エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【人妻】勿体無いほど美形の人妻・番外編【熟女】

“たくさんの男性にオモチャにされてみたいです・・・。”S子がそう言いました。バージン時代からの妄想オナネタ・・・男性達からオモチャされてしまう・・・。
体中をザーメンまみれにされ、イやなのにザーメンを飲まされる・・・。
そんなプレーをしてみたいのです。
私は某サイトで知り合った男性に相談しました。普段は極真面目なサラリーマンのNさんと言います。
“10人位なら集められると思います。けど・・・本当にいいんですか?”流石に10人は多い・・・。
私は他にも女性を1,2人連れてきて貰えませんかね?と相談しました。
“難しいなぁ・・・けど何とかしてみますね。”
2週間ほど過ぎた頃、Nさんから電話。“男性が8人、女性が一人揃いましたよ。”との事。Nさんと日にちを決め、私とS子は予約したN県のホテルまでドライブ。
“旦那にはナンて言ったの?”“N県には一人暮らしの叔母が居るんです。体調を崩して自宅療養してるから、見舞いを兼ねて一泊だけしてくるって・・・。”“へえ・・・偶然。でも悪い女だねえ・・・本当はたくさんの男たちに種汁まみれにされに行くなんてさ!”S子は顔を赤らめながら恥ずかしそうに俯きます。
N県には正午頃に到着しました。
県庁所在地のN市は有名な港町、市内には中華街があります。私達はそこで昼食を済ませ、叔母宅までS子を送り届けました。
チェックインまで時間があるので、私はN市の市内を散策して時間潰し。午後三時前に予約していたホテルにチェックインしました。
S子のポケベルに、チェックインしたことを知らせます。その頃の携帯は本体も通話料も高価で、普通の主婦のS子が持てるような物では有りませんし、
サイズも大きく、旦那に内緒で隠し持つ事も出来るようなものではありませんでした。Nさんとの約束時間は20時。
S子は叔母さんの身の回りの世話や掃除をして、食事も済ませて19時半頃にホテルに来る手筈です。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年8月31日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】久しぶりに【熟女】

私は37才の主婦です。子供はいません。プロポーション的には身長は153cm、乳は貧乳(黒木瞳さんと同じ位)、お尻(90cm)は大きいほうです。お陰で腰は括れて見えます。
今まで付き合ってきた男(主人を含めて)には「バックの時のラインは良い・声が大きく発する言葉が淫らでいい。
また良く濡れてしまいます。ビラが貝のようにしっかりお前のは顔や体に似合わず凄いオ○ンコだな」と言われてきました。
先日、勤め先の旅行に参加してきました。久しぶりに淫らになってしまいました(させられたとも言いたいですが途中から体がいうことをきいてくれませんでした)。
従業員数は50人前後の中小企業です。私の所属している課は事務系で、男性4人(49才・48才・39才・33才 全員既婚)と女性が私と33才(主婦パート・若干ポッチャリ系)の2人の合計6人です。
最初は大宴会上で飲食して、二次会は課毎に分かれていきました。私達の課は宿泊先のカラオケボックスに移りました。
そのうちにデュエット合戦が始まり、その時に体を抱き寄せられたり、お尻をを触られたりと軽いお触りがありました。
ふと!気が付くと女達は上手く男達の間に座っていました(48才男・私・49才男・39才男・33才女・33才男)。
デュエット合戦が終わった後はまたフリーに戻って続けていました。その時から、両隣の男達の悪戯が始まりました・・・・・。
まず浴衣の中に手を入れてきて、最初のうちは太ももを撫でてくる段階で「エッチ!やめてください」等のお約束の言葉を発しつつ振り払っていました。
しかし少し話をしたりして油断していると、太ももを撫でつつ段々とパンツのアソコの部分に触れたり、離れたりを繰り返してきました。また同時に時より私の貧乳も触ってきました。
そのうち私のアソコからはその気持ちとは裏腹に段々と濡れてきてしまいました。私の綿100%パンツのアソコの部分がジワジワとその愛液によって満たされいくのがわかりました。
その事を男達が見逃す筈はなく、ついにパンツが濡れているのを確認するやいなや、すかさずパンツの中に指を入れて直接アソコ全体を弄られてしまいました。
その時の男達の顔はニヤニヤしていました。私はトイレへ逃げるようにいきました(その時に自分で濡れ具合を確認しました・・恥ずかしくなりました。確かに結婚してからは夫としかエッチしていません。
しかもこの1年は月に数回程度です。それでも十分と思っていました)トイレから戻ると皆はカラオケ室を出て雑談をしていました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年8月30日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】Tちゃん【熟女】

