エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【人妻】借金のカタに (Ver1)【熟女】

 狭い階段を上って雑居ビルの3階にある会社の事務所に行くと、部屋の中から女の呻き声が聞こえてきました。あれは妻の声に違いありません。急いで部屋に入ると、入り口にはあの男が立っていました。口髭にサングラス、黒の革ジャンを着た借金取りのヤクザです。私を見るとニヤニヤと笑います。部屋の奥を見ると、なんと妻が別の男に背後から犯されているのでした。机の上に両手をつかされ、仕事着の黒のスカートをたくし上げられ、パンストもパンティーも無残に破られてむき出しになった妻の尻に、下半身裸になった格闘家のような体格の男が、背後から腰を激しく打ち付けているのでした。
「ああっ・・ああっ・・・あああっ・・」と苦しそうに呻く妻。
「やめろよ」
私はその男を止めるために近づこうとしたのですが、入り口の男が私の腹に膝蹴りをして、あまりの痛さに床に倒れてしまいました。
「おっさん。金返せよ」
男は吐き捨てるように言います。
妻は苦しげな表情で私の方を見ましたが、犯している男が妻の顎を手で自分の顔に向けると、太い舌を妻の口に入れました。妻の小さな舌がチラチラと奥に見えました。なすすべもなく倒れたままその光景を呆然と見つめる私。すべて私のつくった借金のせいです。街金に手を出すまでに経営が悪化した私の会社のせいなのです。倒れた位置からは男が妻の女陰に出し入れするペニスが丸見えでした。あんな大きなペニスを出し入れされたら、妻は痛いに違いありません。
「あうっ・・あううっ・・・いやっ・・・」
振り向く妻は眉間に深いしわを寄せ、眉を八の字にして苦しげな表情です。
妻は27歳で、まだ子供を産んだこともありませんでした。5年前に結婚する以前のことはよく知りませんが、奥手の妻は私の平均サイズのペニス以外には、あまり男を知らないはずですので、格闘家のような男の、鍛えられたような硬くて太いペニスで突かれたら、子宮の奥まで痛むのではないでしょうか。
しかし・・・少し冷静になってよく見ると、妻の脚には幾条もの液が流れています。その源はまぎれもなく男のペニスが深く差し込まれた女陰なのでした。
男は背後から妻のブラウスのボタンをはずし、ブラジャーも脱がせて、妻のFカップの白いお椀のような胸をもみます。時々乳首をつまんだりもします。そこは妻の性感帯なので、妻は一瞬ボッとした表情になりました。
「おっさんの嫁さん、感じてるんじゃないか」
入り口の男がからかうように言います。妻と私は20歳以上も年が離れているので、おっさんと呼ばれてもしかたありません。犯している男は仕事机の上の物を全部手で床に落とすと、今度は妻を机の上に仰向けに寝かせ、両脚を抱え込んで挿入しました。挿入の瞬間、妻が机の上で声を出しのけぞりました。男が腰を激しく振り続けると、妻の両足の指は親指だけが反り返り、ほかの4本の指は内側に強く屈曲するようになりました。男も極まってきたのか、さらにペニスを出し入れする速さを増してきました。男の全身から玉のような汗が出てきました。突然妻が
「ああああっつ、いっちゃう」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年8月1日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【近親相姦】リアル妹って…【身内】

 シゲアキといいます。4つ下の妹が居ますが、エロビデオのような関係って
AVだけで、実際はシケてますよ………
もうお互い大人になったので、会話もほとんどないですし、
たまに妹が風呂上りにバスタオル一枚で前を通ったりしますが、別になんとも思わない…
 でも、小さい頃はまぁ色々あったかな。
怪しい行為もそれなりに…。法律で許される範囲でwww
そんなこんな兄と妹のリアルをブログで書いてますので
良かったら見てみてくださいね♪
 

