エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【マニア】純子を他人に【フェチ】

妻純子、五十代前半、結婚当初より性に対いしてとても淡白な女でした。
ベッドの中では私がリードし、全裸にしないと行為をしようとしない妻です。

いつもの様に、ダブルベッドに横たわる妻の、ネグリジェの前ボタンを胸元から全て外し、露になった乳房を唇で愛撫しながらショーツを脱がせ、陰毛に覆われた秘部を右手でこねるようにして愛撫を加えていた。 乳首が大きく突き出し微かに喘ぎ始めた妻の裸体を眺めながら、この妻が夫以外の見知らぬ男に押し倒され、男の手で衣服を脱がされ、形良く膨らんだ乳房をその男の手で弄ばれたら、どんな反応をするのだろうか? ネットで配信された人妻を妻にダブらせて、色々な絡みを妄想した。
その夜、妄想を実現すべく妻を口説いた。 「純子、今、君のオッパイを弄っているのが、知らない男だったらどうする?」
夫を受け入れる準備が出来つつあった妻に、いきなり問い掛けた。夫の言葉の意味がいまいちわからず、怪訝そうな顔をして妻が言った。 「えっ、あなた何のこと?知らない男の人が、私のオッパイをさわるわけないじゃない…」
剥きだしになって、重たげにふくらむ妻の左乳房を 下からすくい上げるようにして突き出させると、固く尖った乳首を指で弾いた。 「純子、純子が素っ裸にされて、知らない男に、このオッパイもここも、男にいいようにされて犯されるんだ!いいな!抱かれるんだ!」 乳房から下腹部に右手を一気に下ろすと、秘唇をかき分けて二本の指を純子の膣に突っ込み乱暴に膣内で暴れさせながら、命令口調で言った。

妻は目に涙を溜めて悲しげな顔をした。そして、腕を突っ張って私の身体を押しのけようとしながら
「いや〜!いたい!ひどいわ!あなた、なぜこんな乱暴なこと言ったり、したりするの?わたしが嫌いになって、別れたいのならはっきり言って。」
私は、妻を強く抱きしめ、優しくキスをした。膣内の指は優しく粘膜を刺激するように変化させ
「こんな素敵なからだの純子を、嫌いになったりしないよ。膣だっていつも入口が気持ちよくペニスを食い締めるし、中の方は狭くてペニスに絡んで気持ちがいいしね。」妻は怪訝な顔に戻ると
「だったらなぜ?わたしが知らない人に、抱かれなければいけないの?」「わたしがいいと思っているだけでなく、純子を抱いた男達にとっても、いい女であることを確かめて、私の純子が、どの男にもいい身体をした女だ、と言わせ素敵な純子の身体を、自慢したい。「頼むから、一度だけで良いから、抱かれてくれ!」一気にすがる様に言った私の口説きに、妻は意地悪そうな笑みを浮かべ・・・・・
「あなた、いいの?このわたしがあなたじゃない男の人に…、乱暴に裸にされて、
オ…オッパイを…!乱暴に 握られて…、わたしのだいじなところも弄られて…、純子の中にペニスを突っ込まれて、精液を出されるのよ!いいのね!」「抱かれても!いい わよ!抱かれてあげるわよ!」これから、日奈久までに行きましょう!あなたが話した、女の人でも入れるストリップ劇場に行って、最初にわたしに声を掛けた男に抱かれるわ!」 これから、出掛けても終演にじゅうぶん間に合う。妻の言葉に一瞬驚いたがこの機会を逃すと、後のチャンスはないとおもった。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月24日 | エロ体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【寝取られ】妻の性【寝取り】

妻の性1
ほぼ実話1/16(水)02:31:44No.20080116023144削除
私も妻も34歳です。
妻は173cmのスレンダーな肉体に、きつい印象の顔立ちです。
美人なことは間違いないと思います。可愛いというのとは違うと思います。
私は165cm特に取り柄のない男です。
唯一の取り柄がこの妻を持っていることぐらいです。

大学の同級生で付き合い始めて卒業後に結婚しました。
子供は欲しいのですが、まだいません。
妻は2年前まで仕事を続けていたのですが、人間関係など面倒なことも多く、私の収入だけでもそれほど困ることもないので辞めてしまいました。
というのは、妻の実家が地元で不動産やパチンコなど手広い商売をしているため、かなり裕福で、何かと援助をして貰っているからです。
今私たち夫婦が住んでいるマンションも実家の義父名義のものなのです。
このような事情もあって、妻には何となく強く出られないと言うところもあります。
例えば、離婚などということになっても私が追い出されるだけの話です。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年7月15日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【学校】ALICEの日記【共学】

