エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【露出】露出ゲーム【野外】

小6の時、露出ゲームを、小4の妹と、その友達の女の子とやった話。20数年前、
通学路に、一般道とは別に、車は通れない坂道の山道があり、小4の妹と、その友達の愛ちゃん(仮名)と3人でそこを登下校していた。
その山道でいつもやってたのが、『ランドセルじゃんけん』。じゃんけんで負けた人が3人分のランドセルを背負い、あとの2人は楽して坂を上がれるというもの。
次の曲がり角までで、1回として、1日4回やっていた。
ある時、俺が負けた後、なんとなく言った一言から始まった・・・。
『じゃぁさ、2回連続で負けた人は、他に罰ゲーム追加しようよ』と。2人は『えっ?どんなの~?』と聞いてきた。
『じゃぁ次、俺が負けたら、チャック全開で運ぶってのは?』
2人は『えっ~~~』と言いつつも笑顔でいい感じだった。妹が『じゃぁ女子が負けたら?』と聞いてきたので、勢いで、
『スカート脱いでブルマになるのは?』と言ってみた。
2人は嫌がったが、
別に体育でも履いてるじゃんとか、この道誰もこないしとか、いろいろ説得し、俺が負けた時は、チャックから、ちんちんの分だけパンツも出せるだけ出す。という追加をすると、
自分たちのほうが恥ずかしくないと思ったのか、了承してくれた。
連続罰という名前をつけ始まった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー帰り時間が合う数日後、最初の連続罰は妹だった。『いいよ別に』と言っていたが、
前回の最後に負けてからの連続負けのため、山道の入り口で民家もあったからか、『ちょっと(山道の)中に入ってから脱いでいい?』と恥ずかしがっていたのが可愛かった。妹は、

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2017年12月31日 | エロ体験談カテゴリー:露出体験談

【学校】メモリー【共学】

最近、中学校の卒業式が行われた。
なんとその日は風が強く、卒業式ということで、ケータイを持っていても、なんら怪しまれることがなかったので、盗撮日和だった。
僕は、Rさんのパンチラを見たことがあまりなかった。Rさんは、とても可愛い。ガードが堅いわけではないが、あまりうまく見れていなかった。だからこの日は、ケータイに写真を収めよう、と。
動画を作動させ、Rさんの背後についた。あとでスクショすれば写真になるのでとりあえず動画だ。ずっと構えていても、あまりよい風はこない。だが、少し経ち、Rさんがこっちの方に振り向くと同時に、スカートが勢いよくめくれ上がった。まさに神風だ!
イチゴ柄の可愛いパンツだった。たまに見る時は黒パンなのに、この日だけはなぜか生パンだった。もう興奮せずにはいられなかった。
だが、Rさんが僕に気付いて寄ってきた。
「今、撮られてないよね?」
かなり焦った。だが、
「ゲームしてたから見てすらいないw」
と、思い切り嘘をついた。そうしたら、
「今の、聞かなかったことにしてね、恥ずかしいから」
と言って去って行った。
なんとも可愛かった。
次に、Aさんの背後に行くことにした。
Aさんも可愛く、胸はまぁ中学生にしてはそこそこある人だ。その人はガードが緩すぎて、学校で結構スカートの中が見えた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2017年12月22日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【高校生】超天然で無防備な叔母【JK】

今年は最悪の夏だと思っていた。 でも思わず自分にとっては、最高の夏休になった。 一応そのいきさつを、ヘタな文章で書いてみようと思う。自分は○川県に住む現在高校2年生の17歳です。 チビでちょいデブ、引っ込み思案でおとなしく、顔もたいしたことのない、情けない若者です。 男子高に通っており、彼女いない歴17年、もちろん今どきキスすらさえしたことのない、チョイ悲惨な人間。
 
