エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【近親相姦】ロリ系な姉2【身内】

「圭ちゃん・・・き・・・」無防備な姿のまま裕美姉は呟く。「!?・・・裕美姉・・・?」寝言とすぐに気付いたが胸が強く鼓動を刻む。「圭ちゃん・・・好き・・・だよ」「えっ!?・・・」裕美姉の言葉が脳内でリピートして、次第に心臓が刻むリズムが早くなる。「(今の・・って、告は・・く?)」心境は複雑な感情しか感じさせてくれなかった。今までは、すこし困った事をしてくれる厄介だけど可愛い[姉]くらいの意識しかしていなかった。てっきり裕美姉も同じ様な意識、または認識しか持っていないとばかり思っていた。でも今のは明らかに告白だった。「ど・・・どうせ寝言さ。第一姉弟なんだし・・・。」理性がそう呟かせる。「・・って、やばい遅刻だっ!!」朝食もとらず家を飛び出して圭司は学校へ急いだ。ただ、突然の姉からの告白にお教のような先生の話が1mmたりとも入る隙間など無い事は、言うまででも無いであろう。「・・はぁ」家に帰ったあと自室へ直行すると圭司はベッドに身を投げ出した。「・・裕美姉ぇ・・・」その後すぐに、圭司は落ちる様に眠りについた。

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年3月22日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【寝取られ】彼女の本性【寝取り】

2年前インターネットであるサイトを見つけた。
『あなたの彼女の本性暴きます』
何だろうと検索していくと、自分の彼女が浮気しないか試しませんかというような内容だった。
自分としてはすごく気になる内容、自分は少し緊張しながらも掲載されていたメールアドレス
にメールを送った。
数時間後返信。
「お問い合わせありがとうございます。こちらはあなた様の彼女、大事な方があなた様への
裏切り行為をしないか調査するサイトでございます。(中省略)以下の内容にご同意して
頂ける方のみ応募下さいますようお願い致します」
1.彼女様の情報を虚偽なく提供して頂きます。
2.彼氏様のご協力(一部)をお願いします。
3.彼女様とのやりとりは全て報告させて頂きます。
4.この調査によってお二人の関係など、何が起きても責任は取りません。
5.彼女様の同意があった場合のみ、性行為を行う可能性があります。
6.途中で計画の中止、阻止はお受けしません。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年3月22日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【学校】finishまでいきたいょー【共学】

僕はちゅうにです
こないだ総合のまとめがおわってなかったので班の一人の女子とやっていました
(たまたまおなじ班のひとは部活だったので)
そしていろいろ調べることがあったのでパソコン室でやっていました。
僕はその時の条件(一対一ということ・み室)というので勃起してしまいました
僕は一生懸命隠していたけどばれて
「あれ・・・たってる?」(その子とはときどきエロい話をしている)
「してないよ」というとさわってきました
「やっぱたってるじゃん」
「ばれたー」
「きもっー」といわれたあとなんと上下にうごかしはじめました
「だしたいの?」
「うん」
「じゃあやる?」
「まじでー」といったあとぼうそうしました

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年3月21日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【学校】七星のピンチに立ち向かう!【共学】

「あんあっ、あっ、あっ・・・。」
七星は感じていた。
「やめてっ、・・・やめてったら・・・」
僕はずっとこれを見ていたかったけど、勇気を出して、教室に入りました。
「もうやめてやれよ。」
「鮫島・・・。」
ところが、そのとき、クラスの女子が入ってきました。
「おー、やってる、やってる!」
「あれ?鮫島がいる・・・。」
僕は驚きました。女子はみんな、全裸だったから・・・。
僕は急いで逃げました。しかし、捕まえられ、全裸にされました。
僕は我慢できず、もうどうにでもなれと思い、女子を振り抜き、七星に抱きつきました。
「鮫島!?」
「ゴメン、もう我慢できない。」
そう言うと僕は七星のあそこに、僕の息子を挿入しました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年3月21日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【人妻】妻が看護師【熟女】

