エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【人妻】妻が息子を【熟女】

私は34歳、妻は30歳、息子は7歳で小学1年生です。
私たち一家は仲良く平和な充実した日々を送っていた。ある日私は仕事が早く終わり家族を驚かそうと連絡せず帰り家のドアを静かに開けると中から息子が泣いていたので急いでリビングに行くと妻が何と息子のズボンとパンツを下ろしチンコを口に咥えてた。
息子は「やめて、ママ」と嫌がっていたものの妻は一向にやめようとせず妻は自分の上を脱ぐと息子の顔を持ち自分の胸に近づけると無理矢理に舐めさせた。
妻は片手で息子の顔を持ちもう片手で息子のチンコを扱き始めた。
息子は「あ~あ何か出る」と息子が言うと妻は口を近づけそのまま扱いているとやがて射精した。
妻はそれを全部飲んだ。
妻は自分の穿いてるスカートとパンツを脱ぎマンコを息子の顔に近づけて「舐めて頂戴」と言うと息子は怯えながらうなづき舐め出した。
妻は69の体制になり息子のチンコを舐めると息子もマンコを舐めていた。
やがて息子はまた射精して妻もそれを全部飲んだ。
妻も愛液を出し息子に全部飲ませた。
妻は夢中になっていて私の存在に気づいていない様子だった。
妻は息子のチンコにマンコを挿入し揺らし始めた。
妻は「あ~あ~」と喘ぎ声を出し楽しんでいました。
私は流石に見てれなくなり「何してるんだ」と出て行った。
妻は「あら早かったのね」と妻が言ってきた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年9月19日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】中2男の子【熟女】

ぼくホモなんです~
ぼくのアナルほじってください~
浣腸もしてください~
ちんこもいぢって~
ghostreacon-future-soldier2452アットエーユーあああいく~

ああ~

ああ~

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月18日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻と友人3Pとカーセックス、とうとう露出まで【熟女】

僕の嫁は多分普通の人よりエッチでセックスに対して無頓着でヌードや
性器をむき出しにした写真でも平気で撮らせてくれて、
嫁とも気の合った友達が飲みにきて、酔って泊まった時に、隣の布団に
友達が寝ていても、セックスを誘うと、まあ多少は嫌がったけどそれでもさせてくれて
気持ち良くなってくるともう他人がいることも気にせず布団がはずれて丸見えになっても
気にせずただ自分がエクスタシー状態になる事だけ考えしがみつき腰を振ります
友達も気がつかない訳ありませんから、ちらちら見ていましたが、途中からはずけずけと起き上がり
僕と嫁の股の間の方から、じっくり覗き込んでいました。
僕も前から妻を他人に抱いてもらい、へりから妻が絶頂を感じる姿を見たいと思っていましたから
この機会にと、妻が絶頂に達しまだ喘いでいる時、友人に目配せすると
察しもよく、興奮しきってる訳であっと言う間に裸になり、妻にとびかかってゆきました。
妻としては何が何だか分からないうちにまた熱くがちがちの物を突っ込まれ
女の体の創りか精神構造の創りか知らないけどオルガニズムの波に飲み込まれる様に
友達にしがみついて下から腰を突き上げている、それまでも仲も良かったけれどキスまでしながら
絶頂を迎えている嫁は、興奮と嫉妬とごちゃ混ぜになった頭で、僕は今までに無いほど勃起していました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年9月18日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】清楚な妻を他人に【熟女】

妻は某国立大学声楽家科出身の現在専業主婦です。身長160㎝小柄な美人です。体型は、胸はちょっと小さ目ですが形のいいバストそして、くびれたウエスト、形の良いヒップ、まだ出産していない体は20代前半です。でも年齢は現在32才の清楚な妻です。
妻は落ち着きのあり、また品のあるお嬢様タイプです。
妻の現代の趣味はエステとかスポーツジムで体を整えることに特に熱中しています。
手入れがいいのか肌は白く、みずみずしく、肌は20代前半の張りがあります。
いまでも、渋谷などでは、よく男性に声をかけられたり、モデルの誘いなどあるそうです。
専業主婦なので、昼間は、生け花教室、マナー教室、ヨガ教室などに通っています。
やはり、外に出る回数が多いので化粧とか、肌の手入れなど非常に敏感です。
そして、私が特にすごいなーと思ってるのが、言葉遣いです、発音とかしゃべり方が綺麗で、家柄なのでしょうか、あのゆっくりと品のあるしゃっべり方で話されると、私もつい丁寧語になってしまいます。また今、はやりの短縮系の言葉などは一切使ったこのとがないので、清楚な感じが言葉からもにじみ出てきます。
自慢かもしれませんが、ヨガに通ってるおかげで、体は柔らかく、その柔らかさがさらに女性らしさを醸し出してると思います。
ただ、逆に美人でスキが無いように見えたりするので、昔から特に同年代からは敬遠され、年上の人しか声がかけられなかったそうです。
だから、私がゲット出来たんだと思うし。私自身、同年代だったら、絶対、声なんかかけられなかったと思います。
申し遅れましたが、私は現在47才(会社経営)です。
30代前半、趣味で巣鴨にある有名な性感マッサージのところで、3年位修行させて頂いた経験があります、その時、そこに来る女性は不感症の方が多く特に真剣に悩んでる方々でした。、その女性達を逝かす事が出来たとき、たいへん感激したことを覚えています。
そして、女性は調教すると、変わるし、開発すれば体全体を性感にすることも可能なのがわかり。また何人もの女性が、局部以外でも逝ってしまうのをこの目で確認しました。
いまは、この時の経験を由香に生かし、完璧な女性にしたいと思ってます。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月18日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】30代女性は狙い目なのか?【セフレ】

