エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【友達】ゼロゼロでこれまでの条件書いていけ【セフレ】

1 ソルト 2012/10/19(金) 17:12 AsdFrgL
ゼロゼロの条件書いていけーーーー
2 名無し 2012/10/19(金) 17:31 LopPolAG
ゼロゼロww
掲示板でいいよな?
3 名無し 2012/10/19(金) 17:45 WsdKioFD
長崎から大阪まで送迎ーーーwwww
4 名無し 2012/10/19(金) 17:48 OplLkiIK
彼氏のふりして職場に迎えに来いーーーww
5 名無し 2012/10/19(金) 17:50 AalOklPP
ゼロゼロって何?
6 名無し 2012/10/19(金) 17:51 PpoLmiAS
ゼロゼロ出会いのこと
条件言われて、その条件を聞けるか聞けないかで
女が、実際に会ったりしてくれる

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年8月3日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】めぐみと龍子【セフレ】

これはたしか18のときバイト先の飲み会をしたときの話。
男女6人で飲んでいたがそろそろ帰る時間になった。
そこであまり飲んでいない24のおねぇ様めぐみの車で帰ることに・・・
その娘は18の大学生、龍子のアパートに泊まることになっていたので3人で帰ることになったのだった。
俺は結構飲んでいて酔いも回っていたので自分の車で帰ることができそうになかった。
別の場所に止めていたのだが・・・
そこで龍子のアパートに行くことになったのだ。
そのときは3人だし特別に期待するようなことも無かったのだが・・・
俺には彼女もいたが、やはり女の子の部屋に入るのはドキドキする。
  めぐみ OLをしている24歳、Fカップの巨乳、Hっぽい顔がそそる
  龍子  大学1年、見た目はBカップくらいか?かわいい系
部屋に入って2人に囲まれて寝れるのか?などと少し妄想している俺。
まぁ、3人とも酔ってはいたがめぐみはシャワーを浴びに行った。
めぐみは泊まるつもりで来ていたらしく着替えを持ってきており、
龍子がめぐみのブラをとって『見てよ。大きいよね?Fカップだって!』

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年8月2日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】夫婦の営み【熟女】

夫婦の営み 
by さと美の夫
私36歳、妻38歳です
妻は痩せ型で、胸は大きいほうでは有りませんが、髪が長く素顔でも我ながら自慢できる女です。
そういっても結婚した頃に比べると、子供が出来てから成長するにつれて夫婦の営みは減っていました。
私の親が老け込んでしまって二世帯住宅での同居などが重なり、ますます夫婦の営みは減っていました。
 ロープやおもちゃ等、妻が喜びそうな(実は私が喜んでいるんですが)買ってきては試していたり、二人で夜に外出したときはカーセックスをしてみたり、色々工夫していたんですが長続きせず、そのうちにそれらの道具は、押入れの中に眠っていました。
 そんなある日、私の仲の良い歳の離れた弟が転勤になって帰ってくることになってしまい、親と同居しているこの家に居候することになってしまったんです。
最初、妻は私の両親の前では露骨に嫌だとは言いませんでしたが、夜二人きりのときは、狭い家に一人加わるのは抵抗があるようなことを言っていました。
 一、二ヶ月で家を探すということでしたので妻もしぶしぶ納得せざるを得なくなり、同居人が一人増えることになりました。
弟は28歳で、独身。おとなしい性格で、やさしい性格で、私とも大変仲がよく、小さいときから自転車に乗って一生懸命私の後をついて遊んでいました。
以前は可愛い女の子と長く付き合っていたのを覚えています。
しかし独身貴族ということもあり、仕事で転勤が多く、遠距離恋愛の末に別れてから、そういう話も聞かなくなっていました。
 
いざ引越しが決まってから、弟の部屋をどこにするか家族会議でした。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月2日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】無防備妻とケンジ君 1【寝取り】

参考:無防備妻シリーズ

私のいとこの中にケンジ君という男の子がいる、その子は私の母親の弟の子供で今年十八歳になる男の子だ。
そのケンジ君が今年こちらの大学に推薦で合格したらしく、夏休みを利用して私の家に一週間ほど遊びにくることになったのだった・・・・・

そして八月十二日ケンジ君が家に来る日になり、ちょうど私もお盆休みになることもあって、当日私はケンジ君を駅へ向かえにいくことにしたのだった。

ケンジ君とはかれこれ三年ぶりぐらいになる、私の記憶ではケンジ君は背が小さくて目がクリクリとした非常にかわいらしい男の子で、中学では将棋クラブで大会に優勝していたらしく、その時そんなケンジ君と将棋をしてコテンパンに負かされた記憶がある。
すごいまじめな男の子だったような・・・・・私は思い出しながらふと妻に目をやった。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年8月2日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【近親相姦】超天然で無防備な叔母 1【身内】