相手は、元派遣会社の営業の子です。
この子が営業で来てるころからなついていて、あの頃は、全然そんな気がなく、
彼女は今の旦那と同棲中でしたし、あれからしばらくして派遣会社も辞め、
そのうち結婚して子供ができ、たまにメールでやりとりするくらいでした。
2年くらい前に、メールをやりとりしているうちに、突然告白され、会いたいと言ってきました。
まったくそんな気がなかったので、困って断ったのですが、すごく泣かれて、付き合いでメールのやりとりが続きました。
メールでの、Hなやり取りで自分も会いたいとおもうようになり(爆)ついに会ってしまいました。
子供がいるのにそんな感じはありません。年は27か28になっていたと思います。
焼肉食べて(このあたりが意気込みを感じさせます。)外に出ると腕を絡めて歩きだしました。
(このあたりでティムポはギンギンです。)もう一軒、飲みにいき、彼女が酔っちゃたというので休む事に、
ラブホテルに入り、ふたりきりになるとどちらともなくキスし、愛撫が始まりました。もう止まりません。
彼女はスレンダーですが、乳の形が良く、乳首はやや大きめです。
裸になり、愛撫を続けると彼女のあそこは洪水状態でシーツがビショビショです。
挿入しようとすると、やさしくしてと哀願します。いとおしく感じます。
挿入するとしまりは、決して抜群ではありませんが、あえぎ声がすごくいいんです。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年8月29日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】元気な妻【熟女】

私は妻の過去の男性体験をすべて知っています、多分・・・。
以下創作も入っていますがまったくのウソ話でもないのが辛いところです。
何故ならば、妻がまだ処女の時からのつきあいだからです。
高校の同級生、それも部活でしょっちゅう一緒だったのです。
彼女の方は私のことをなんでも話せるボーイフレンドの一人ぐらいにしか思っていませんでした。
それが同じ大学に入ってからタイトなミニスカートなどはくようになり、
「私、好きな人ができたの。今片思いしてるんだ」などと言うようになりました。
そしておきまりのコース。
コンパで飲み過ぎた彼女をそのカッコいい先輩が介抱しながらタクシーに乗って消えてしまいました。
これが妻の処女喪失の夜となりました。
私はやりきれなさで一杯になり、悪酔いしながらも部屋で今あいつとおまんこしてるに違いないと、
彼女のことを想像して何回もオナニーしました。
後であの日どうした?と聞くと
「・・・フフフ・・・私すごーい悪酔いしてたじゃない・・・ホテルに行っちゃったの・・・」
「・・・・」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年8月27日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】不倫を続ける妻をディルドーで・・・【熟女】

妻・美紀は最近元不倫の男川本に抱かれているせいなのかは解りませんが綺麗に成りました・・・
僕も寝取られ性癖に目覚め川本が流出させたハメ撮り動画や異物挿入動画等でオナニーするのが
日課に成りましたが、僕も妻のおまんこを拡張してみたいと思い、AVショップで「巨大マラ」
と言う太さ5.5cm長さ23cmのアメリカ製のディルドータイプの玩具を買いました・・・
妻がリビングでTVを見ていたので僕は「SEXしよ」と妻に迫りました妻「疲れているから」と言いながらも
しぶしぶリビングの横のソファに寝転がりました僕は興奮して妻の寝巻きのズボンをパンティごと脱がしました
写真を撮ろうと思ったのですがデジカメを会社に忘れてたので撮れませんでした、残念ですが
写真なら凄いのが、ファイル共有ソフトにウイニーやCABOS等に既に流出されているので別にいいやと思います
寝ている妻の脚を開きました相変らずグロいおまんこです小陰唇のビラビラも大きく成り黒ずんでいました・・・
酷いのが膣穴ですポッカリと穴が空いています赤いヒダヒダ肉が奥まで続いているのが確認できる程です・・・
以前なら大股開きにしても膣口は空いても小豆大かもしくはピタッと閉じていたのですが、現在は10円玉大の穴が
空いています川本のチンポや異物を散々挿入されてしまい愛する妻・美紀のおまんこは激変しています・・・
話は戻ります、僕は購入して直に玩具のディルドーにマジックで5cmずつ印を書きました
何処まで挿入出来るか試す為でした人体実験みたいでドキドキして興奮します。
軽く前戯をしておまんこを濡らしました、一緒に購入したローションをディルドーの亀頭に少し塗っていよいよ挿入です