ためになったので週刊SPA!から転載します。

 ※著作権的に問題があれば削除してください

若い子もいいけどやっぱ30代からの女性も
性に貪欲でエロくていいですよね。
人妻もかんたんにエッチできますし。

”女性も30歳ともなると、社会経験も積んで、
個性が前面に出てくる年齢だが、
なかには「一体、何があったの!?」と
ツッコみたくなるような不思議な迷走を

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|

2014年9月17日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】長期出張【熟女】

私と妻は、もうすぐ結婚10年の30代後半のディンクス夫婦です。
私は、移転集約した某地方支店の開設サポートとして、結婚後初めての約1ヶ月長期出張にでかけ、昨日やっと帰宅したのでした。
毎日、メールのやり取りをしていたというのに、9時過ぎに帰宅し、玄関先で見た妻の顔にドキドキしてしまった。
長期出張から帰った私に妻は、お風呂を勧めてくれた。
久しぶりの我が家の風呂。とても気持ちがよいものである。
ふと、脱衣所で人の気配がしたので、声を掛けると、
「湯加減はどう?」と、いつもそんな事を聞く事のない妻がいった。
そして、なにやらごそごそしてから出て行った。
私は冗談半分で「一緒に入るか?」と声をかけた。
すると「準備があるからさきにはいったから。」という返事。
何のことやらわからないが、私は気にもせず風呂を堪能した。
風呂をでて、バスタオルを取ろうとすると、メモがあった。
”あなた おかえりなさい。寝室でまってます。”
私は、ゴクッとつばを飲み込んでしまった。
脱衣かごをよく見ると、さっきまで妻が着ていたTシャツ・ブラジャー・パンティがあるではないか。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年9月17日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】どうしよう 俺【熟女】

まぁ現在進行形の話なんですが…
自己紹介など…
俺、48才 地方の商社の中間管理職。仕事はデスクワーク2/3 外回り1/3って感じです。
妻、43才 パートで会計事務所に月曜日から水曜日まで基本働いている。隔週で木曜日まで働くことがある。
事の発端は、部下が風邪で休んでしまいまして彼の担当する所のご用聞き+納品に行くことになった時の話で…
出社して一通り事務を片づけて品物を営業車に入れて納品先に向かいました。まず地元のお得様に荷物を配達し隣の市のお得意様に行きました。
隣の市と言っても県外でして私は国道をひた走りました。
俺、F市に向かって片側二車線の道路の左側を走っています。軽く右側を追い越す軽自動車…
車種・色とも見なれたもの、「妻の車と同じだ」と軽く思っていました。
ふとナンバーを見ると妻の軽と同じ…「あれ~A子だ」とつぶやきました。
今日は木曜日だがパートが無い週、私はF市に買い物でも行くのかな思いました。
道路は市街地に入りました。私はいたずら心が出て「どこに行くんだろ」とついて行けるところまでついていこうと思いました。気分は尾行する刑事気分!
この行動、不幸の始まりました…涙。
妻の車は国道と高速IC交わる付近を走っています。
近くには大きなショッピングセンターがあります。妻はそこに行くのかな?と思いました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月17日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】最初のセックスの時、嫁は26だった。【熟女】

最初のセックスの時、嫁は26だった。
マジメそうな女だったが年齢的にも処女ではないと思ってた。
初体験のとき確かに初々しかったが、出血もなく多少の経験はあったんだろう。
嫁の過去については無関心を装った。
本当は気になっていたが、聞くのも男らしくないと思った。
あれから10年、今も仲良く暮らしている。
子供も2人生まれた。嫁は気立ての良いしっかり者で
特に不満もないが、さすがに夫婦生活はマンエリ化していた。
そんなある日、何年かぶりに2人でラブホテルに行く機会があった。
珍しく子供がいない2人きりの状況になったことで、
今思うと私も嫁も少々ハイになっていたようだ。
とはいえ今更甘い言葉を言う気分にもなれず、
かわりに『昔はおれ以外の男と、よくこんなところに来てたんじゃないの?』などと、
普段なら絶対に言わないようなことを聞いてしまった。
すると嫁も、『そんなに何度も来たわけじゃないけど。。』と、思いもよらず告白モードに突入。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2014年9月16日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】先輩のお母さん【熟女】

