エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【寝取られ】嫁が俺の会社の先輩に、デートの練習をした4 【寝取り】

嫁のまさみが、俺の会社の先輩の長田さんとデートの練習をした…… 俺の家で、長田さんと俺の家族で食事をしているときに、話しの行きがかり上、まさみが長田さんに女の子の紹介をする事になった兼ね合いからだ。
 そして、二度目のデートの練習をしたときに、嫁は長田さんとラブホテルに入り、不注意でキスをしてしまった。そのことがきっかけで、俺に寝取られ性癖のようなものが目覚めてしまい、まさみと長田さんに関係を持たせることにした。それは、後悔を上回る、強烈な刺激だった……
 まさみは俺の指示で、俺に言われて仕方なく長田さんと関係を持ったはずだが、隠し持たせたボイスレコーダーに録音されていた音声は、楽しそうにすら聞こえた。そして、その日を境に、まさみは変わった……

 今日は、正直に性癖を打ち明けた俺のお願いを聞いてくれた長田さんが、自宅でまさみを抱いた。俺は、その様子を隠しカメラで撮影をした。夜中にベッドを抜け出して、その隠し撮り動画を見ている俺。それは、地獄でもあり、天国でもあった。
 
 動画の中でまさみは、長田さんの大きすぎるペニスを口で含むと、そのまま口でイカせた上に、出されたものを飲み込んだ。それは、俺もしてもらったことがないことだった。
 俺しか男を知らなかったまさみは、人見知りで恥ずかしがりだった。それが、長田さんとこういう関係になって以来、かなり積極的になっていた。でも、まさかこんなにも積極的に長田さんを誘惑するとは思っていなかったし、いまだに信じられない。

 動画の中では、あっさりと長田さんの精液を飲み込んだまさみに、
「の、飲んだんですか!?」
と、長田さんが驚いて言った。
『だってぇ、、 いっぱいすぎて、息出来なかったから、、、』
まさみが、ちょっと動揺した感じでそう言うと、長田さんは申し訳なさそうに言った。
「ホントにゴメンなさい…… あぁ、今うがい、水持ってきます!」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年8月8日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】綾香のオシッコお漏らし【セフレ】

報告します。
綾香、また、オシッコをお漏らししてきました。
今、綾香は、前に来たインターネットカフェに来て書き込みしています。
今日の服装は、もちろん、ミニスカノーパンでパイパンのワレメはオシッコの匂いで臭くなっています。
最初の告白の場所は、行った事のない無人駅。そのときの服装は、グレー色のレギンスを直穿きして上は普通のTシャツを着ていました。
平日の夜9時くらいでした。待合室には綾香一人。しばらくオシッコを我慢していたので限界に来ていました。
特急の通過するアナウンスが流れてきました。綾香はホームに出ました。電車が来るほうにお尻を向けて大きく足を開き後ろに突き出すように立ちました。電車が近づいてきました。綾香は我慢していたオシッコをお漏らししました。
綾香がオシッコをお漏らししている後ろを通過する電車。乗客に見られているはずです。恥ずかしいけど気持ちいいのです。
電車が通り過ぎてもしばらくオシッコは滴り落ちていました。やっとオシッコが止まると綾香はそのままの格好で待合室に戻りました。綾香は、椅子の上に置いてあるバックの中から、ミニスカートと黒のニーハイソックス、それに、ピンク色のTバックのパンティーを取り出しその場で着替えました。綾香は利尿剤と大量のお水を飲んでいるので一時間もすればまたオシッコがしたくなるはずです。後、1時間半くらいで各駅停車の電車が入ってきます。綾香は、いったん車に戻りました。荷物を車に置き、駅から離れたところの公園に歩いていきました。20分くらい歩いてようやく付きました。
当然、誰もいません。綾香は入り口のところでTバックのパンティー脱いで入り口の門柱の上に置きました。少し歩いたところのベンチのところでミニスカートを脱ぎベンチの上に置きました。これで、綾香の下半身はソックスと靴だけしか穿いていません。パイパンのワレメもお尻も丸見えです。綾香は、そんな格好のまま入り口の反対側にあった出口のところの自販機でジュースを買いました。車も人も誰も通りませんでした。綾香はジュースを飲みながら公園に入りました。ブランコに乗ったりジャングルジムに登ったりして時間をつぶしていました。その間、公園の前をタクシーが一台通っただけでした。
綾香は、オシッコがしたくなってきたのでミニスカートとTバックのパンティーを穿き駅に向かい歩き出しました。
すると、さっきのタクシーとすれ違いましたが気にもしないでそのまま歩いていました。
電車が到着する10分前に駅に着きました。待合室に入るとお酒の匂いがしてきました。椅子に横になっているサラリーマンのおじさんが寝ていました。さっきのタクシーに乗っていた人だと思います。たぶん。次の電車が最終なのでこれに乗らないと帰れません。綾香は待合室の外に立っていました。電車が入るアナウンスが流れてきました。おじさんはそれを聞いて起き上がりホームへ出て行きました。綾香はその後を気付かれない様に着いていきました。電車が到着し扉が開くとおじさんはよろよろと入っていきました。電車からは誰も降りてきませんでした。おじさんは入り口の向かいの席に座っていました。綾香のほうを向いて座っていたので綾香が立っているのが見えている筈です。車掌さんが電車に乗りドアが閉まりました。綾香は足を大きく開いて立ち、スカートを捲り上げました。当然、おじさんはびっくりした顔で見ていました。綾香はオシッコをお漏らししました。
Tバックのパンティーからはオシッコがすごい勢いで滴り落ちています。おじさんは扉の窓ガラスのところに張り付くようにして見ていました。電車がゆっくりと走り出したとき、綾香はTバックのパンティーを膝の所まで下ろし、パイパンのワレメからオシッコが噴出すところを見てもらいました。おじさんはずうっと見ていました。電車が離れていくとオシッコも止まりました。綾香はTバックのパンティーをその場に脱ぎ捨てて車に戻りました。車の中で綾香は、クリトリスを擦りながらオマンコの穴に指を出し入れしてオナニーをしました。何回もアクメに達してしまいました。これが最初の告白です。
次の告白は、行ったことのない公園です。平日だったのでほとんど誰もいませんでした。でも、砂場には小さい子供が二人ほど遊んでいました。周りには大人はいませんでした。綾香は、砂場の横にあったベンチに座りました。この日の服装は、フレアーのミニスカート、Tバックのパンティー、ニーハイソックスという格好でした。当然、オシッコも限界になるほど我慢した状態でした。この公園にはトイレがありませんでした。綾香はモジモジしながら子供たちに近づきました。子供たちの前でしゃがみ込み子供たちにトイレがないか聞きました。当然、綾香のスカートの中は子供たちからは丸見えでした。子供たちは明らかにスカートの中を見ていました。「ここにトイレはないよ。」一人の子供が答えてくれました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年8月8日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】義理姉と姪【身内】