今日は両親がいないので家に私ひとりっきりです。
私はひとりっこです。
今までだってひとりで留守番することは何回もあったのですが、今夜は妙にどきどきします。
だって、生まれて初めて裸のままで外に出たからです。
といってもそれほど過激ではないのですが。
近所にあまり遅くまで起きている家はないようなのですが、一応2階からときどき確認してどこの家の電気も消えるまで待ちました。
11時にはどこの家も真っ暗になったのですが、用心のためもう1時間待って12時に実行しました。
家の電気も全部消して真っ暗にしました。
自分の部屋の中で着ているものを全部脱いでしまいました。
これからやろうとしていることを考えると胸がどきどきしました。
もう1度窓から近所を眺めました。
やっぱり真っ暗でした。
私は決心しました。
裸のままで階段を下りていくとふだん服を着て生活している自分の家の中なのに、すごく興奮して見知らぬ場所を歩いているような気分でした。
玄関のドアの前に立つと足の裏がひんやりしました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年6月13日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【友達】真性マゾ女子高生【セフレ】

『初詣悲哀』
こんにちは
齋藤麻紀です。
雪が降ってきました。
買って頂いた大切な振袖・・・。
お母さんに見せたかった振袖を
鋏で切り落とされてしまいました。
晒したお尻に触れる
冷たい雪の降り積もる勢いは増して
惨めな気持ちは募ります。
ああ
ごめんなさい・・・
私・・・
私・・・
こんな時にも

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2014年6月9日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】軍師のストリップ ブラ三ハンゲ4鯖 同盟ランク1位 【セフレ】

<>116名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage]投稿日:2010/10/19(火)18:32:58ID:dhT++nHU<>
月下美人同盟オフ会の模様を亀戦人がレポート致します

まず煉獄盟主からのご挨拶。

「皆様の期待に沿えない結果となったことは誠に遺憾でございます。
城を持っての1期終了ができず誠に申し訳なく思っております。
 然しながら、私も盟主として何の確信もなく若葉さんを軍師に指名したわけでも、若葉さんも
何の覚悟もなく、皆様を率いていたのではないことをご理解いただきたい」

「覇王道との対戦にあたり私は若葉さんから「負けたら脱ぐ」との決意の表明をいただいて
おりました。 」
「この乙女がです。その決意やよし、ここまでの覚悟で臨んで負けるわけはなかろう。
そう私としては信じ、全てを若葉さんにお任せしたわけでございます」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2014年3月7日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【痴女】ロシアンルーレット【M男】

婚約した彼女が他の浮気相手の子種で妊娠し、悪びれる様子もなく婚約解消を告げられたのが結婚式の3週間前。この人と結婚するから、と2人で現れた時の格好は膝上20cm位の薄いミニワンピース1枚。ブラやショーツのレース模様1本1本まで透けた、あられもないいでたちと、あっけらかんとした態度は、それまでの素直で大人しい彼女からは想像も出来ない豹変ぶりでした。

彼女の親からの謝罪や、招待した方々へのお詫び、準備していた新居の整理などゴタゴタを片付けているうちは気も張っていたのですが、全てが片付くと心の中にポカンと大穴があいてしまいました。退去を撤回した自分のアパートに居ても空しさが募るばかり。会社帰りに繁華街をふらつく毎日でした。
そんなある日、繁華街で目に留まったSMクラブの看板が目に留まり、引き寄せられるように店に入りました。

女の子をムチで苛めてやる!。そんな思いの丈を店員さんにぶつけると、M女ファイルからある女の子を紹介された。この日は大変混雑しており、60分待ち。待合室のテーブルに並んだ雑誌を拾い読みして時間を潰していた。

ふと目に留まった、お店の案内。
手にとってパラパラとめくると、M女の次にS女のページがあった。
○×女王様といった名前が並び、凛とした表情の写真が並んでいる。
プレイ写真が何枚か掲載されていて、その中の蝋燭をもつ女性をみた瞬間、なにか響くものが心の中を駆け抜けた。別に蝋をタラして欲しいとは思わなかったが、苛めを受ける自分の姿が頭から離れない。気が付くと、“あの〜、Sプレイからこの女王様のMに変更したいのですが”と頼んでしまっていた。

