、基地外、犯罪者」
の一点張りで、取り付く島も無い。
兄や両親に助けを求めようとしても兄嫁を信じているのか、こちらの言い分には一切聞く耳を持たなかった。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2014年8月8日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【近親相姦】ナイス・ボディーの義姉【身内】

お世辞にも美人とは言えない義姉は23歳で結婚、26歳で離婚以来、一人でパートをしながら育てたという。その娘も高校を卒業するや、一人暮らしをしながら会社勤めをしており、義姉は一人1ルームマンションで暮らしている。義姉の最初の印象は、世の男性から見ると失礼だが声をかけて彼女になってもらい、デートする気持にはなりにくい。しかし私の強烈な印象は、大きな胸と言っても丸く思わず触りたくなる、脱がせてみたい、そんな感じと、ローライズジーンズがよく似合い、ぴたりと身体の線を表すその線はお尻の割れ目に食い込みとても肉感的であった。そんな義姉と思いがけず肌を交えることになったのだ。妻が友人と5泊の旅行に行くことになり、妻の方から料理一つ出来ない私に、その間義姉の所に泊まり、食事や洗濯をお願いしてあるからとのこと。最初その話を聞いた時、一番に思ったのが義姉のナイス・ボディーだった。お酒が好きと聞いていたので行く途中ウイスキーとおつまみを買って義姉の住むマンションへ。行くとさすがにきれいししてあった。久しぶりに見る義姉はやはりローライズ・ジーンズにTシャツ姿だった。胸の膨らみと丸いお尻をなんとか隠れるようなジーンズ。しゃがんだり、腰を突き出す格好をするとお尻のワレメの上がマジに見られた。3点セットの椅子に座り、持って行ったウイスキーを机に置くと「まあおいしそうね。早速楽しく飲みましょうか」と。持って行ったおつまみ以外に義姉さんは冷蔵庫からチーズとハムを出して来た。いろんな話をした。妻と違ってあっけらかんとした性格の義姉はズバズバとものを云う。「康之(私の名前)さん、子供はまだ出来ないの?ちゃんとすることはしているの?若いんだから毎日だって出来るでしょう?恵子(妻の名)を喜ばせてあげてくれている?」と突っ込んだ会話になって来た。私はそれには答えず「それより義姉さんこそ、未だ若いんだから誰か、好きな人はいないの?」と切り返すと「だといいんだけど。料理、洗濯などは女性だから困らないんだけどやっぱりそばに男性がいないと寂しいわ」と本音を漏らした。「そりゃあそうだよ。早くだれかいい人を見つけて、子供を産んで下さいよ」と言うと、「でも出会いって、難しいのね。もう離婚して4年になるのよ。その間彼氏なしでしょう?この熟れた身体を持て余しているのよ。康之さん、可哀そうだと思ったらここにいる間だけでも私の相手をしてくれない?」ととんでもないことを言い出した。「義姉さん、酔っぱらったんじゃあないの?私は貴女の妹の旦那ですよ。妻がそんなことを知ったらどう思いますか?」と言うと「真面目なんですねえ。そんなこというわけないじゃあないの?まあシャワーでも浴びてくるわ」と赤く染まった頬を手で抑えながらバスへと消えた。その間横にでもなっていようと仰向けに転がって目を閉じた。少し私も酔った感じでした。ドアが閉まる音に目をあけると義姉は裸にバスタオルを巻いただけの格好でリビングに入って来た。半分は大きな胸が見えている。肉感的な太ももが堪らなかった。じっと見ていると義姉はぱらりとバスタオルを取り、私の目の前には全裸の義姉さんが。身体の中心部には黒々とした陰毛がその卑猥さを助長させていた。義姉さんの意図を悟った私は
急いでシャツを脱ぎ、ズボン、トランクを脱ぎ、全裸になった。正直の私の身体は反応しており、ペニスはすでにピンピンに勃起して上下に動いていた。少しの時間義姉さんと目を合わせていたが、義姉は私の立っている前にしゃがみ片手を私のいきり立ったペニスを握るやパクリと口に咥えた。と同時に頭を前後に動かせた。舌はせわしなく私のペニスの先っぽを舐めている。妻とセックスしたのは3日前だからもう随分と溜まっていた私は
ほどなく我慢できなくなり、何度も射精した。義姉はそれを一滴もこぼすことなくごくりと喉の奥に流し込んだ。それでも決してペニスを口から離さず吸ったり、舐めたりしている。すぐに勃起したのを口で感じた義姉はペニスを口から離すと、リビングの床によつんばいなり、卑猥な格好で私にお尻を突き出した。股間からは陰毛がのぞき、縦の割れ目が見え隠れしている。ずぶりと挿入した私は休むことなく腰を叩きつけるようにピストンを開始した。パンパンと義姉のお尻と私の下半身が卑猥な音をたてている。私がもう射精まじかであるのを感じアt義姉は「いいの。中出しして、妊娠はしない。ピルをのんだから・・」えっこんなことになるのは予想していたのかと思うや、義姉の身体の奥に何度も何度も射精した。終わって2人は全裸のままリビオングで抱き合いしばらくの間そのままでいた。そんな行為が4日間停まっている間、毎夜続いた。本当に男と女としてセックス三昧の日々だった。自宅に帰った私は、妻が帰って来た日は抱こうとは決して思わなかった。精液のすべてを
抜かれた感じだったから。