先に投稿された人で奥さんが看護師をしていて患者との出来事を聞かされて興奮したとの記述を読み、散々迷いましたが、私も書くことにしました。
数年前のことですが、実は私の妻も看護師で、まだ結婚前の付き合っているころからエッチな患者がいる等々、聞かされているうちに、
いろいろなイメージを膨らませ、だんだんと本当にエッチに協力するよう指示するようになってしまいました。
そこは個人の整形外科病院のため看護師は少なく特に夜勤のときは一人だけとなるため、よほどのことがない限り、ほぼ何をやっても問題はないとの事だっだため、
まずてはじめは、患者の体を拭くときにベッドに肩ひざをつきパンチラ等で挑発することからはじめタッチ・手コキ・フェラまではOKと要請し、
そのときの様子を根掘り葉掘り聞き非常に興奮し、その夜はどんな感じでしたのかを実際に検証しつつ嫉妬心と欲望のはざ間で激しいSEXを行っていました。
がしかし、要求も次第にエスカレートしてしまい、私が「フェラの時に患者にタッチさせてみれば」と言ったところ、「それは多少抵抗がある」との返事でした。
しかし「好みの子がいれば多少積極的にしてみる」との返事だったため、この際と思い「状況によってはエッチもしてあげて」と頼んでみたところ、一応考えてみるとの事。
それからは毎日毎日、まだかまだかと確認し、そのたびに興奮してシュミレーションを行っていました。
が、中々その日は訪れず2、3ヶ月たったある日、
サッカーで足の複雑骨折をした大学生で背も高く非常にハンサムな子の担当になったと聞かされ、「このチャンスを生かさない手はない」とけしかけましたが、
結構重症のため下手に動かせないとのこと。
多少がっかりしましたが、手術が終わり抜糸が終わった後、石膏で固めるため、「1日だけお風呂に入れるかもしれないが、その場合介助必要」との事。
それからまたシュミレーションをはじめいろいろ考えた末、入浴時にあるタイミングで、シャワーのお湯が全身にかかってしまいナース服がびしょぬれ状態となる状況を作り出し、もちろんそのときは白の下着のみでスリップはなしという計画を立て、さらには「中出し」をさせるためピルを飲みながらその日を待つことにしました。予定通りその日がやってきて、介助用のエプロンの下に着替えの白衣を隠し持ちつつドキドキした気持ちでお風呂についていき、体を洗う手伝いのため裸になってもらった瞬間、その子のあまりのオチンチンの大きさに驚き正直不安になったそうです。
(その時が初対面との事)しかし事は順調に進み、いすに座らせ頭、体を洗っい石鹸を洗い流す際に手が滑ったふりをし自分の白衣へ目いっぱいシャワーをかけてびしょぬれ。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年3月19日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻をレイプしようとして・・・。【熟女】

結婚10年目。妻は42歳。
確かに、現在の肌に昔のような張りツヤはないが、くびれたウエスト、丸くて弾力のあるおしりは健在だ。
 この3年間私は妻とSEXしていない。私は求めるのだが、妻がそれを拒むのだ。
決して仲が悪いわけではないが、妻は私との夜の性活を面倒がってるようだ。
 しかし私はSEXがしたい。妻のくびれたウエストをつかみ、後ろからガンガン突きまくりたい。今まではその欲望をエロビデオでなんとかごまかしてきた。
 でも限界だった。そこで思いついたひとつの考え。
「妻をレイプする。」それも、レイプしたことを気付かれないやり方で。
それには睡眠薬だ。しかしどうやって調達する?睡眠薬関係のサイトを見ても、
ハルシオンなどの睡眠薬はなかなか販売はしていなかった。
 ところが、灯台元暗しとはこの事、ネットオークションを探してみると、出品している人間がいたのだ。(本当はいけないらしい。)
 私はオークションで、「エリミン」と「サイレース」を購入した。
どちらも一般的な睡眠薬だが、実際アメリカではレイプ犯罪に使用されている。
 さて次は、それをどうやって飲ませるかだ。
私のやり方はこうだ。睡眠薬は錠剤の状態なので、まずそれを細かく砕き、醤油やソースなどを入れるビニールの容器(弁当などに入っているやつ)に睡眠薬を水に溶かして入れておく。あとは、食事時に妻が食卓から離れた隙に、味噌汁の中に液体状の睡眠薬を入れる。今回はエリミンを2錠分(通常飲む分の2倍)を味噌汁の中に入れた。
 効果は驚くほど早かった。多分、液体状にしたせいで、あっと言う間に体中に回ったのだろう。酒に酔ったようにろれつが回らなくなったと思ったら、そのまま後ろに倒れた。こっちがビックリするくらい勢い良く倒れたのだ。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年3月14日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【中学生】プールにて2【小学生】