 
性欲だけは人一倍ある。 唯一の趣味は、部屋でエロビデオを見ながら、ひたすら右手を使うこと。 オナニーを覚えたのがけっこう遅かったせいか、毎日3~4回はしてしまうサルのような人間です。そんな自分でも夏は楽しみだった。 夏休みが楽しみ。 一日中ゴロゴロしながら大好きなオナニーを、好きな時間にできるから。 それに、チョット告白するのは恥ずかしいのだが、人混みが多いイベントやプールがあるので、痴漢もできる。
もちろん、エロビデオにでてくるような、犯罪的な痴漢ではありません。 そんな度胸はないです。 あくまでも、軽く女性のお尻に手の甲を触れさる程度の痴漢。
全く女性と触れ合う縁のなかった自分には、それでも充分に興奮できる楽しみだった。しかし、そんなささやかな楽しみさえ、今年は奪われてしまうことになったのです。父親が早くに他界したことがあり、現在自分は、母親と二人きりの生活。 母親が、看護婦の仕事をして家の生計をたてていた。
その母親が、8月1日から1ヶ月間、癌化学療法師?とかいう資格を取得するために、東京へ研修に行くことになったのである。自分は当初、心の中で物凄く喜んだ。 なぜなら、小言ばかり言う母親が、貴重な夏休みの間だけいないから。 もう17歳だから、お金さえあれば何の問題もない。 (やったー 自由だ!)と思った。しかし、それは非常に甘かったのである。 なんと母親が、研修の間だけ自分を、叔父の家に預けると言いだしたのです。自分はもちろん断固反対した。 貴重な夏休みの自由を奪われるなんて、信じられないことです。 人権の侵害?だとも思った。しかし、しょせんそこは養われの身。 そんなにも強くは抵抗し続けられなかった。 それに日頃のおこないも悪かった。 ほっとけば本当に一日中ゴロゴロしているだらしない性格。 しかも、最近ではたくさんのエロビデオを隠し持っていることがばれ、非常に呆れ果てられていた。自分は泣く泣く承諾したのだった。
8月1日 月曜日 叔母との初対面その日は叔父に車でむかえに来てもらい、とうとう行きたくもない叔父の家に向かった。
叔父は母よりけっこう年下で35才です。 ラフな格好に髭をはやしており、見た目の通りすごいアウトドア的な人。 自然がものすごーく好きで、わざわざ田舎の家を買いとって住んでいると前から聞いていた。 隣りの○山県の○○村っていうとこです。「 なんも無いけどなぁ 自然がきれいで空気がすっごいおいしいぞー のんちゃん ハハハッー 」
「・・・はぁ 」アホちゃうか?と思った。 ちなみに のんちゃんは自分の名前。叔父は5年前に結婚して、現在4才の男の子と奥さん(叔母さん)と、3人で暮らしているらしい。
叔父とは年に一回ぐらい会う機会があったが、叔母さんやその息子には今まで会った記憶がなかった。叔父の家は隣県とはいえ遠かった。 砺○市とかいうところをぬけて、更に道路を山側に向って進んだ。 最初はまだ道沿いにショッピングセンターがあったが、そのうち辺りが田んぼばかりの景色になり、非常に不安になった。道はそのうち完全に山道になった。
( 大丈夫! あの山を越えたらたぶん町があるんだ )
修学旅行のことを思い出し、ひたすら車の中で自分を励ましていたと思う。「 おっ ほら ここが○○村だよ 」しかしそのうち、叔父の呼びかけに車の外を見てみると、愕然としてしまった。見わたすかぎりに広がる田んぼと山、その間に家的なものがポツリポツリ。散居村? 屋根がワラ的な感じ? ツ○ヤない ゲ○もない す○家もない!本当にビックリした。 コンビニさえなかった。 大好きなツ○ヤとか、本屋的なものがない生活など考えられない自分には、本当に信じられなかった。
ここで1ヶ月も暮らすなど信じたくはなかった。更に叔父の家は、思いっきり村の外れの山沿いです。 完全な木造の古い住宅。叔父の家に着くと 、玄関から小さな男の子が出てきた。 どうやら息子さんらしい。
僕は叔父に言われるまま、重たい荷物を持ちその玄関に向った。「 ・・・だれぇ 」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2017年12月22日 | エロ体験談カテゴリー:高校生との体験談

