エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【近親相姦】オナニーするかわりに妹の口【身内】

4年くらい前から妹とエッチな事をして遊んでます。
きっかけは妹が5年生の時で一緒に風呂に入ってたのですがイキナリ
「ねね、オニイさーチンチンて大きくなるの??」と聞いてきました。
学校で性教育の授業があったそうです。なるよって答えたら見たいって言われました。
ちょっと困りましたが俺も女のアソコに興味があったのでチャンスかな? と思った。
妹でも女だからね。ガキでも当時の童貞だった俺には貴重な生マンコ。
妹も乗り気だったので話はスンナリと進んだ。チビでツルペタな妹がオナニー
してたとはビックリだったけどね。
それからはオナニーするかわりに妹の口が左手代わり。
妹の指代わりが俺の舌ってでしたね。
まあウチは貧乏なんで2DKの借家なんで部屋は妹と共有なんで暇さえあれば
してたけど挿入はしてません。
中3になった妹は身長170でFカップ(本人談)ですがオッパイの何分の一かは
俺の精液で出来てると思う。
いまでもエッチな事はしますけどね、絶対に妹は入れさせてくれなくて

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年8月13日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【友達】JCのまんこ【セフレ】

俺は東京都M市でバーを経営してる24歳。店柄、客の殆どはやんちゃ好きの常連で、繁忙時で一人では足りないときは、常連客が手伝ってくれたりして、外見とは一転してアットホームな感じで、それなりに繁盛している。
いつものように、昼過ぎから適当に今日の仕込みをしていると、ろくに学校もいかないJCコンビが店にきて、『先輩、涼まして~』とカウンターに居座った。よくあることだから、特に構うことなく仕込みを続けてると、JCコンビが携帯を見ながらクスクス笑い出し、『先輩に面白いもの見せたげよっかァ?』と意味深に絡んできた。『面白くないもんは見せんなよ?どうせお前らの変顔だろ?』と大した期待もせず、適当に言い返すと、『これだよォ!』と目の前に携帯画面を突き出してきた。
ぱっと見、よく見えなかったが、思わず二度見した。画像は、もろアップの『オマンコ』だったから。
『お!なに見せんだよ!もろだな・・お前のか?』と冗談っぽくいうと、『まっさかー』とケタケタ笑いだし、『これね、この間しばいた小林ってやつのだよ』と、もっとよく見ていいよいいながら、このマンコの主について話し出した。聞けば、隣接中学で生意気だから教育した−という話で、❝毛深いと思ったから、穴まで毛が生えたグロいマンコをとちゃおう的な乗りで脱がしたら、思いのほか毛が薄かったからウケた❞と、きゃっきゃ言いながら説明してきた。画像は4枚で動画は全身に隠語を言わせたやつが2つあり、どれもなかなかの出来だった。
『ね、こういうの好きジャン。面白かったでしょ?』と、私たちもたまには役にたつ的な顔で言ってきた。確かにいいもん見たから、『あとあと問題になんないように〆とけよ』と心配してやると、もう言いなりだから平気と、相変わらずのノー天気ぶりで、今度やらせてあげるからと、なかなかよくできた後輩だと関心した。

『そんなの見せっから起っちゃったよ』というと、『いいよ』と2人、顔を赤らめながらカウンターの中に入ってきて、俺のベルトに手をかけた。

『どっちがいい?』
『じゃあ・・・』

結局、聡美をカウンターに座らせてクンニしながら、萌にフェラをさせた。
聡美はアッという間に絶頂。献身的にフェラを続ける萌も手マンで潮。
俺にしてあげると言いながら、先にイッちゃうあたり、子供で可愛い。
その日は開店時間の兼ね合いもあり、俺はイケずじまい。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||