今年は最悪の夏だと思っていた。でも思わず自分にとっては、最高の夏休になった。一応そのいきさつを、ヘタな文章で書いてみようと思う。

自分は○川県に住む現在高校2年生の17歳です。チビでちょいデブ、引っ込み思案でおとなしく、顔もたいしたことのない、情けない若者です。男子高に通っており、彼女いない歴17年、もちろん今どきキスすらさえしたことのない、チョイ悲惨な人間。

性欲だけは人一倍ある。唯一の趣味は、部屋でエロビデオを見ながら、ひたすら右手を使うこと。オナニーを覚えたのがけっこう遅かったせいか、毎日3〜4回はしてしまうサルのような人間です。

そんな自分でも夏は楽しみだった。夏休みが楽しみ。一日中ゴロゴロしながら大好きなオナニーを、好きな時間にできるから。それに、チョット告白するのは恥ずかしいのだが、人混みが多いイベントやプールがあるので、痴漢もできる。
もちろん、エロビデオにでてくるような、犯罪的な痴漢ではありません。そんな度胸はないです。あくまでも、軽く女性のお尻に手の甲を触れさる程度の痴漢。
全く女性と触れ合う縁のなかった自分には、それでも充分に興奮できる楽しみだった。

しかし、そんなささやかな楽しみさえ、今年は奪われてしまうことになったのです。

父親が早くに他界したことがあり、現在自分は、母親と二人きりの生活。母親が、看護婦の仕事をして家の生計をたてていた。
その母親が、8月1日から1ヶ月間、癌化学療法師?とかいう資格を取得するために、東京へ研修に行くことになったのである。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年8月2日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【寝取られ】ココロとカラダ【寝取り】

「・・・愛しているわ。」「あなた、愛してる。」

 これが私の妻の口癖である。
 結婚して4年もたてば言われるこちらが気恥ずかしく感じるくらいなのだが、本人は照れるふうでもなく全く気にならないらしい。
朝起きた時、私が出勤する時、そして夜帰宅した時・・・、妻の口からはごく当たり前のように私への愛情を示す言葉が出てくるのだ。

 そして妻は、言葉だけではなくその態度でもその気持ちを隠すことなく示してくれる。
 常に私を信頼しきっているその笑顔。私にとって最良のパートナーたらんとするその前向きな姿勢。・・・外出する時はまるで恋人
同士のように腕を絡ませ体を密着し、ともすると一人娘が焼きもちを焼いてしまうくらいなのである。

 どんな時でも、どんな場所でも、私は常に妻の愛を感じることができたし、それは夜の夫婦生活においても例外ではなかった。
 夫である私を喜ばせようとする献身的な態度。自分も共に楽しもうとする積極的な愛情表現・・・。
 以前の私は、慎ましやかで清楚なふだんの姿からは想像も付かないそんな妻の姿が、私だけに向けられているものと信じて疑わなか
ったのである。子供を産んでも張りを失わないつややかな肌や、出産後少し大きさを増したツンと上を向いた形のよい乳房、白桃のよ
うに瑞々しいヒップ、そして淡い翳りに隠された秘密の場所も、その全てを知っているのは私だけだと信じていたのだ。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月1日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】サークルで【寝取り】

彼女の真美と社会人のサークルに入って1年以上になる。みんな自由な組み合わせでバトミントンをします。
 毎週金曜夜の3時間なので半分参加して、後半はしゃべっているカップルも多い。
 最後はみんなでファミレスなどへ行き晩ゴハンを一緒に食べる。
 最近気になるのは真美が後輩の男とよくしゃべること・・・。
 真美とバトミントンをして「あ〜、今日は試合これくらいにしようよ」と言われ、真美はトイレに。
 戻ってきて他の人たちの試合を見ていると真美の携帯にメールが・・・。
 真美は慌ててリュックに携帯を入れて「ジュース飲みすぎてオナカが痛い・・・またトイレ・・・」と体育館のコート外の通路へ。
 リュックは着替えも入っていて持ち歩くのだが僕に預けたまま手ぶらでトイレに行った。
 真美の携帯が気になりメールを覗くと「3階で先に」と入っていた。「(メアドから)相手はもしかして・・・」イヤな予感が走り、スポーツタオルを首にかけたまま僕は3階へ・・・。
 1階は玄関とトレーニング室、2階はバトミントンやバスケ、3階は多目的コートとなっている。
 いつも夜に3階は使われていないはず・・・。
 重い扉を開き3階のコートに入ると暗く、誰もいないが奥の方で電気が点いていて光が漏れている・・・。器具庫の中か。近づいてスライドのドアから覗くと・・・やはりいた。
 真美はクルクルまかれ倒れている体操マットにチョコンと座り(真美は細身で150cmくらい)、後輩に白のTシャツをまくられ、ブラを上にズラされ乳首を舌で愛撫されている最中だった。
「先輩・・・」
「たっくん(後輩の名前からのアダ名)気持ちいい・・・」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年8月1日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】父と妻の公認SEX【熟女】