26:1[sage]:2009/10/19(月)18:57:360
スレ違いだが、報告者が来るまでの暇つぶし程度に。

兄とは結構年が離れていて、俺が18の頃には兄は結婚をしていて11歳になる姪がいた。
揉め事も無く仲良く姪っ子を可愛がっていたつもりだった。
兄嫁は、それが気に入らなかったのか、小学校高学年の娘と18の高校生が遊ぶのに危機感を覚えたのか、トンでもない事をやらかした。

ある休みの日に外から帰ると、家族が神妙な面持ちで居間に揃っていた。
何かあったのかと思うと、姉が物凄い形相で所謂ロリ系雑誌やDVDをばら撒いて罵詈雑言の嵐。
「弟君の部屋を掃除していたら見つけた。怪しいと思っていたけど、こんな物を見ている人と娘を一緒に遊ばせるなんて出来ない」
正直、俺も人並みに女性に興味はあったわけだから、自分の部屋のPCの中にはエロ画像が幾らかあるのは否定できないが、ロリ系の画像やDVD、ましてや雑誌なんて身に覚えがない。
幾ら説明しても
「変態、基地外、犯罪者」
の一点張りで、取り付く島も無い。
兄や両親に助けを求めようとしても兄嫁を信じているのか、こちらの言い分には一切聞く耳を持たなかった。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2014年8月8日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【友達】す・・す・・好きなんです・・・7【セフレ】

「…あけたいの?」
「・・・・・・うん・・・」
「…いいよ…っ。」
「・・・うん。」
 ドキドキドキ・・。
 こ…、こんな、向かい合って座ったまま…、行動…するのは、
かなり…恥ずかしい…かも。
大ちゃん、だし…。
  でも…。
 ドキドキドキ・・。
 な、なんだか、上手く動かせなくなってしまった、右手を、
大ちゃんの、ズボンの…上に…のせる。
 ドキドキドキ・・。
 ボタンをはずして。
 ・・・ジッパーも・・・。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2014年8月8日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【近親相姦】妹にプチサポ【身内】

<>248名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2006/12/22(金)17:29:32ID:FI6ujo220<>
妹に見られた挙句、「ちょww変態ww」と罵られたので
「円光とかするよりマシだろ!」と言ったら
「円光じゃないし・・・」と凹まれた。。。
えーと、うちの妹は何してるんでしょうか?
怖くて聞けない・・・orz

<>315名前:248[sage]投稿日:2006/12/27(水)14:45:19ID:X9m1TpFY0<>
えーと手こきやフェラは円光じゃないそうです。
軽実とかプチサポって言うらしいです・・orz

<>316名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2006/12/27(水)15:45:06ID:zrNQjeG40<>
315

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年8月7日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦体験談

【人妻】計画的混浴〜2〜【熟女】

これから目の前で夢にまで見た妄想が現実のものとして、妻が男二人によって弄ばれようとしている。
それを考えると私の男根も徐々に固さを取り戻し、無意識の内にそっと手を添えていた。
洗い場へ向かっている三人を見ると、まさに二匹のゴリラに捕まった全裸の女といった感じだった。
日に焼けた筋骨逞しい二人の男、足から続いている毛は尻全体をも覆い尽くし、
その二人の黒さとは対象的に、色白の背の低い妻の素肌が、ピンク色に染め上げられている。