2014年8月9日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】スーパーに行った時のこと【セフレ】

このお話は、私がまだ中学1年生の時の出来事です。
その当時は、買い物のためにスーパーへ行くことが多く日によっては2・3回行くこともありました。
そのスーパーは、当時では2番目に大きく5階建で立派です。現在はショッピングモールができましたので小さな物となってしまいましたが・・・
その日もいつもの様に用事を頼まれたためスーパーへ行くことになり、頼まれたものを探していると1人の女性が声をかけてきました。「すいません、ちょっと気分が悪くなってトイレに行きたいので荷物を持ってもらえませんか?」ふりかえると30歳前くらいでテレビによく出てきそうな感じの綺麗な人でした。私が「大丈夫ですか。誰か呼んでくるか、医務室みたいなところへ行った方がいいんじゃないですか?」と言いましたが、女性は「たまにこんな事があるけど大したことはないから。」と言うのでとりあえず荷物を持つとその女性は「ごめんなさい。トイレまで一緒に来てもらえないですか。」と言うので「じゃあ行きましょう」と言ってトイレまで一緒にいくことになりました。
現在のスーパーやデパートでは男女が同じ階に設置されていて便利ですが、この当時は男女が別々の階にあり、男子用が偶数階で、女性用が奇数階に設置されているため3階まで行かなくてはいけませんでした。トイレの前に来ると「清掃中のため他をご利用ください。」の看板が立っていたのでさらに上の5階まで行く羽目になりました。私は女性の様子が心配になったので「上の階まで行けますか。」と声をかけると女性は「なんとか行けそうです。」と返事があったので急いで5階へ上がりトイレの前まで来ました。そして私は「少し離れたところで待ってますから」と言うと女性は「1人じゃ何かあったら不安だから一緒に入って欲しいけど・・・」といいましたが「それはちょっと出来ないですよ。」と私が言いましたがすぐに女性が「今の時間なら誰も来ないし、わざわざ最上階まで上がって来るようなことは無いと思うから大丈夫よ。もし誰かに見られるようなことがあったら私がちゃんと説明するし、ね、いいでしょお願い。」と、頼みこんできたのでしぶしぶ「じゃあちょっとだけなら」と言いながら女性用トイレに入りました。中に入ると男性用とは何か違った感じがしました。それは小の便器が無く仕切りのついた小部屋のような感じでそれは男性用でいう大便器があるのと同じ造りでした。そして女性が中に入りましたので少し離れようとしたときです。突然、私の腕を掴み小部屋の中へ引き込み扉の鍵を締めたのです!!」
私が「なにするの!!」と言おうとした口に、女性がポケットに持っていたハンカチを押しこみすぐに粘着テープ貼り付け抵抗しようとした私に向かってナイフを取り出し「これ以上暴れると、体のどこに切り傷が入るかわかんないよ。何なら首筋にふかく切り込みを入れようか!」と怖い口調でいうので私は抵抗するのをあきらめました。あきらめたと悟った女性は「いい子にしていたら怪我はしないわ。」と言いながら私が逃げないように両手足に粘着テープをグルグル巻きにしました。
「じゃあじっとしてるのよ。」と言うと女性は私のズボンのベルトを緩めてズボンとパンツをずり下ろしていくと「あらもうチン〇ンの皮は剥けているのね、さわり甲斐があるわ。」というと女性の柔らかい手の感触が私の股間に伝わってきます。そしてムズムズ・ムニュムニュひたすら揉んでいると「あら、なんだか硬くなっているけどなんでかなあ」と言いますが私は口を塞がれているのでなにも言えず、「ウムームフーウムムム」と返事にならないような声を出していると女性が上の服を脱がしはじめていき私の全身をその綺麗な形の唇が這っていきながら舌でなめていくのです。さらに私が「ムフーウムムムン・・・」と声を出していると誰もトイレに来ないことが解ったのか、「ちょっと辛そうだから口のテープと詰め物を出してあげるけど、騒いだらわかってるわよね。と再びナイフを取り出し私の首筋に押し付けてきましたのでわかったという意味で首を縦に2回振りました。すると口に張ったテープを剥がし、ハンカチを出すと今度は「じゃあご褒美よ」とささやくようにいうとその綺麗な形の唇が私の唇にくっついたと同時に舌を入れてきて口の中を犯すかのように絡めてくるのです。私もキスの経験はありませんでしたが、自然と女性の舌を追うように自分の舌を動かし相手の口の中を犯し始めました。手足が動けない分何か仕返しをしてやりたいという気持ちの一心でした。すると、「もっと私のことを気持ちよくさせてよ」と言うと両手を縛っていた粘着テープをナイフで切り取り、女性も服を脱いだのでびっくりすると「あなた女性は初めてでしょ。」と言い私の手を掴むと自分のふくよかな胸をさわらせるように持ってきました。何も言えないでいると、「最初は誰でもとまどうけど恥ずかしいことじゃないわ。」と今まで脅すような口調だった話し方が一変して優しい口調に変わりました。そして女性は、「やさしく揉みながらもう一つのおっぱいの乳首を口でチュパチュパ吸うのよ」と言いながら私の顔を自分の胸に引き寄せ、おっぱいを吸わせてくれました。そうしているうちに女性も段々興奮してきて、「お願い、私のアソコにあなたのおチン〇ンを挿れて」と言って私のチン〇ンをしごきながら私の股間を大きくさせると「今よ、早くきて!!」というので訳もわからず女性のオ〇ンコに挿れてしまいました。
ジュプジュプズコズコそしてとうとう女性の中へ出してしまいました。
ことが終わりしばらくすると、女性は持っていたタオルで全身を綺麗に拭いてくれて「脅かすようなことをしてごめんなさい。最近生活に変化がなくて、気持ちが不安定になったから本当なら誰かを襲って丸裸にしてレイプした後で放置して帰ろうと思ったけど、あなたの私に対する気持ちがなんとなく伝わってきたから気持ちが変わったわ。」と言うと最後に私にキスをすると、「さようなら、気をつけて帰ってね。ありがとう。」と言っておじぎをするとその場を去って行きました。
これが私の初体験であり人助けをしたのだなあとあのスーパーを見ると今でもその時の出来事を思い出します。
以上長々と書きましたがこれで私の体験談を終わります。