私は幼い時、母を亡くし父に育てられました。
父は、幼い私を育てるのに苦労したようです。
そんな事もあり、父は独身で一番いい年齢を淋しく過ごしていたんです。
そんな私も35歳になり、ようやく結婚(妻32歳)する事になりました。
父は60歳になり、定年を迎えました。
私は、父を一人に出来ないと妻を説得し、同居する事にしたんです。
妻は、私が言うのも何ですが妻はヤリマンで、これまで何人もの男性と経験していた様です。
顔は普通ですが、学生時代のあだ名は自動販売機!(100円でも寝る女)
職場で知り合い結婚する事になったが、同僚にも抱かれた位で穴兄弟が多いのも事実です。
妻は優しく・気が利く女性ですが、性欲大盛なのが欠点かも知れません。
まぁ、男好きな体系で胸は小さめですが、下半身デブでムッチリしたお尻は溜まりません。
特に、タイトスカートを履くと、色気ムンムンで殆どの男性が見る位です。
同居して1ヵ月も過ぎた頃でしょうか?父と妻が結ばれたんです。
妻を紹介した時から、父の目は女性を見る目で妻をジロジロ物色していました。
勿論、60歳とは言え、男性です。今まで我慢していた事も重々分かっていました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年7月31日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】露出狂【セフレ】

実は、私すごい恥ずかしがり屋なんです。でも、始めて露出をしたときに辱められるとすごく感じてしまうことに気がついたんです。
始めての露出は3年前の夏の深夜でした。夏の深夜に歓楽街をノーパン、ノーブラ、白い透けたボディコンワンピのマイクロミニ、ハイヒール、顔がばれないようにサングラスをかけて、お尻を半分露出して歩いた時があるんです。
着替えは歓楽街にあるラブホで着替えました。
最初は深夜の歓楽街だから露出の大いキャバ嬢、立んぼとかいて、これくらいの格好は誰も気にしないと思っていたんです。
そしたら、ラブホを出て直ぐにみんなが私に注目していました。
すれ違う人はみんなが立ち止まって振り返り、私をみてるのが分かりました。
狭い路地を一周しただけで数人から声をかけられ、後ろから接近する車からも声をかけられたりしてナンパされました。
あまりの恥ずかしさに心臓はドキドキで、膝は震えてサングラスを掛けて顔を隠していなかったら恥ずかしくて 、しゃがみこんで歩けなかったと思います。
数分の時間が永遠のほうに長く感じました。
やっとの思いで、路地を一周してホテルに戻った時はクタクタでグッタリでした。
ホテルの窓から下を見ると、私を数人の人がつけて来てホテルのまえで私をしばらくの間、待ち伏せしているのが分かりました。
ホテルの部屋に入って来たらどうしようかと怖かったです。
その時は、もう二度とこんな恥ずかしいことはしないと思っていました。
でも、ホテルに戻って気がついたのですが、あんなに恥ずかしかったのに、私のあそこは今までにないくらい、太ももまでぐちょぐちょに濡れるほどに感じていたんです。
その後、暫くは露出をやめていたんですが、あの時の恥ずかしさと快感が忘れられなくて、今も夏になると時々深夜に露出したりしています。、

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年7月31日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】妹と風呂にて…【身内】

「ああ、うぅ、あはっ♡」
「うっ!カナ!兄ちゃん、もう逝く!」
「はあ、お兄ちゃん!な…かに、中に!出して!」
「うあらぁぁぁ!!!」
「あっ!、あっ!、あっ!、あっ!いくぅ!!!」
ドピュッ!ドピュッ!
 俺は今高校一年生。妹は二つ下で中学二年生。ついこの間、俺たち兄妹は越えてはならない一線を越えてしまった。
 話は今から五日ほど前までさかのぼる。あの日の夕方、両親は仕事の関係で家を留守にしていた。俺はいつもどおり、妹の分と合わせて二人分の夕食を作って、二人で食べた。
「お兄ちゃんのご飯、今日もおいしかったよ」
「サンキュ(笑)食器はいつもどおりそこに置いといてくれたらいいよ」
「りょ~か~い」
などという、いたって普通の仲の良い兄妹の会話である。
 それから数分後、俺たちは居間でテレビを見ていた。
「やっぱり、堀○真希って美人だよね~」
「だよね~。うらやましいよ、あのかわいさは…」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2014年7月31日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

このページの先頭へ