やがて順番がまわってきて、女王様然とした女性が私を連れに来た。その女性に有無を言わさず四つん這いを命じられ、何故か抗う事なく待合室から連れ出された。
このSMクラブは2ヶ所のラブホテルと提携しており、其処までクルマで送迎された。
クルマの後部に簡単な檻があり、そこに閉じ込められて向かったホテルは、SMの館然としたラブホテルだった。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2014年1月27日 | エロ体験談カテゴリー:痴女の体験談

【レイプ】凌辱奴隷委員長【強姦】

「有紀ぃー、今日はあれだから…早く帰るのよー」
「はいはいはい」
革の手提げを引っつかんで、半袖のセーラー服姿の女子高生が玄関を飛び出してく
る。肩甲骨の下まで伸びたつややかなストレートヘアが翻る。XX大付属高1年の
15歳、本田有紀は小走りに学校への道を急ぐ。まだ残暑の日差しが強い中を走る
と、すぐに汗が噴き出てくる。長い髪を横から流しただけの清潔なヘアスタイルだ
が、抜けるような白い肌と、タレントの石原さとみをきりっとさせたような美しい
、はっきりした目鼻立ちが人目を引いてしまう美少女だ。
(ああ、もう。今日は用事多すぎ)とぼやきながら急ぐ有紀は、脇からふらふらと
こぎ出してきた自転車には最初気付かなかった。
「…XX高のひと?」
急に横から声をかけられて驚いた。小走りの有紀の脇に、ママチャリに乗った高校
生らしき男がいつのまにか並走していた。
「あ…は、はい」男は寝癖ではねたセットしていない髪で、にこにこしている。
「1年生?」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月25日 | エロ体験談カテゴリー:レイプ体験談

【友達】手錠オナニーしてるのを弟に見られた【セフレ】

1 名無し募集中。。。 2009/11/29(日) 14:56:38.73 0
ので死にたい
3 名無し募集中。。。 2009/11/29(日) 15:01:02.84 0
そんなに太いのか

181 名無し募集中。。。 2009/11/29(日) 17:32:45.70 0
これは酷いエロ漫画ですね

4 名無し募集中。。。 2009/11/29(日) 15:02:09.28 0
手錠無くても十分恥ずかしいわ

5 名無し募集中。。。 2009/11/29(日) 15:02:15.59 0
弟を監禁して洗脳できるまで手錠について熱く語れ

10 名無し募集中。。。 2009/11/29(日) 15:09:22.13 0

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年12月19日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】夢幻泡影の姉妹【セフレ】

炎天下の中、プール脇の更衣室で湿った空気を吸い込みながら、フェイトは思う。
これはきっと何かの間違いで、偶然なのだと。
フェイトは自分のロッカーの内部を何度も確認する。
既にプールの授業は終了し、他のクラスメイトは全員が教室に戻っていた。フェイトだけが最後まで更衣室に取り残されて探し物をしていた。
幸い、今日は体育の授業後は昼休みなので次の授業に遅れる心配は無い。
「———でも、早く戻らないとなのはやはやてに心配をかけてしまう」
急がなければならない事に変わりはなかった。
下着が無くなっていた。
更衣室のロッカーにしまっていたはずの下着だけが消えていた。制服や財布はそのままなのに、下着だけが見付からなかった。他のクラスメイト達にはそんな事は無かったようでフェイトだけが被害者という事になる。
「どうして・・・」
フェイトの呟きに応える者はなく、ただ蝉の鳴き声だけが更衣室の中で反響していた。
時計を見る。既に昼休みが始まってから15分以上が経過していた。
「———これ以上はなのは達を待たせる訳にはいかない・・・」
フェイトは意を決して制服だけを身に付けて更衣室を出て行くことにする。
湿った肌にブラウスが吸い付き、フェイトの艶かしい肉体を否応無く映し出す。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月16日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】妻の性(第三部3.1〜3.9@2011/12/12) 【寝取り】

妻の性3.1
ほぼ実話9/14(火)02:38:18No.20100914023818削除
妻の性第3部

ようやくたどり着きました・・
今までのは、bbs0.5に書くべき内容ですけれど、これから、以前、ずっと前にお約束したbbs1の内容が始まります。

 私の寝取られ願望の露呈から約1年、その間に洗いざらい、妻の告白は聞き尽くしていました。
いえ、正確には、聞き続けていただけで、聞き尽くしているのかは、私には分かりません。

 しかし、延々と私が尋ね続け、妻はその後どのようにして西脇にやられまくったのかを、微に入り細を穿ち、語り続けました。
毎晩のように新しい屈辱と興奮を伴って、それは繰り返されました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年11月24日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 3123

このページの先頭へ