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年8月8日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】修学旅行で女子生徒と【セフレ】

16修学旅行で女子生徒と削除依頼
投稿者:(無名) 2008/12/02 10:40:55(5JNlJEuf)
投稿削除

中学の修学旅行で教師の私は生徒と風呂に入ったのですが、男子生徒が「先生のちんぽが凄いデカい」と女子生徒に余計な事言触らしたせいで女子生徒から「先生の見せて」としつこくせがまれたので仕方なく見せてやることにしました。
男子や他の教師には絶対に内緒と硬く口止めして5人の生徒の前でパンツを下ろすと「凄い超おっきんだけど」「ねぇ〇〇君の倍くらいない?」など可愛いらしい容姿とは裏腹に凄い会話を始め「勃ったらもっと大きいんじゃ?」と1人の生徒が咥え始めました。「コラ!見せるだけだろ」といいながらも内心かなり興奮してしまいました。「先生気持ちいい?」「真〇美の咥えてる顔えっちくない?」「私も先生の舐めたい」など下心でどんな顔するか見るつもりがまさかこんな展開になるとは予想外でした。アソコに3人の生徒が交代で咥え後2人はオナニーしながら行為を見ている中私のアソコは完全に勃起してしまいました。「ちょっと先生の超ヤバくない?デカ過ぎなんだけど」「ホントだ~もうギンギンだよ」「凄~い先生デカちんだね」とキャーキャー言いながら私のアソコ釘付けになっていました。その内「先生の入れたい」と1人が脱ぎ始めると「先生ちょうだい」ともう1人も脱ぎ尻を突出してきました。私もどうにでもなれと生徒を交互に突きました。2人の生徒と私の行為を見て我慢できなくなった生徒が加わり4Pに。後の2人はオナニーに夢中でした。日頃先生先生と慕う生徒との行為は異常な快楽でかなり興奮して頭は真っ白になって突きまくってました。「先生激し過ぎいだよ」「先生の太くて凄いの」「ダメ~壊れちゃう~」と喘ぎまくる3人とグチュグチュ息を荒立てオナニーする2人の生徒。1人の生徒に中出してしまった後は口に出してあげました。「出るっ」と言うと全員が雛鳥のように口を開け両手を添えて私の射精を待つ中溜まっていた私の精子は勢いよくとび顔射に。教え子達のあまりのエロさには驚きました。結局女性教師にバレてしまったのですが、口止めとしてセックスをし何とか他の教師に知られずにすみました。ちなみにその女性教師が今の妻です(笑)

