エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【友達】学生時代【セフレ】

<>933:えっちな18禁さん:2007/01/06(土)19:00:46ID:7heipAMG0<>
大学時代、おれと年上の女との話。文才ねえし、つまんねえだろうからテキトーにシカトしてくれ。

とりあえず導入。タケシ先輩は俺と高校、大学が同じ1コ上の先輩。高校では同じサッカー部で、大学でも先輩に誘われてテキトーにやっているサッカーサークルに入っていた。タケシ先輩は面倒見がよく、俺とも気が合ったのでかなりの頻度で先輩と遊んでいた。
彩はタケシ先輩の彼女で俺と同い年の女子大生。面は柴咲コウに似てるかな。タケシ先輩がバイト先で知り合ったらしい。タケシ先輩と俺が仲良かったので彩をまじえて3人で遊ぶことも多く、俺とも普通に会話する仲だった。
いつものようにタケシ先輩のアパートで3人でだべっているある日の話。俺とタケシ先輩がウイニングイレブンに飽きてきたとき、急に彩が俺に言った。

彩「○○クン、彼女いるの?」
俺「いないよ。」
彩「タケシさんと同じサークルでしょ。女の子も結構いるんじゃない?」
俺「いるけど。かわいい子は彼氏いたりするからなあ。」
当時、俺は女の子と付き合うよりは自分の趣味に時間を使いたいという思いのほうが強かった。
彩「ふーん。○○クン一見コワモテだけど、優しいし、結構イイと思うけどな。あ、そうだ、誰か女の子紹介してあげようか?」
俺「いや、いいよ。なんか紹介されてってのも恥ずかしいしなあ…。」
今だったら喜んで紹介してって感じだけど、そのときはマジでどうでもよかった。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2015年1月2日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【童貞】紅蜘蛛口コミ 【処女】

私が紅蜘蛛を服用するきっかけは、セックスレスになったことでした。今までのないようにセックスに興味がなく、とても困ってるようなものでインターネットで調べると、紅蜘蛛という媚薬を見つけました。

最初、媚薬を飲むことに抵抗もあったのですが、無色無味についての説明を受け、安心して服用をはじめました。セックスレスの表現とは、セックスする時、ストレスとなり体の筋肉が硬直し、そのことによりセックスが怖くなって、ぜんぜん欲しくないというものです。

紅蜘蛛を服用するようになって、服用している間は嘘のように性欲を向上しました。薬も飲みやすく、繰り返しでしたが薬が効いている間は性欲不足から解放され憂鬱な気分からも開放されました。

最初は一日1回服用していましたが、服用の回数も徐々に減ってきて、服用から半年経ったころには、週に1回だけでOKです。うまくセックスができました。単に性欲不足を改善することだけなのですが、そのことによって落ち込んだ気分から開放され、再び幸せなな夫婦関係が改善できてよかったです。

エロ体験談検索用タグ

||

2014年12月28日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談

【友達】帰宅途中2【セフレ】

普通に転倒フラグ立ちまくり。
「とりあえずしっかり掴まっててね」
「はい」そうして俺のお腹に手を回してきた。俺は荷台に掴まっててねという意味で言ったわけで、少しドキッとしながらも自転車を走らせる。
しかし首に吐息がダイレクトに当たり、体が凄い近いのがなんとなく伝わってくる。
そして足に響くのか、道路のちょっとした段差で回している手に力が入る。同時に体も密着され、半ば抱きつかれているような状態。
もちろん胸が背中にあたり、おっぱいの柔らかさがダイレクトに伝わってくる。息子が反応しそうになるが、寺の修行僧のように煩悩を振り払う。
なんとか半状態に抑えながら小学校につく。
しかしいざ着いてフェンスから校舎を見ると保健室に明かりはついていない。しかも門も閉まってる。
いくら夏でまだ少し明るいとは言え、もう7時半を過ぎている。
職員室に少し明かりがあるくらいで、どうやら保健室の先生は帰ったようだった。
「もう保健室の先生帰っちゃったみたい。とりあえず×公園(これもすぐ近い)で傷口洗っちゃおうか」
「はい・・・なんかすみません」と申し訳なさそうにいう。
「いやそんな気にしないで」むしろこっちが感謝したいわけで。
残念ながら公園には1分もしないうちに着いてしまった。
水飲み場は何故か雑木林の奥の方にポツンとあるのだが、そこまで行くには50mくらい砂利道かそのまま土の上を行かなければならない。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||