目の前に…
小さな女の子の、未発達の体が曝け出された。
俺はまじまじと眺めてしまった。
「あの、は、恥ずかしい…」
「あ、ごめんごめん(笑)」
「します…」
「うん、お願い。」
舞ちゃんのフェラは、初々しかった。
歯は立てるし、舐め方もめちゃくちゃだった。
「いたた…」
「んぁ、ごえんあふぁひ…」
「男の子のチンチンも敏感だからね(笑)」
「はーい…」
「よし、良い返事だ。」
「えへへ(笑)いきまーす」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年3月14日 | エロ体験談カテゴリー:小中学生との体験談

【近親相姦】妹のヴァギナに弟のペニスが【身内】

以前はあたしは、小学生の弟のペニスをいじってエッチ遊びを教えてあげてたけど、今はもうやめた。
今は中学生の妹が弟のエッチ遊びの相手をしてやってる。家族の目の前でしてる。
先に風呂からあがった弟は素っ裸で、妹が風呂から上がるのをまってる。
妹は風呂から上がっても、髪を乾かして弟をまたせる。
待ちきれない弟は、勃起した自分のペニスをさすってる。
妹は無造作に弟のペニスをもんで、またがって、自分のヴァギナに挿入して、腰をふる。
父ちゃんは弟に「中でだすな。何事も、こらえられない男にはなるな」といつも教える。
父ちゃんと母ちゃんはエッチのとき、あたしたちやおばあちゃんに見られても、「おう」とかいっただけでやめない。  
父ちゃんは言う。昔の日本人はみんな大人だった。
みんな心をきたえて、心をおおきく成長させた。
大人だから、裸で男女かくさず混浴したり、親や子供が目の前でエッチしてても、みんな、それに大人の対応をした。
今の日本人は子供になってしまった。
子供になった日本人は、混浴なんかで、昔みたいに大人の対応ができなくなったと。
大人と大人の付き合い方や、楽しみ方が理解できなくなった、情けないと。
明治大正になって、学校で西洋の道徳を教え始めた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||

2014年3月13日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【人妻】好色淫熟妻・眞澄(Age51)〜1【熟女】