エロ体験談検索用タグ

||||

2014年8月1日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【友達】ある日の帰り道③【セフレ】

毎度どうも、このシリーズを書かせていただいているものです。
さっそく続きをば。
どうやら、終わったらしい。自分は、真っ白いシーツが敷かれたベッドの上に横たわっていた。さっきは、まったく変な夢を見ていた気がする。あれは・・・。
とにかく話は数か月前に遡っていく。その日のある時間帯。自分はある病院に、検査と診察を受けに訪れていた。前回手術したところがまた大事になってしまったので、
その再手術の日取りを決めるためでもある。
まずいつも通りに、レントゲンやらなんやらを済ませ診察の順番を待っていた。
「あ~、なんでこんな時期になって再手術になるかな。ったく、その頃は、とっくに学校が…、はあ・・・。」などと。ついに診察の順番が来た。診察室に入ると、いつもの見慣れた先生がいた。そこで自分は手術の日取りを決め、その日は帰った。
手術日は、予想していた通りというか、学校の始業式が始まってすぐの4日後だった、あいにくな事に。そして、なんやかんやで時間(とき)は過ぎてゆき、学校の卒業式も終わり、友人たちと2次会も済ませ、新たなる学校生活への期待と不安、そして手術に対する不安も含めた気持ちを抱いたまま、春休みを順調に過ごした。
4月上旬、よく「だるまさんが転んだ」でおなじみのフレーズ、≪初めの一歩≫を踏み出す時が来た。新しいクラスに、新しい仲間、
新しい環境、などなどいろいろ新しいモノ尽くしで、困惑しながらも順調なスタートを切った。まあしかし、時は待ってはくれないわけで、たった2日の登校で入院とあいまった。
特に病院では、検査など以外はすることはなく、暇をもてますところだが、勉強もしないといけないわけで。
なんやかんやで、手術日が来た。朝にすべての身支度を済ます。自分の手術は、一番最初らしい。
その時は、母親が朝早くから来ていた。ストレッチャーに乗せられ、自分の病室から手術室に運ばれる。そこで待ち受けていたのは、色々な医療器具や、レントゲン、
そして、自分の手術を担当するであろう先生方などなど。何度見ても、なれるものではない。
麻酔科の先生に、麻酔の点滴を打ってもらう。なんだか頭がぼんやりしてきた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||

2014年8月1日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】サークルで【寝取り】

彼女の真美と社会人のサークルに入って1年以上になる。みんな自由な組み合わせでバトミントンをします。
 毎週金曜夜の3時間なので半分参加して、後半はしゃべっているカップルも多い。
 最後はみんなでファミレスなどへ行き晩ゴハンを一緒に食べる。
 最近気になるのは真美が後輩の男とよくしゃべること・・・。
 真美とバトミントンをして「あ〜、今日は試合これくらいにしようよ」と言われ、真美はトイレに。
 戻ってきて他の人たちの試合を見ていると真美の携帯にメールが・・・。
 真美は慌ててリュックに携帯を入れて「ジュース飲みすぎてオナカが痛い・・・またトイレ・・・」と体育館のコート外の通路へ。
 リュックは着替えも入っていて持ち歩くのだが僕に預けたまま手ぶらでトイレに行った。
 真美の携帯が気になりメールを覗くと「3階で先に」と入っていた。「(メアドから)相手はもしかして・・・」イヤな予感が走り、スポーツタオルを首にかけたまま僕は3階へ・・・。
 1階は玄関とトレーニング室、2階はバトミントンやバスケ、3階は多目的コートとなっている。
 いつも夜に3階は使われていないはず・・・。
 重い扉を開き3階のコートに入ると暗く、誰もいないが奥の方で電気が点いていて光が漏れている・・・。器具庫の中か。近づいてスライドのドアから覗くと・・・やはりいた。
 真美はクルクルまかれ倒れている体操マットにチョコンと座り(真美は細身で150cmくらい)、後輩に白のTシャツをまくられ、ブラを上にズラされ乳首を舌で愛撫されている最中だった。
「先輩・・・」
「たっくん(後輩の名前からのアダ名)気持ちいい・・・」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年8月1日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】母と同じ歳の熟女と【熟女】

18歳の時、母と同じ歳の熟女と関係を持った。

その頃、諸事情により高校を中退して通信制高校に編入し、夜は居酒屋でバイトをしていた。

その居酒屋にしょっちゅう飲みに来ていた当時45歳の細身で綺麗な熟女Y(近くのスナックに勤務)と話をしているうちに仲良くなり、ある日そのYさんに誘われて勤務時間終了後に他の店に二人で飲みに行った。

お互いに酔った勢いもあり、次第に手を握りあったり肩を寄せあったりと恋人同士のように密着するようになっていった。

Yさんは実年齢よりも若く見え、とても綺麗な方だったので年齢差はあったがこのような展開になって自分は満更でもなかった。

するとYさんはトロンとした艶っぽい目で俺を見つめ、ゆっくりと唇にキスをしてきた。

その瞬間俺の股間は熱くなり、一気に勃起した。俺の股間をさすり、それに気付いたYさんは笑顔で「私の家に行こっか。」と耳元で囁いた。

すぐにタクシーでYさんの家へ向かい、家に入った瞬間に抱き合い、激しくディープキスを交わした。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年8月1日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】プラトニック【熟女】