歩く度に妻の大きく張った乳房がゆらゆらと揺れ、その動きに合わせ、
二人の天を突く程に固く勃起した男根もメトロノームがごときに歩調を合わせ、
右に左に大きく揺れていた。
洗い場に着くと、妻を立たせたまま私の方へ裸体を向け、手にボディーシャンプーをたっぷり付けると、
一人は立ったまま、一人は床に胡座をかいて、上と下を同時に洗い出した。
妻の体に艶かしく男の4本の手が絡みつく。
上の方では、既に妻の隠した胸の手が外され、たわわに実った左右の乳房が大きな毛だらけの
手によって優しく包まれている。
下のほうでは、男の手が足の先から徐々に太股へ撫で回すように登っている。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年8月6日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】年下の嫁に偶然を装って元カレを近づけた2 【寝取り】

ほんの偶然から知り合った、嫁の美月の元カレの前田さん。けしてイケメンではないですが、どことなく僕に似ていました。
前田さんの口から、美月のファーストキスや、ロストバージンの話を聞き、おまけに当時の画像や動画まで見せてもらいました。

そこで持った僕の感想は、実は僕は前田さんの代用品なのではないかというものでした。
でも、その後で嫉妬と興奮にまみれながら美月のことを激しく抱き、抱き終わったあとの美月のリアクションで、それは僕の考えすぎだと思うことが出来ました。

そして、子作りも本格的に始めて、今まで以上に美月との仲も良くなっていたある日、前田さんからメールが来ました。
あれ以来、避けているわけではないですが、何となくクライミングジムにも足が遠のき、前田さんとは会っていませんでした。

前田さんから来たメールは、美月のメールを転送してくれたメールでした。
”マー君、元気ですか? この前は、ひどい事言ってゴメンなさい。もう一度会って、ちゃんとお話ししたいです。言いたいことが、いっぱいあります。もう一回、会ってくれませんか?”
と言うような内容でした。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年8月6日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】私を罵って【セフレ】

着ているもん全部脱いで、やらしいおまんこ見せな
わかりました
服を全て脱いで足を開きます。
もうおまんこは濡れてるか?
どこ触りたいか言ってみな。
変態のゆき!
ゆきのいやらしいところは期待で濡れてしまいました。
ああ、恥ずかしい。ゆきのはしたなく濡れたおまんこ触らせて下さい。
指を二本にして入れられるだけ奥まで、もっと奥まで、と指を挿れ、ゆっくりと引き抜くと蜜が絡まった指を音をたててしゃぶってみせてみな
あ、ああっ、ごめんなさい。ゆきまだ処女なんです。
怖くて2本入れられませんでした…
1本で許して下さい。
ゆきの処女まんこに簡単に指が入っていきます。
中きゅうきゅう締め付けてくる。
ゆっくり抜くのゾクゾクします。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||

2014年8月6日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】す・・す・・好きなんです・・・5【セフレ】

 何度も、何度も、…何度も、出会いを重ねる。
 逢わずになんて、いられない。
「・・・・・はぁぁぁぁぁ・・・・・」
 出会いを重ねている間、…私、どうやって、呼吸してたんだろう…。
大ちゃんも、こう、なったり、するのかな…?
・・・あぁ、チカラが、入らない・・・。
「キス、好きなの?」
「・・・うん・・・。」
「いっぱい、してるね。」
「・・・だって、したいの・・・。
 好き・・・だから・・・。」
「…大ちゃんのこと…、好き…だから…。」
「…俺だって、好きだよ…っ。」
 ぎゅぅぅぅぅって、してくれる。
…チカラ強く、抱いてくれる。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2014年8月6日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】見られる事に興奮する私【熟女】

最近、平凡な生活に溜め息が出る。
子供も高校生になり、全くと言っていい程、手が掛らない。
小さい頃からスポ少とか、部活の応援にと忙しい休日を送っていたが、
今では、親の出番無・・・。
夫は仕事人間で、休日も会社に行く事が多く、夜の営みは随分前に無くなっていました。
私は、今年40歳になります。
顔は、普通・スタイルは最近ちょっと下半身が太くなり始め、ムチムチです。胸はEカップ程
あり、男性から見ればエッチな体に見えるかも知れません。
そんな私も、最近ちょっと目覚めた事があるんです。
もう、20年務める会社(けっこう大手、従業員500人程)で事務職をしています。
昼休みには、食堂は多くの人で賑わいます。
私は、昔ながらのメンバーといつもの決まった席に着き昼食を楽しみます。
前は、何も気にする事は無かったんですが、平凡な生活に飽きが来ていた事と、夫との冷めた生活で
欲求が溜まっていたのかも知れませんが、数人の男性社員の目線が気になりました。
男性達は、ちょこちょこ私の方を見ている様に感じたんです。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年8月6日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