2014年12月15日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】巨乳ストリッパーのリカ【セフレ】

めんどいから名前つけとく。
リカ:俺がヤッちゃった彼女。ストリッパーで巨乳。
コースケ:リカの彼氏で俺の友達。バンドでボーカルやってた。 
ルイ:リカの先輩。本職のダンサー。
シン:俺。

コースケは仙台からメンバー連れて出て来てて、以前バイトが一緒。
俺がアパレルで働いてたこともあって、衣装改造したりライブの手伝いで
雑用とかローディーみたいな事とかもしてた。

ルイはコースケの事務所の紹介で、デカいハコでやるのに
ダンサーを入れようって話になり、その時に知り合った。
その流れでコースケがクリスマスにライブした時にリカを連れて来たらしい。

リカはもともと外人ばっか来るようなクラブで踊ってたみたい。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年12月7日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】恥ずかしがりの嫁と俺の親友のマッサージ5 【寝取り】

大学時代からの付き合いの、嫁の景子。付き合い始めてから数えると、もうすぐ10年経つ。
凄く美人なのに、男っ気のない学生時代を過ごしてきた景子は、俺と付き合い始めた時、奇跡的に処女だった。

そして結婚してからは、二人で楽しくエッチな日々を送っていた。

それが、ちょっとした好奇心から、景子に俺の親友の浩介にエッチなイタズラをさせた。

そしてそれは、どんどんエスカレートしていき、二人は身体を重ねてしまった。

俺の目の前で、正常位で愛し合い、同時にイッた二人。
とうとうここまでさせてしまったという後悔と、嫉妬、怒り、敗北感、色々な感情が俺を包むが、それ以上に信じられないほどの興奮が俺を包む。

すると、二人の視線が絡み合う。そして、浩介が唇を近づける。
『ダ、ダメ……』

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年12月3日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】隣の隣の女子大生 【セフレ】

東京都に住む26歳社会人です。昨年から一人暮らしをしており、ちょっと前のおいしい体験談を書こうと思います。

昨年の夏、転勤になり東京で一人暮らしをすることになりました。初めの日曜日、小さなマンションで同じ階には3部屋しかなくご挨拶に伺いました。
私は角部屋で、隣はOLの斎藤さん。見た目は30過ぎの素朴なお姉さんって感じです。でもTシャツの胸の部分はきっちりと突き出ていてなかなかスタイルでした。
『こんにちは。隣に引っ越してきたものです。ご挨拶に伺いました。』
「ありがとうねぇ。こんなもの律儀に持ってくる人なんて少ないわよ。関西の方?」
『はい。大阪から転勤で来ました。』
「大阪!いいなぁ〜行きたいなぁ〜」
などと見た目とは違いかなりお喋りで面倒だったので、挨拶と軽い会話を済ませてそそくさと退散。
隣の隣は高瀬さん。不在でしたので、また翌日に持って行くことに。
翌日の日曜日、午前中に済ませてしまおうと持って行くとこれまた普通の女の子。彼女は人見知りのようで特に会話もなく、手土産だけ渡して終わりました。よく言えば山本美月さんのような綺麗な顔立ちをしていました。まぁもう少しおぼこい感じですけどね。

大家さんと会った時に、挨拶だけ済ませた旨を伝えるとどうやら高瀬さんは大学生で一人暮らしをしているそうです。まぁそれがどうしたって感じだったんですけどね。

朝はいつも7時半ごろ家を出るのですが、お二人とも何度か同じエレベーターに乗るだけで、相変わらず斎藤さんはよく喋るし、高瀬さんは挨拶しても会釈だけという日が続きました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年11月24日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】少女愛美1【セフレ】