うちの職場にカップルがいる。社内恋愛が規制されてるわけでもないんで、それだけなら何てことない。ところが、一方が既婚者だったりする。
これだと倫理的に問題はあるが、周りがとやかく言うのも野暮だよね。
子供じゃないんだから、面倒が起きたら自分で責任取れよって感じか。ただこのカップル、何となく腑に落ちないんだわ。
気にするほどのこともないんだが、茶飲み話のつもりでチラ裏。
男(A君)は私(♀)の同期で20代後半。
不愉快な外見じゃないが、イケメンってほどでもない。つまりフツメン。
背はやや高くて中肉。特にお洒落でもないが、まあ清潔感はある。
頭は良いし仕事もできる方だと思うが、同期のエースってわけでもない。
口数はそれほど多くなくて、どっちかと言えば草食系っぽいフツーの人だ。ただ、人柄はムチャクチャ良い。優しいだけじゃなく懐が深いって感じがする。
上司や同僚、先輩や後輩からも好かれてる。女性陣からの評価もおおむね高い。
といってモテモテでもなく、女同士で「A君っていい人だよね」と話す程度。
それ以上のイケメンとかヤリチンは別にいるしな。私も互いに新人の頃から知ってて「いい奴だよな」とは思うが、
惚れたり、ましてや付き合ったりしたわけじゃない。
「おまえはそもそも論外の外見だろ」という失礼な憶測は遠慮していただきたい。
女(Bさん)は30代半ばの先輩。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年8月1日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【近親相姦】馬鹿兄妹 いくつめ?【身内】

http://moemoe.homeip.net/view.php/7926 の続き
実の妹に顔射までしてしまった訳だが、あの体験は俺達兄妹の何かを変えてしまった。
ずばり言うと、性的な壁が無くなっちまった。モラルが無くなったというんだろうか。
何よりもこれは家族だから波長が合うのか、誰とやるよりも気持ちよかった訳で。
後はこれを上回るモノは無いって程の背徳感から来る興奮。
妹も俺の指と舌でイカされたことが何よりも恥ずかしく、気持ちよかったらしい。
あれからは気軽に?触ったり、触られたりのまさに馬鹿兄妹になった。
親が居ないときに限ってだけど、本番手前まではやったりしてて、彼女とは違う
ボリュームのある身体を堪能していた。こんな関係になると、妹の軽さがありがたいもんで
これが他人ならなおさらだろうと思っていた。
二人だけだったある晩、恒例の晩酌の後の家庭内ヘルスの日(親不在時のみなので頻繁ではない)。
親が旅行会社のチラシで申し込んだ一泊旅行でお出かけの為に、
今夜は!!みたいなテンションで昼間からすっかり燃えてた俺は、
夜食の時に妹にもガンガン飲ませながら既にその時点で立ってたw
途中かかってきた母親からの電話にも「ゆっくり楽しんできなよ」なんて言いつつ、

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年8月1日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【寝取られ】じゃあ、フェラだけ【寝取り】

昔、友達にとテツマンして
俺初心者だったからハメられたんだろーな。
一人3万ぐらいは全員に負けて、
友達だし、許してくれるかと思ったら
それはそれ、払えんなら彼女で払えだと。
「絶対いやだ」
って言ったら、
「じゃあ、フェラだけ」
という、譲歩になってない譲歩に仕方なくOKしてしまい、
計画としては、五人で飲んで彼女がベロベロになったら、俺が部屋を出ていくっていう算段。
で、飲み会当日
何もしらない彼女はみんなに、手料理振る舞ったりして
俺、自己嫌悪。
んで、みんな分かりやすい位彼女にナレナレしいのなんの
彼女は酒注がれまくって、俺にHELPサイン送ってくるんだけど、