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年8月27日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】愛妻を淫乱な女に・・・恵美さん編【熟女】

良樹の奥さん(智ちゃん)が仲間に加わったことで二組の夫婦と岡本君とで遊ぶ機会が増えてきました。
刺激を受けた岡本君は奥さん(恵美さん33歳)に総てを話し、謝罪と理解を求めました。
最初は理解できなかった恵美さんですが、
「最近、家に帰って来ないことが度々あるから浮気を疑っていたけどそんなことをしていたのね。あなたが本当に私も一緒に遊ぶのを望んでいるなら経験してみるわ。だけど、知らない人とは嫌よ。最初はあなたも居ないで欲しい。」
と、言う事で私と良樹に連絡してきました。
いつも遊んでいる私達ですから簡単な打ち合わせです。
当日、岡本君は恵美さんを送ってきてすぐに家に帰って子供さんの相手をするようです。
私と良樹は土曜日の午後1時にスーパーの屋上駐車場で二人を待ちました。
少し遅れて岡本君の車が入って来ました。
私たちも車を降りて岡本君と恵美さんを迎えます。
岡本君が私たちと恵美さんを紹介しました。
恵美さんは身長150センチぐらいですが肉感的な可愛い感じの奥さんです。
恵美さんが私の車の後部座席に乗り込むと、岡本君が耳打ちしてきます。
「恵美の事を宜しくお願いします。帰りの時間は気にしないで下さい。子供は僕が見てますから・・・日曜の夕方まで大丈夫ですよ。それに、恵美は安全日なので避妊の心配もないですから・・・。」
岡本君は家に帰っていきました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年8月27日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】ナイロントリコットパンティのクロッチに2【熟女】

問いただしてみたい、いや白状するわけがない。
興信所にも行かなくてはと思っていた矢先に現場に遭遇したんです。あれは日帰り出張の日でした。夜の九時ごろに帰る予定が仕事が早くかたずき夕方の六時に帰宅しました。息子は私の実家に遊びに行くと言っていました。女房に連絡を入れずに帰って来ました。買い物に出掛けているのかまた男と会っているのか疑念を抱きながら冷蔵庫の缶ビールを飲んでいると電話が鳴り出ると無言電話。しかし、騒音らしき裏に低い声で「早く!」と言う声がしたのをキャッチ。しばらく考えてると玄関に人の気配がしました。女房の声がするので帰って来たのかなんて思っていると先程の男の声もするんです。確か電話では一言も声を出さなかったから私が帰っているなんて思ってないようです。バカですね。女房はちょっと酔っているようです。女房は「一時間くらいは大丈夫」と男に言っています。私はリビングでじっとして入って来れば話をつけようと冷静に居ました。しかし二人は二階の私たちの寝室に向かうじゃありませんか。私もついては二階に行くとベッドに横になった妻はスカートを顔が見えないくらい捲り上げ薄ピンクナイロントリコットパンティをはいたままM字開脚。男は女房の股間をナイロントリコットパンティのクロッチの上から『チューチューチューチュー』と音をたてて物凄い勢いで吸っているのです。女房は顔はスカートの裾で半分隠れてはいるものの目をつむり眼球を脳内に沈めるかのように陶酔しきっているようです。男が唇をナイロントリコットパンティのクロッチから離すと女房が出した汁と男の唾液で薄ピンク色が少々濃くなっています。クロッチをよく見るとナイロン生地が噛みきったのか所々破けてなくなっていて男が食べてしまったのかもしれません。堪らなくなったのでしょうか。ズボンのファスナーを下ろし自分のチンポを出しました。ピンコ立ちです!ナイロントリコットパンティのクロッチを横にずらしてオマンコから流れ出る白い液体を『ズルズルリュリュ』と吸い付き。
チンポをオマンコに入れる間もなしに
「何をしてる!」と一喝。気が付いた時はいち面血だらけ。男の股間にはチンポがなくなり、うずくまっていました。女房はガタガタと震えて何も言葉を発することなく。
まるで私を悪魔を見るような眼差しで見ていました。続く

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年8月26日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】ダブルベッド【熟女】