「結婚記念の旅行で…」で実際の寝取られ体験談を報告した夫です。その続きを報告させていただきます。大学の夏休みがそろそろ終わる9月の上旬に妻は、やっと若者たちから解放され、およそ1ヶ月半振りに戻ってきました。久しぶりに見る妻は、若者達との経験を経て一層艶かしくなった感じがします。肌のツヤ、表情、発するフェロモン……夫の私から見てもぞクッとする程、女としての魅力を増していました。元々、165cm、B96.W75.H110のムッチリ豊満な肉体は、さらに胸は膨らみ、お尻は大きくなった感じがします。体重は3kgほど増えたのではないでしょうか。おそらく、若者達のさらに好みの肉体にされたのでしょう…。妻「本当に長い間ごめんなさい…許してくださいね、あなた…」私は、この1ヶ月半、怒りや嫉妬、恨み、憎しみ…などいろんな感情が湧き出てきましたが、どうせたった1度の事と達観し、眞澄が無事に戻って来てくれた事に安堵していました。私「一体何があったのか話してくれるか?」暫くじっと俯いたままで居た妻がやっと口を開きました。妻「どうしても言わなきゃいけないかしら……ちょっとそういう気分になれないわ…ごめんなさい…」私「分かった、分かったよ。もう過ぎた事だから…いい。」妻「………」
この日から、何事もなかったように、穏やかな生活が始まりました。そんなある日、妻が札幌の街に買い物に出かけた日の事でした。私が整髪料の買置きを探して、妻のドレッサーの引出しを覗いていると、奥の方に見た事のないDVDが10本ほど隠すように閉まってあるのです。何か嫌な予感がしてそれらを引っ張り出して見てみると、それぞれにタイトルが記されていました。映画館、プール、大学、電車、カラオケボックス……などのそれぞれ場所のタイトルが記されており、(一体これはなんだろう…?)私は、得も知れぬ胸騒ぎを覚え、思い切って見てみることにしました。「映画館」というタイトルのDVDを手に取り、私は自分の部屋のTVにセットしました。
そこは、札幌のアダルト専門上映館です。妻が3人の若者達と一緒に中に入って行く様子が映し出されています。上映作品のタイトルは、「淫乱熟女、真昼の輪姦」。まるで妻のこれからを暗示しているかのようなタイトルです…。薄暗い場内には、サラリーマン風や大学生風の男性達が、およそ15人程座っています。妻は若者達に連れられ一番前の席に座らされました。大柄で超豊満な妻が若い男達に連れられて、このような映画館に来ることはおそらく他の客には奇異に映ったのではないでしょうか。しかも、今日の眞澄の服装は、体にピッタリとした紫のミニのワンピースに黒のレースのストッキングにパンプスで、いかにも好きモノ熟女といったフェロモンを醸し出しており、豊満熟女が好きな男性にとっては堪らないタイプでしょう。妻達は座ってから暫くは、大人しく映画を鑑賞しているようです。そうしているうちに若者達は我慢が出来なくなったのか、ついに本性を表し始めました。一人の若者が妻のスカートに手を突っ込み、大きなお尻やムッチリとした太腿を撫で回し始めました。もう一人の若者は、その両手でワンピースの中から大きく膨らんだ巨乳を揉みしだいています。後ろからもう一人の若者は、妻の頭を後ろから引き寄せ、舌と舌をベッチョリ絡ませあいディープキスを始めました。3人の若者達にいいように嬲られながら、苦しそうにそして気持ちよさそうに必死に声を出すのを我慢しているようです。
そのうち、若者の手によって眞澄の紫のレースのパンティーと黒い柄物のストッキングは膝下まで引き摺りおろされました。ワンピースも後ろのファスナーを開かれ、下腹部までおろされて、その瞬間プルンと96cmの大きく垂れ下がった巨乳が露わになり、鷲掴みにされて思う存分にペッティングされています。妻の眞澄はもう限界です。とうとう我慢しきれずに、「ハァァァー、イイー、イイワー、…ちょうだい…もうちょうだいよー、この大きいオチンポ、欲しい…入れて欲しいのよー…」喘ぎながら妻の手は若者のその大きくいきり立ったぺニスをしっかりと握り締めています。近くの席に座っていた5.6人の客がいつの間にか周りに群らがり、妻と若者達の行為を食い入るように覗いています。若者達はそれに気付くとニヤリと笑い、妻への行為を止めて席を離れてしまいました。一人投げ出された妻の肉体が露わになっています。