デッキのスイッチをいれた。
〜愛美13才①〜
何かに怯えたように画面に映っている少女。
制服をきている、髪の長いすらっとした素晴らしく美人な少女だ。
女優の栗山千明のような雰囲気である。
『準備いいで!はじめろや』
カメラを映している男(A)の声。
カメラが引いていく。
調度品などは何もないがらんとした部屋に大きな白いマットがひいてあった。
画面に二人の男(B)と(C)が現れ、少女に襲い掛かった。
『いやあーー!いやあーー』必死に抵抗する少女。
でっぷりした毛深い男(B)が暴れる少女に
『おとなしくせんかい!ガキ!』と平手打ちをする
『あっ!』マットに倒れ込む少女。制服のスカートがめくれて白い下着が見えた。
『いや…助けて!家に帰して……』

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年11月22日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【レズ】露出のS(8) 【ビアン】

昨日の夜からK子さんのあの不思議な微笑みが頭から離れない。

晩御飯が終わってからの数時間をとても長く感じる。まだ22時。ちょっと早いかなぁ、と思いながら、今夜のジョギングの服装を考える。
露出は高めがいいのか低めがいいのか。

結局ブラタンクトップにスパッツに短めのスカートに落ち着いた。

まだいつもの時間より30分くらい早い。

「…お風呂に入ろう。」

さすがに無関心の兄も廊下で私の姿を見ると「ジョギング行く前に風呂入るのか?」
「寒くなってきたからね。」と意味不明の返し。ふぅんと、納得したのかしてないのか不審そうな目を私に向ける。

シャワーを頭から浴びながら考える。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年11月8日 | エロ体験談カテゴリー:レズの体験談

【友達】ホームステー【セフレ】

今年の夏休みを利用してオーストラリアの小学生を1週間預かる事になった。
ウェルカムパーティーの後、我が家では12歳の女の子を二人預かる事になっ
た。家に戻り片言の日本語と英語で会話を楽しみながらその日はお風呂に入っ
て眠る事にした。
お風呂の使い方を説明すると、私がまだ目の前に居るにもかかわらず
二人が一斉に服を脱ぎ始めた。
とても12才とは思えない身体つきにビックリしたと同時にその色気に
戸惑ってしまった。
私は動じる素振りを見せないように軽く会話をし、部屋に戻った。
嫁は義理母の用事で2日間留守にするらしく、本当に申し訳ないけど子供はパ
パに任せるから宜しくね!と言いながら出かけていった。
私は茶の間でテレビを見ていると、先にシンディーがバスタオル一枚で出てき
た。私は冷蔵庫を開けジュースを選ばせた。シャンプーの香りと石鹸の香りが
私の心に火をつけた。
私はジュースを取ってあげる振りをしながら必要以上に身体を密着させた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年11月1日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】先輩が自分の嫁さんを抱いてくれとお願いしてきた5 【寝取り】

会社の一番信頼できる先輩に頼まれて、奧さんのミクさんと深い関係になった。寝取られ性癖の先輩の要求はエスカレートしていき、それに応えて俺も、ミクさんに対してあらゆる事をしてしまうようになっていった。

人妻のミクさんに、夫の先輩ですらしたことがないことをするのは、甘美な果実のように俺の心を捕らえて放さなかった。

そんな中、日頃のお礼と言いながら先輩が俺に手渡してきたUSBメモリの中には、地獄と天国が入っていた。

俺の嫁の恭子。スポーツドリンクのCMで、人魚になった芸能人みたいなルックスの恭子は、俺の自慢の宝物だと思っていた。
それが、俺がミクさんにしたのと同じようなことを、そっくり先輩にされていた……死ぬほどのショックを受けながら、興奮する自分を隠せなかった。

そして今俺は、駅前の個室ビデオのブースで、先輩に渡された動画を見ていた。

動画を再生すると、画面はピンクと黒で染まった。ピンクは恭子で、セクシーなランジェリー姿だった。そして黒は、ムキムキのバキバキの黒人の裸体だった。
その黒人は、ムキムキなのに鈍重な感じはなく、クロヒョウみたいな雰囲気だった。そして自分自身の馬鹿げたサイズの黒棒を握り、ニヤニヤした顔で恭子を見つめている。
恭子は、日頃俺を喜ばせるために着ているようなランジェリーを身にまとい、黒人のチンポに自分の腕を近づける。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年10月16日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