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年8月7日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】友達の娘と‥【セフレ】

友達の子に13才の女の子がいる。俺の事をおにいちゃんと呼んで、よくなついている。
みんなで飲んでいると、まだ膝の上に座ってくる。先日の宴会の時もあぐらをかいて座っている俺の足の間に、まだ小さいお尻をのせてきた。いつもと違うのは俺には話しかけてこなくて、無視をしている。そのうちにメグ(仮名)がお尻を、周囲に気付かれない様に小刻に動かし始めた。お尻の割れ目が俺のチンポを擦るように動かしている。スカートの中のパンティを直接擦り付けている。チンポはすっかり勃起して、メグのおまんこをパンティ越しに刺激している筈だが、メグは相変わらず無視。と、突然振り返り
「おにいちゃんコンビニに行こう」
と言い出して、驚いて黙っている俺の手を掴んで立ち上がると歩き出そうとした。
「じゃあ、行ってくるよ」
仲間にそう言うと二人で家を出て歩き始めた。外は夕方から、夜に変わっている。
「おにいちゃん、メグに感じた?」
家から離れるといきなり尋ねてきた。
「びっくりしたよ。でも、どうしてあんな事をしたの?」
俺が聞き返すと、メグは
「エッチな事に興味があるの。だからおにいちゃんに教えて欲しいの」
「俺で良ければ教えてあげるけど‥」
「おにいちゃんのおちんちんがごりごりして気持良かった。凄く感じた!」
コンビニには行かずに近所の公園に向かった。少し木の陰になっているベンチに並んで座る。「それでメグは感じたらどうなった?」
「あそこが熱くなって、いっぱい擦り付けちゃった」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年8月7日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】近所の女の子【セフレ】

俺の名前は、悠里。女の子の名前はソラ。
土砂降りの雨の中を帰っている途中、公園を見かけたので、公園に入っていった。
しばらく公園の屋根の下で雨宿りをすることにした。
するとそこへ女の子・ソラが来た。
「お兄さん、私も雨宿りしていい?」と聞いてきた。
「いいよ!君は何年生?」
「私?私は中学1年生。おにいさんは?」
「俺は高校1年生。中学一年生ぐらいだったらセックスとか知ってる?」
俺はふざけてそう聞いてみた。
したら、びっくりするぐらいの言葉が返ってきた。
「なにそれ?教えて!クラスの男の子が言ってたんだけど、わからないんだ!」

エロ体験談検索用タグ

||||

2014年8月6日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ヒマワリ【セフレ】

<>251 名前:花咲か名無しさん[sage] 投稿日:2010/09/20(月) 14:54:02 ID:/dfG28oK<>

去年の夏に隣の家の女の子がヒマワリ育ててた。
自由研究にするって言って、園芸が趣味の祖母と一緒に夏休み前から準備してたみたい。
それが咲いてから数日で盗まれた。
盗まれた数日後に、近所でその女の子と思われる叫び声が聞こえたんだ。
びっくりして家から飛び出すと、隣からその子の父親も飛び出してきた。
父親が「こっちです」って言うからついていったら、近所の家の門で婆さんと女の子が言い争ってた。
そばには見覚えのあるヒマワリがあって、鉢の名前が書いてあったところは雑に塗り潰されてた。
婆さんは「証拠でもあるの!?」と開き直って手に負えないし、不法侵入で訴えるとまで言ってた。
そこで父親が「ちょっと鉢の裏を見せてもらっていいですか?」って聞いた。
婆さんは、怒ってるところに変なことを聞かれたせいか困惑。俺も困惑。女の子だけ「あっ」って顔してた。
父親は、婆さんの返事も待たずに鉢を持ち上げ、俺に裏を見てほしいと言った。
裏を見てみたら女の子の名前が書いてあった。
婆さん慌てて何かを言おうとしてるが、言葉になってない。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||