膝下まで引き摺りおろされたパンティとストッキング、下腹部までおろされたワンピースからたっぷり顔を出した豊かな乳房。そのハレンチな姿を見た男たちはもう堪りません。すかさず男たちは妻に群らがり、そのうちの一人がいきなり妻を自分の腰に座らせ、その濡れ濡れのオマンコに挿入したのです。妻「オオーウ、アァー、イイ…イイーワン、気持ちイイ、硬いチンポが入ってるぅぅ、もっと、もっと点いて、突き上げて〜〜ん…」妻の絶叫は館内一杯に響き渡っています。他の客ももう映画どころではありません。何故ならそこで繰り広げられている光景は、映像など比べものにならないほど卑猥であり、普通の五十路の人妻がAV女優よりも淫らに激しく、次から次と若い男たちに姦られまくっているのですから…妻は男の上に跨がり、タップリと肉のついた肉体を全裸で見知らぬ男に預け、よがり狂っている…目の前で行われているその光景は、夫の私にとっては、正しく阿鼻叫喚の図です。しかし、怒りよりも嫉妬よりも、今まで経験したことのない異常な興奮を覚えているのです…二人の激しい動きが止まりました。どうやら、男はやっと逝ったようです。妻の膣内から大量の白いザーメンが流れ出ています。休む間も無く、次は隣りに座っている男に即され、妻はその男の上に跨がり、さっき以上に激しく肉体を揺さぶり、男根をしっかりと咥え込んでいるのです。残りの男達が列を成して今か今かとばかり座っています。おそらく妻は、残りの全員に嬲られ続けるのでしょう…映像はさらに延々と続きます。ようやく最後の一人が終わったようです。なんと5時間にも及ぶ妻への輪姦ショーがやっと終わりました。周りには、無数のティッシュの屑、飛び散った男達の精液や妻の愛液、妻や彼らの唾液で座席のシートが光っています。床には妻の下着とストッキングが脱ぎ捨てられています。最後の男がそれを鞄に入れて持ち帰りました。自分の妻が見知らぬ男に犯され、身に付けていた下着やストッキングまでもが持ち去られていく。夫の私にとっては堪らなく惨めな光景です。皆さん考えてもみてください。30代や40代の女盛りの人妻ならまだしも、普通の50代の主婦であれば、当然、夫との営みはあれど、きちんと家事をこなし、家族のために普通の平穏な毎日を送っているのが、ほとんどなのではないでしょうか。ところが、私の妻眞澄は、ある日を境に一切家庭に関わることなく、一日のほとんどの時間を自分の息子ほど歳の違う子達と毎日、毎日輪姦され性欲の限りを尽くしているのです。全裸でぐったりシートに座り込む妻を、最初に妻を連れてきた若者達に服を着せられ、再び一緒に映画館を後にしました…おそらくまた彼らのアパートに連れ込まれるのでしょう…残りのDVDの内容は、また改めて報告します…

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2014年3月12日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【学校】新 女友達のお願い【共学】

あれ以来、A美との関係は不思議と無かった。
それは昨年の震災からしばらく経過して仕事が少しずつ復活し出して忙しくなったのと、
妻のお腹の中に居る子供も大きく成長してきて何かと家内の事でも忙しくなっていたのだ。
たまにA美と昼休みにメールだけのやり取りはしていたが、
忙しくなった俺に気遣う内容のメールばかりで嬉しかった。
そして昨年の10月半ばに待望の男の子が産まれた。
A美にその事をメールで伝えたら「おめでとう。」と祝福の電話をくれた。
A美と話をしたのは4、5ヶ月ぶりだろう。
A美の声を聞いているとやはり2人の間の情事が思い出される。
おそらくA美もそうなのだろう。
しばらくA美と近況的な話をしていたが、急にA美は話を変えてきた。
「ねぇ○○。○○と逢いたくてたまらないの。でも、○○は忙しいから私我慢しているんだ。
 1人Hはしているけど。あはは。」
「俺もそう。ずっとSEXレスだし、欲求不満。あはは。」
俺の事を気遣うばかりか、我慢をし続けても明るく話すA美が可愛くて堪らなかった。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年3月12日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

このページの先頭へ