エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【友達】【SS】幼馴染「…… 童 貞、なの?」 男「」【4】【セフレ】

混乱する。
心臓がばくばくする。
このままじゃまずい、と思う。
とりあえずできる限り静かに、ゆっくりと、腕を引き抜いていく。起こさないように。
動揺のあまり「せっかくだし観察しよう」とか思える状況じゃなかった。
ていうかいっそ恐怖すら覚えた。
このラブコメ的イベントの連続はなんなのか。
絶対なんかの予兆だろ(被害妄想)。
なんとか体を引き抜いて、屋上さんからじりじりと離れる。
立ち上がる。達成感。よくぞここまでがんばった。
でも振り返るとみんなが起きていた。
めちゃくちゃ見られてた。
ユリコさんがニヤニヤ顔でこちらを見ている。やっぱこういうイベントか。
なぜかからかったりしてくる人はいなかった。逆に怖い。
その後、片付けやらなにやらが始まったので、なんだかんだでうやむやになる。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年2月23日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】【SS】姉「……駄目よ、まだイっちゃ駄目」【2】【身内】

~6日目 土曜日 休日~
~朝 弟の自室~
弟「……ん~」
弟「……朝だ」
弟「……約束の日だ」
弟「……イカン、今からムラムラしてどうする。まぁ、すごい生理現象起きてるけど」
弟「……トイレ行こう」
~昼 居間~
弟「はい。チャーハンにしてみた」
姉「えぇ、いただきます」
弟「召し上がれ」
姉「あら??なかなか美味しいじゃない。お米パラパラでふわふわだし」
弟「どうもです」
姉「あなたの傾向として、一品ものは得意とみたわ」
弟「あぁ、そうかも。こういうのばっか作ってきた気がする。簡単に済ませれるやつ」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2013年2月21日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【友達】【始めは】性器を触りあう幼馴染ってどうよ?【ただ欲しかった】【セフレ】

910 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/01/24(日) 19:09:00 ID:EFFWsHhm0 [1/3]
保育園年長の時仲良かった女の子に家に親の仕事が終わるまで預けられるようになってたその子は広い屋敷に住んでいたので親の目が届かないのでイロイロやったきっかけは、彼女が買ってもらった水着を着て見せてくれた事だった1着目は別室で着替えてから見せてくれたのだが、面倒だったのか2着目からは俺の目の前で着替えてくれたそんで裸の見せ合いって流れになって、お互い興味津々の性器へ対象が移るのはすぐだったまず彼女のワレメを見せてもらって、触らせてもらった。ホントただのワレメで、そっと開こうとしたら彼女が痛そうな仕草をしたので咄嗟に舐めた。オシッコの匂いが凄くしたけど我慢した。そしたら彼女が俺のチンコを舐めてくれると言う。横向きに寝転がって69体勢でお互いの舐めたり触ったりした。しばらくし彼女がチンコを口に含んでしゃぶってたら、半起ちになって、彼女のマンコからも液が出てきたのでビックリして止めた。その後卒園までキス、クンニ、フェラが日課になった。彼女とは同じ小学校に入学したんだが、夏前に転校していった。

911 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/01/24(日) 20:35:14 ID:EFFWsHhm0 [2/3]
彼女との再会は小六の時だった。俺は進学塾に通わされていたのだが、その塾の夏期講習に彼女が来たんだ。彼女が姓が変わっていたので、俺は気づかなかったが、初日の授業の後に声をかけられた。彼女は親が離婚して、母親の実家に引っ越したとのこと。そこは塾のすぐ近くだった。その後彼女の家へ行って、母親に挨拶したら凄く懐かしがってくれて歓迎してくれた。で、関係が復活した。普段は普通にゲームしたり、塾の宿題を一緒にしたりしてたが、彼女の母親の居ないときに、思い出話をしていて俺が「あの頃のキスとかなんてノーカンだよな~」って言ったら、「私はそう思っていない。初恋の男の子とのファーストキスだったよ」って…んでキスして、またお互いの体を触れ合った。胸がちょっと膨らんでて吸わせて貰った。彼女は凄く恥ずかしそうに顔を真っ赤にしていた。結局挿入までには至らなかったが、何度もエッチした。そんな関係も中学に入学し塾へ行く理由が消滅すると疎遠になり、お互い数度の引越で年賀状も途絶えた。

912 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/01/24(日) 21:02:16 ID:EFFWsHhm0 [3/3]
そして、25歳になったとき3度目の出会いがあった。俺が勤めていた会社に彼女が中途で入社したのだ。このときも彼女の姓は変わっており、かなりキレイになっていたので俺は気付かなかった。が、俺の名前が珍しいこともあり、彼女の方から「○○さんって××区の出身ですか?保育園は……」だが、今度は昔の関係は復活しなかった。彼女は人妻になっていたからだ。幼馴染みであることもなんとなく秘密にしている。数年して会社の飲み会で初期配置がばらけてきた中で彼女が俺の隣に座った。周りに聞こえない声量で子供の頃の思い出話をした。そのなかで彼女が2度の再会について「もし旦那と出会わなかったら…もしかしたら今でも、私の本当の運命の人は○○くんなのかもね…」俺は「……そうかもな」って言っておいた。その後、俺は学生時代から付き合っていた人と結婚したが、その披露宴のキャンドルサービスで同僚の席へ回ったとき、彼女が涙を流しているのに俺は気付いた。内心スゲー焦ったが騒ぎにはならなかった。三次会でほんのちょっと話したが「よく判らないけど感極まって涙が出た」とのこと…いまも普通に同僚をやっている。

913 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/01/24(日) 21:14:23 ID:kgBRuK+v0
( ;∀;)イイハナシダナー

914 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/01/29(金) 00:25:04 ID:SfzeGnWL0
>>913え?