僕の初体験、今年の夏です。相手は高校の先輩のお母さんでした。僕はまだ、高校3年生で、別の社会人となっている友達と飲みに行っていた時、街でバッタリであったのです。
 先輩のお母さんなので、高校生で飲みに行っていることが、先輩(卒業し、現在は大学生)の耳に入ると恐ろしくて、どうしょうかと思いました。
 でも、「黙っていてあげるから、今日は一緒にどう」の誘いに、2次会のカラオケに同行しました。
 先輩のお母さんと女友達5人にカラオケへ連行されました。
 友達のお母さんは42歳ですが、色っぽく、大変おしゃれでした。一緒に居た女性からはカラオケでは「若いってえいね」と大変羨ましがられました。
 カラオケでは友達のお母さんはあまり、歌わず、話しばっかりです。話しをしている時、横でぴったり座っている先輩のお母さんの手が伸びてきて、テーブルの下で僕の手を軽く握りました。
 びっくりしましたが、僕も回りにきづかれないよう握り返しました。(その時、僕のチンポはもうカチカチになっていましたが、気づかれないように腰を引いていました)
 二人がこっそりといちゃついていることは、みんな会話やカラオケに夢中だったので、あまり気づかれなかったようです。
 0時をまわり、いよいよ解散となったので、店を出ました。でも二人がいちゃついていることに気づいたお母さんの友達が、寄ってきて「私もこんな若〜い彼氏がほしいわー」と皆の前で僕に抱きついてきました。
 その時、ふと手が伸びカチカチになった下半身をわからないように握られました。(いい気分でした)
「仲良く」と羨望の眼差しで見送られ、皆、次々とタクシーに乗り、僕と友達のお母さんだけが、取り残されたように二人きりになりました。
 少し腕を組んで一緒に歩きました。
 肘にオッパイの感触を感じました。ビルの陰に隠れた時、少し酔ったせいもあって我慢できなくなり、お母さんをビルの陰に引っ張り、抱きつきました(無意識にかちかちになった下半身を押し付けていたかもしれません)
 その時、お母さんが、「おばさんだから、ダメよ、まだ高校生でしょう」と断わられたので、「シュン」としたところ、しばらくして、「○○君童貞?」とか「彼女は?」とかいろいろ質問されました。
 そのうち先輩のお母さんから「ちょっと酔い覚ましていかないとやばいでしょう」といわれ、いつの間にか、ホテルに入り込んでしまいました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年9月16日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】金髪美人の妻が浣腸された【熟女】

4ヶ月前、日本の友人からメールが入り、「会社の先輩の斉藤(仮名)さんがアメリカへ行くから観光案内してくれ」と頼まれ、それから2週間後に斉藤さんが到着しました。
ちょうど妻のジェニーも予定が空いていたので、私と共に観光案内をすることにしました。
色々な観光スポットを巡り斉藤さんを案内している時、彼が時々ジェニーの体を舐める様に見つめていることに気が付きました。 斉藤さんも男ですから、金髪女を見て色々と想像するのは自然なことだと思いましたので、私はさほど気にしませんでした。
ジェニーが地面に落とした小銭を拾おうと、お尻を突き出すようにかがんだ時、斉藤さんが妻のショートドレスの下から少しだけ見えたパンティに包まれたお尻を、素早く盗み見しているのが伺えました。
一日の観光を終え、斉藤さんの滞在しているホテルの近くの高級レストランでディナーを食べ、その後カクテルバーへと場を移しました。 そこで二時間程飲みながら日本の事やアメリカの事を楽しく話しをしていましたが、三人共かなり酔いが回ってきたせいもあってか、話が段々と猥談になっていき、普段は美人弁護士のキャリアウーマンで貞淑そうな妻のジェニーもきわどい猥談を楽しんでいました。
ジェニーが「ちょっと失礼」と言って化粧室へと席を外し歩いて行く妻の後ろ姿(お尻)を斉藤さんは目で追っていたのに気が付きました。
斉藤さんが私の方に向き直って、突然「奥さんとてもセクシーですね」、「あんなに綺麗な奥さんを味わえるご主人が実に羨ましい」「きっと奥さんのお尻の方もたっぷりと味わっておられんでしょうね?」と尋ねた。
私が「妻はアナルセックスには興味が無いんですよ」と答えると
「え〜っ!すると奥さんはお尻の方は全くダメなんですか?」と斉藤さんが残念そうに尋ねた。
私は「いや、全くダメと云う訳ではありません。 前戯の時に私にアナルを舐められたり、指を入れられたりするのはけっこう好きですよ」と答えた。
それを聞いた斉藤さんが「そうですか〜、やっぱりご主人も奥さんのお尻がお好きなんですね」「それじゃあご主人は奥さんと浣腸プレイをされたことがありますか?」と尋ねた。
「えっ!浣腸?」と私が驚くと、「はい、奥さんに浣腸をしたことがありますか?」と斉藤さん。
「かっ浣腸ですか!」 「いっいや、それはしたことがありません」と答えました。
「男に無理矢理浣腸され、羞恥にむせぶ女性ってどう思いますか?」と斉藤さん。
浣腸と排泄と云う背徳の行為に興奮を覚えた私は「う〜ん、面白そうですね」と答える。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年9月15日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