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年8月7日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【人妻】夫婦の営み【熟女】

夫婦の営み 
by さと美の夫
私36歳、妻38歳です
妻は痩せ型で、胸は大きいほうでは有りませんが、髪が長く素顔でも我ながら自慢できる女です。
そういっても結婚した頃に比べると、子供が出来てから成長するにつれて夫婦の営みは減っていました。
私の親が老け込んでしまって二世帯住宅での同居などが重なり、ますます夫婦の営みは減っていました。
 ロープやおもちゃ等、妻が喜びそうな(実は私が喜んでいるんですが)買ってきては試していたり、二人で夜に外出したときはカーセックスをしてみたり、色々工夫していたんですが長続きせず、そのうちにそれらの道具は、押入れの中に眠っていました。
 そんなある日、私の仲の良い歳の離れた弟が転勤になって帰ってくることになってしまい、親と同居しているこの家に居候することになってしまったんです。
最初、妻は私の両親の前では露骨に嫌だとは言いませんでしたが、夜二人きりのときは、狭い家に一人加わるのは抵抗があるようなことを言っていました。
 一、二ヶ月で家を探すということでしたので妻もしぶしぶ納得せざるを得なくなり、同居人が一人増えることになりました。
弟は28歳で、独身。おとなしい性格で、やさしい性格で、私とも大変仲がよく、小さいときから自転車に乗って一生懸命私の後をついて遊んでいました。
以前は可愛い女の子と長く付き合っていたのを覚えています。
しかし独身貴族ということもあり、仕事で転勤が多く、遠距離恋愛の末に別れてから、そういう話も聞かなくなっていました。
 
いざ引越しが決まってから、弟の部屋をどこにするか家族会議でした。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月2日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【近親相姦】兄嫁【身内】

兄嫁は25歳。僕からみても美人で綺麗で抜群のプロポーションが魅力的だ。結婚後5年経つが子供がいない。僕は兄の所に嫁いで来た時から、憧れていた存在だった。それが今年の夏に兄貴が出張中に 義姉の下着を拝借しオナニーをしていた所を義姉から見付かってしまった。次の日の夜 義姉が僕の部屋に入って来て どうしてあんな事したのって悩ましい声で訪ねて来た 。義姉が好きだからというと義姉が突然、僕のペニスを触りだしこうして欲しいんでしょと言うなりペニスをズボンから取りだし扱き始め やがて口に含んで舐め回した 僕はあまりの気持ちよさに口の中に射精してしまった その後はベットに入りセックスをしてしまいました。この兄嫁に童貞を捧げて以来、深い関係になってしまった。今は、一週間に2回は学校に行く前に二人で秘密のセックスをする。僕は兄嫁にセックスのイロハを教えてもらい、兄嫁は兄貴との交わりも殆ど無いらしく、僕に夢中でセックスの色々な体位や極意の技などを試み楽しんでいるようだ。どうも、兄嫁は不妊の体質らしくいつも生での中出しでやっている。僕も兄嫁の言い成りになってしまった。それほど、兄嫁とのセックスは最高だ。いつも、キッス、69、騎上位、後背位、座位、そして正常位でしっかりと抱き合い、キッスしながら、兄嫁の中にたっぷりと射精する。抱き合ったまま、深く、深くザーメンを注ぐ。終った後は二人は一緒にシャワーを浴びながら、もう一回、兄嫁をバスタブに手をつかせて、バックで挿入して奥深く射精する。
それから、学校に行く。兄嫁は仕事に夢中で自分をかまってくれない兄が悪いのだと、言いながら今では僕とのセックスに生き甲斐を感じ僕の子を生みたいといっているようだ。いつまでこの関係が続くのか、この快楽から僕は当分逃げることは出来ないだろう。

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年7月30日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【近親相姦】DQN返し【身内】

・義実家へ行くと、コウトがやたらと娘と風呂に入りたがる
(  ) 

の後日談

26:1[sage]:2009/10/19(月)18:57:360
スレ違いだが、報告者が来るまでの暇つぶし程度に。

兄とは結構年が離れていて、俺が18の頃には兄は結婚をしていて11歳になる姪がいた。
揉め事も無く仲良く姪っ子を可愛がっていたつもりだった。
兄嫁は、それが気に入らなかったのか、小学校高学年の娘と18の高校生が遊ぶのに危機感を覚えたのか、トンでもない事をやらかした。

ある休みの日に外から帰ると、家族が神妙な面持ちで居間に揃っていた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2014年7月29日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