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2013年2月18日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】【SS】姉「……駄目よ、まだイっちゃ駄目」【3】【身内】

~教室~
弟「やぁ、おはよう」
男4「うす」
男3「よぉ」
女2「は~い」
女1「おはよ」
弟「生憎の雨だね」
女1「しょうがないよね」
男3「俺は昨日ずぶ濡れで帰ったけどな」
女2「はっはっ、あんた心も体もずぶ濡れだな」
男3「お前、容赦ねぇな……」
女2「アタシがあんた慰めるよりかはマシでしょ??」
男3「それもそうだ……」
男4「お前らがなんだかんだで息があってるのが不思議でならん……」
女2「コイツは分かりやすいからね」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2013年2月14日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【近親相姦】弟 【身内】

145名前:弟投稿日:02/07/1902:55ID:LrjxFhtx

実は、白状しますが、僕も姉と妹がいまして
妹はどうでもいいんですが、
姉が好きで好きでたまらないんです。
もーめちゃ仲良くて今でもプロレスごっこしたり
えっちなことも含めていろいろ相談したり。

で、去年驚愕の事実に遭遇してしまったんです。
立ち読みしてた本屋で偶然発見した
分厚い風俗雑誌のそのあるコーナーで
コスプレに身をつつみ、読者のヘルス部門投票
前期1位とかいう見出しとともに
姉の、姉の写真がのってるではないですか。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年2月11日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【友達】パンツ盗みから始まった、恋愛話【セフレ】

156 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 22:20:48 ID:K0GedJVb0 [1/2]
近所に住んでる幼馴染の洋子は、幼稚園からの付き合いでよくお互いの家を行き来する間柄。厨房の時、いつものように洋子の家にお邪魔してた。洋子の部屋で、喋っていると洋子が母親に呼ばれ部屋を出て行くと俺は、タンスを開け洋子の下着をパクった。翌日、学校で洋子が俺の耳元で、「下着取ったでしょ」と言って来た。ドキッ!としながら「えっ?さぁ?」ととぼけると、「もぉ、あれお気に入りなんだから・・・下着なんかなんで興味あるのかなぁ?」そういいながら教室に帰って行った。夕方、下着を持って洋子の家に行くとおばさんは留守で、洋子だけだった。「いらっしゃい」と洋子が玄関を開けてくれて部屋に上がった。ポケットから下着を出し洋子に返すと、「もぉ、エッチ、でも返してくれたから、これならあげる他の女性の取っちゃダメよ」と下着を渡された。

157 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/10/07(木) 22:22:10 ID:K0GedJVb0 [2/2]
後ろを向いた洋子を背中から抱きつくと、「ダメ、お母さん帰ってくるよぉ」「洋子のことが好きなんだ、キスさせて」肩を持ち向きを変えお互い向き合い唇を重ねると、嫌がることなくお互い唇を重ね、時間が流れると「ただいまぁ、洋子、取りにきてぇ」おばさんが帰ってきた。

158 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/10/08(金) 20:00:28 ID:m1o7TxLp0
>>157続きよろしくお願いします。

159 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/10/08(金) 21:50:51 ID:IkFaGUaT0 [1/2]
では、近所のスーパーで買い物をして帰ってきたおばさん。洋子が、出迎え荷物を持って台所へ。玄関で俺の靴を見つけ、「あれ、孝君来てるの?」「うん」「晩御飯でも食べて帰ってもらったら?」「うん、聞いてみる」洋子が部屋に戻ってきて俺に聞いてきた。内心、ポケットの中のものが心配でどうしようか悩んだが、洋子と少しでも一緒に居れると思って、晩御飯を食べることにした。俺は親に電話して晩御飯を食べることを伝え、準備ができるまで洋子の部屋で洋子と一緒に待っていた。「ねぇさっきの続き」と洋子の肩を抱き寄せ唇を重ねようと顔を近づけると「ダメ、お母さんに見つかっちゃう」「大丈夫だって」強引に抱き寄せ唇を重ねた。洋子の唇は柔らかくどれだけの時間が流れたのか洋子の胸の膨らみを感じながら静かに時間は流れた。

160 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2010/10/08(金) 21:53:19 ID:IkFaGUaT0 [2/2]
すると「二人とも晩御飯出来たわよ」おばさんの声。二人で降りダイニングへその日は、カレーにサラダ、スープ「シーフードとビーフ作ったんだけど、孝君どっちがいい?」洋子のお母さんは料理上手で、カレー一つ作ってもシーフードとビーフの二種類作ってくれるしすごく美味しい。お母さんの血を継いでいるのだろう、洋子も料理上手で、みんなとキャンプやハイキングの時には、お弁当を作ってくれてた。食事を終え、おばさんと洋子としばらく色々な話をして、大切なものをポケットに感じながら、家路についた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2013年2月10日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談
309 / 309« 先頭...102030...305306307308309

このページの先頭へ