昨年結婚した、29歳の妻の話です。
彼女と出逢ったとき、私には既に妻子がいました。
5年間にわたる不倫関係の末、前妻と離婚。愛人であった彼女と結ばれました。
慰謝料と毎月の養育費の支払いに追われる私には自由になる金も少なく、
現在、彼女が以前から住んでいた2LDKのマンションで慎ましく暮らしています。
若い女との純愛を全うしたと言えば聞こえはいいのですが、
実のところ泥沼の愛憎劇ですっかり消耗し、
友人からも「三十代後半とは思えない老成ぶりだな」と揶揄される昨今です。
そんなある日、寝物語で知ったのですが、
私の愛人だった時期、彼女には他に男……しかも複数の……がいたそうです。
「だってあなた、週の半分は向こうに帰ってたじゃない。
寂しかったし、今頃きっと奥さんとしてるんだって思うと悔しくて……」
確かに、当時の彼女はモテました。
目鼻立ちのはっきりした化粧映えのする顔立ち。
ヒップよりバストのほうが大きい日本人離れしたグラマラスボディ。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||

2014年8月25日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】美和子物語 四国の住まい SATOの表札【セフレ】

美和子物語 四国の住まい SATOの表札
吉井さんと四国で過ごしてから何日かが経ちました。
美和子は新しい生活のため、過去と決別をして生まれ変わりたかった・・・。
上京して整形手術をするための予診を受け次回の手術日を決めました。
自分の希望する形やその他について医師の助言を聞きました。
最初は女性器の手術は恥ずかしい事だと思っていましたが、医師が経験豊富なお方で親切に助言をして頂きましたので安心してお任せできると確信しました。
夕方からは別の病院で中絶手術を受けました。これで竹下さんとのかかわりの全てを消し去りました。
病院で休憩させて頂いてから予約していたホテルへ到着です。夕食を食べてから宿泊する部屋に移動し夜景を楽しみました。
10時過ぎに吉井さんから電話が有りました。今日、一日の様子をお話ししました。
吉井さんは美和子が落ち込んでいないかと心配して下さったのです。
過去の事よりも今からの幸せを築こうとのご提案でした。
吉井さんの優しさが疲れた美和子を癒してくれます。岡山への到着時間を知らせてとの事でしたので、空港への到着時間をお知らせました。
翌日は朝寝坊をしました。遅い朝食を戴いてから和光へ出かけて数点のアクセサリーを買い求めました。吉井さんへのプレゼントです。
午後には行きつけの画廊を数カ所巡りました。さらに、お菓子とお抹茶を買いました。
羽田から眼下に快晴の富士山を眺めながら予定時間に岡山空港に帰着です。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年8月24日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】清楚な妻が・・・其の壱【寝取り】

私はあるサークルで妻と知り合った。
妻は凄い美人と言う訳でも無く、特に目立つ存在では無かったが、笑顔が可愛くて清潔感があり、いつも皆よりも一歩下がって微笑んでいる様な大人しい性格に惹かれて交際を申し込んだ。
妻は既に29歳だったが、いざ付き合ってみると半年経ってもキスすら許さず、どこか性的に問題があるのかとさえ思った事もある。

その問題が、過去に酷い性的虐待を受けたか、以前付き合っていた男に暴力的なセックスを強いられて、精神的に受け付けない様になっているとすれば上手くやって行く自信など無かったが、妻に惚れてしまっていた私は更に半年付き合ってから結婚した。
すると意外にも初夜では拒む事無くスムーズに終わり、妻が処女だった事にも安心して今まで拒んでいた理由を聞くと、信じられない事に
「結婚して、子供が欲しいからという目的があれば良いけれど、そうではなくて、ただ本能を曝け出すだけの行為は、恥ずかしくて出来なかった」と言う。

その後も私が誘えば拒否する事も無く、子供もすぐに出来たのだが、何年経っても妻はあくまでも受身で何もせず、私が覆い被さる体位以外は嫌がって受け付けない。
そのような妻は、他人からもセックスとは無縁に見えるらしく、家で友人達と飲んだ時に
「子供が一人いるという事は、優子さんも、最低でも一回はセックスをした事になるよな」とからかわれたほどだ。
確かに妻は、拒みはしないが好きな方では無かったと思う。
おそらく自分を全て曝け出す事が恥ずかしくて、楽しむどころでは無かったのだろう。
そんな妻が変わり始めたのは、35歳を過ぎた頃からだ。
その頃娘が自分の部屋で眠るようになった事も大きかった様だが、徐々に感じ方が激しくなり、言葉には出さないものの色気のある下着を着けるなどして、遠回しにではあるが妻からも誘って来るようになる。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||

2014年8月24日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