2014年8月6日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】妻の恥ずかしいカラダと少年 4【熟女】

ついにセックス解禁日
仕事の休みを取り、ドライブに出掛けることにした。
性欲の塊のようになってしまった彼女も、
今日こそはセックスが出来ると、
普段より積極的に私の命令に従った。
ノーブラノーパンに黒い乳首が透けない程度のブラウスと短めのスカートを履かせた彼女を助手席に乗せ出発。
人の少なそうな郊外に車を走らせた。
腕と脚の毛は普段の生活のなかで目にすることがあったが、
横目に見えるスラリと伸びた真っ白い毛深い脚に興奮した。
昼食に立ち寄ったレストランで向かい合わせに座り、人目を盗んで胸を露出させるよう指示した。
二ヶ月ぶりに目にする卑猥な乳輪、
しかも誰に見られてもおかしくないシチュエーションに胸が高鳴った。
店員や他の客にばれない様にコソコソとボタンを外す彼女。
チラリと見える谷間には、濃い産毛がみっしりと生え揃っていた。
そして露わとなった乳房も産毛で覆われ、

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年8月4日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】少女の花びら ⑧【セフレ】

『 第八章  裏名milk小学校 』

“グッチャ ズイクッチャ グッチャ ズイクッチャ”と授業中の女子トイレから
肉と肉が擦れるイヤらいし音がする
俺は夏季制服に衣替えした裕子がたまらなくなり女子トイレに連れ込んで
バックでセックスをしている最中だ
裕子のスカートを捲り上げ小さく可愛いお尻を掴んで引き寄せ
「今日は熊の絵があるパンツだな たまらねぇなぁ 」
裕子は瞳を”トロリ”させて振り向き「だって 先生 絵柄のパンツ好きでしょ」
超ロリ好きの俺はアニメ柄入りのパンティを見ると興奮が高まり裕子の膣内で
肉棒が”ビックンビックン”と鼓動しながら更に強大化して行く
裕子の発達途中の膣内口を引き裂くように時々”ズッキッビリ”と鈍い音がする
純白シャツの上から乳房を揉み回しながら「最近 裕子ちゃんのオッパイは
また大きく成ったな 先生が揉んでいるからかな」
「そう ママが大きいから裕子も うっ そこそこ 先生そこよ ああん」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年8月4日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】アレから一年【身内】

アレから一年投稿者:従兄だからなぁ投稿日:7月17日(日) 14時58分00秒
去年の夏俺のマンションに中○1年の従妹の小絵が遊びに来た。日曜の夕方
だったのだが小絵は制服で来て聞くとクラブ活動の帰りだという。
少し見ないうちに女っぽくなった小絵と話をしたりゲームをしたりしている
うちに短いスカートから見える下着に気ずいて
「小絵、パンツ丸見えだぞ」
と言うと小絵は奥せずに
「やだぁ〜でもお兄ちゃん小絵のでも起つ?」
俺はビックリした。まさかそんな事口にされるとは思っていないので
「バカ。でも小絵くらい美人ならおにいちゃんだってな・・男だから」
すると突然小絵は俺に抱きつき自分からキスしてきた。俺の中はパニックだ
が何とか冷静になろうと葛藤した。
「お兄ちゃんに小絵を大人にして欲しくてきたの。ホントはクラブ活動の帰
りもうそ。このほうがお兄ちゃんがその気になるかなって思って・・・」
小絵の真剣な心を聞いて俺も一度きりの事と思いそのまま小絵と唇を重ね制

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年8月4日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

このページの先頭へ