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||

2014年7月31日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】陰毛を剃り落とす【熟女】

妻の陰毛を剃り落とした昔の話です。それは妻が三十二歳の初夏のことでした。
その頃、私の陰阜に毛虫がついのか痒かった。その痒さが性交を通して妻の陰阜にも移ったらしく、妻もやはり痒いという。私は「剃り落とそう…」と云って妻と一緒に風呂場にいきました。当時の風呂は、まだ、五右衛門風呂でした。私の男塊は、妻の恥部を剃り落とす好奇心で弾けそうに固く漲っていました。
風呂場に妻を立たせました。妻は恥ずかしがりましたが、それを慫慂して石鹸を膨らみの丘に泡立てると、その泡が、黒い恥毛に馴染むように、しゅわ、しゅわ、と音を立てて塗り込み、一瞬にして白いスロープが出来上がりました。私は、そこに密生していた黒い林の全部を、皮膚を傷つけないように慎重に反り落としました。その黒い恥毛は剃り落されるのに、三分もかかりませんでした。膨らみの丘に泡立つ石鹸を洗い流した私は、その変わり果てた膨らみの丘に視線が釘付けになっていました。
恥毛がそり落とされたところは青みがかっていましたが、真っ新らで、一点の曇りもない少女のような白い恥丘に変わっていました。その丘はこんもりと盛り上がっていて、真ん中に薄いピンク色の恥裂が割れて走っていました。産毛一本も生えてなく、つるりとしたた美しい少女の陰阜の丘に変身して現れたのです。赤い恥裂は会陰部まで続いているのが見えました。
ツルツルになった膨らみの丘に指を当てて見ました。指先を少し膣口に差し込むと、その恥裂は、もうたっぷりと潤い溢れていましたが、括約筋がいち早く収縮して、そこがいかに女の敏感な部分であるかを教えていたのです。もう少し指を押し込んでみると、狭く小さな膣口は頑固に拒もうとしました。
お尻に手を回して見ると、そこは白く輝く半球形のヒップが、固さの中にも柔らかく膨んでいて、可愛いい少女のお尻のように見えました。妻は、恥じらいながらも、私にそこらを見せてくれました。私は凄く興奮し、男根から液が弾け出そうなのをグット我慢していました。
風呂場から出た私は、妻とともに全裸のままで寝床に横たわりました。妻を仰臥させ両脚を拡げて見ると、少女のような恥毛のない陰阜が、大の字になった妻の太腿の付け根に浮かび上がってきました。その恥部を愛撫し、潤んだそこに、強張った男塊がその花園に吸い込まれていったのです。
剃り落としてから一週間が過ぎていました。妻は膨らみの丘がチクチクするという。仰臥させて白いパンティをづり下げて見ると、その丘一面に約二ミリ程度の黒い芽が頭を出していました。陰毛のない恥裂を拡げてみると、ピンク色の小さな突起が頭を覗かせていました。それが恥毛のない谷間に埋まる女の敏感な蕾なのでした。私は、芽生える恥毛の痛さから、恥骨や陰阜を擦りつけないように肘を立てて、ゆっくりと静かに律動を繰り返し、妻を昂ぶりに誘い込んでいくのでした。
剃り落としてから三週間が過ぎていました。妻は、社内試験の第一関門突破して第一次合格し、気分良く浮き浮きしていました。その夜、その気分に浮かれた妻は、両脚を大きく拡げて応じてくれました。陰毛は五ミリ程度一面に伸びていました。その夜も恥裂を拡げて跳びだした突起を見つめていると、妻の外側の厚い肉襞がぷっくり膨らんできて、そこが、次第に沼地となって濡れて、その沼地に男塊がめり込んでいきました。その夜も、陰毛が多少芽生えてはいるものの、まだ、擦れ合う少しの痛さがあって、恥骨と恥骨を擦らないように腰を浮かせながら、静かな躍動を繰りかえし果てていったのです。
剃り落としてから一ヶ月が過ぎていました。三歳の子供が眠ったのを見届けてから、妻の下着の全部を剥ぎ取って、薄明かりに膨らみの丘を眺望しました。剃り落とした陰毛は、もう一面に黒く生え揃っていました。そのためその夜は、恥骨と恥骨をぴったりと合わせて律動を繰り返しても、陰毛は伸びていて、私はもう芽生える陰毛の痛みは感じませんでした。女は男にされるままにからだを投げ出して、快感の宙を彷徨っているのでした。

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年7月31日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】美容室主催のパーティーで【寝取り】

俺が19の頃つきあっていた女だけど・・・
クリスマスに会おうと言うと
「レゲエのパーティに誘われたからそれに行く」と言われた、
なぁんか嫌な予感がしたんで「誰と・・・?」と聞くと
「いつも髪の毛切って貰ってる美容室の人達」とゆう風に複数でいく
ようだった、それにしてもなにもクリスマスに行かなくてもと言ったが
なんかお世話になったから頭数の為に言ってくるような感じでどうしても
行くような感じだった「女の人(店の人)とかも一緒だから心配しないで」
と言われたので生かせる事にした。
今思うと行かせなければよかったと思う・・・・・・
で、その埋め合わせと言う感じで、クリスマスでもなんでもない26日に
会って、プレゼントなんぞ交換したりして、楽しくやってたんだけど
俺はどうしてもクリスマスのことが気になり聞いてみると「普通に楽しかったよ」
と何もなかった事を伝えてくれた・・・・
・・・・それでその日は一発セックスして帰ったのだが・・・・・

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年7月31日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