【友達】中学の制服で塾に【セフレ】

土曜日にわたしは、中学の制服のままで塾に行ってきました。寒いから、スカートは長い制服のままで。自転車のサドルには、スカート越しで座るので、こいでいる途中でパンチラできなくて面白くありません。こんなので、痴漢は期待できません。(パンツもブラも、今日はピンク色。)
電車に乗ってからしばらくして混んでくると、スカート越しに感触がありました。珍しく長いスカートでも触られることに、うれしくなりました。後ろの人は息が荒くなり、まずスカートのプリーツを動かして、お尻全体に広がるように触られます。ドキドキしてきました。次にお尻をもまれました。右も左も。恥ずかしさがこみ上げてきます。後ろの人の息がさらに荒くなり、今度は違う手つきでもまれました。スカートの中のパンツを、食い込ませようとしてるみたいです。気持ち良くなってきました。スカートの上から強くパンツの端をつかもうとしてるみたいで、手の力が強くてお尻で感じてしまいました。私の息も荒くなります。でも何度触っても、スカートの厚さと重さでやりにくいみたいです。
あっと言う間に駅に着いてしまいました。仕方が無く、火照ったお尻のまま乗り換えます。しばらくしてから、混んできました。今度はおじいさんが近づいてきました。満員電車の中でこの近づき方は、間違いありません。電車が動き出すと、スカートが引っ張られる感じがしました。何度か引っ張られ、スカートの中が冷たくなりました。長いのに、たくし上げられたんです。お尻に冷たい感触が来ました。思わず息を飲みます。今日は雪が降るほど寒い日で、外の空気で冷やされた手でこのおじいちゃんは私のナマのお尻を触ってきたんです。カラダが震えました。痴漢はされたいけど、痴漢されるのが嫌だったからじゃなく、冷たかったからです。ナマでお尻を触られたことはあったけど、何倍も感じました。
そして駅に着き、いつも通りに勉強して、午後にカナコとゲーセン行って、寒そうだったから地下鉄の通気孔の上には行かないで、不通に帰ってきてしまいました。(ミニじゃないと、見せられません。パンチラは趣味みたいなのですから。)帰りの駅で乗っても、開脚できるほど空いてなく、痴漢されるぐらいに混んでもいませんでした。
乗り換えて、痴漢されそうなところに乗り込むと、いきなり腰を引き寄せられました。その人にまかせました。スカートがめくり上げられ、両手でお尻を揉まれてゆきました。腰に手が動いて行き、こうでなくちゃ、と思ったのに次の瞬間、パンツが切られました。パンツの腰の両側が切られました。股間をパンツが滑り、感じてしまいました。怖くなったわたしは、とにかく自分のあそこを押さえました。そして手の甲に、やっぱり男の人のあれがぶつかりました。右手であれを、左手であそこを押さえながら次の駅に着くのを待って、ドアが開いたら、バッグを持って下りてしまいました。
ショックでした。技術者のお父さんは、物を破ったり壊したりする事を嫌う人で、目の前で物が壊されるのは、嫌うように育ちました。自分の穿いていたパンツが切られて、ショックでした。驚きました。こわかったです。ショックでした。いい痴漢を見分ける方法を、誰か知りません?教えてください。ウチに帰ってから見てみると、スカートの裏地に汁がべっとり着いてて、クリーニングとかに困って、今は夏用の生地の薄いのを穿いてます。
なのに今日は寒くて最悪です。露出どころじゃありませんでした!欲求不満です。お兄ちゃんのトコにも寄ってきませんでした。
いつも色々な快感を与えて満たしてくれるのは、近所のお兄ちゃんです。春から工業の大学に行くけど、音楽が好きで部屋が防音されてたり、関係無いのに心理学を自分で勉強したりしてます。頭が良くて、勉強も教えてくれます。“はみパン”がブルマの真髄だって教えてくれたのもお兄ちゃんだったけど、こんな事が。中学の体育祭に、お兄ちゃんが好きだった憧れの先輩がはみパンしてて、それを注意したら、先輩はブルマを引っ張ってはみパンを直したそうです。でもブルマと間違って、パンツを引っ張っちゃって、それを見たお兄ちゃんははみパンが好きになったそうです。見られたい時に、お兄ちゃんに何度もはみパンを見てもらいました。(ブルマは、こっそり持ち出したお姉ちゃんのだけど。)
高校に上がったら、古風な校風だから今もブルマを使ってるところに入って、電車で通学して、毎朝痴漢されたいです。制服も可愛いし。でも志望校は高レベルの高校だからお兄ちゃんに勉強を教えてもらって、代わりにパンツを見せてあげていました。最初は恥ずかしいだけだったけど、今じゃ見せたい日には見てもらってます。スカートの中に頭を入れてあげたり、恥ずかしければ恥ずかしいほど気持ちいいです。わたしはそんな、クラスいちエッチな中3です。

エロ体験談検索用タグ

|||||

2014年12月14日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】彼女の秘密を見られた【セフレ】

会社の同僚達と忘年会をした後のことです。
そのまま先輩女性の家で飲みなおそうということになり
先輩女性と先輩男性と僕と新入社員である僕の彼女の4人で家に向かった。
先輩社員2人は恋人同士なのだが、僕と彼女は付き合っていることを会社で内緒にしていたので
ただの同僚という感じで接していた。
先輩女性の家に着いて、かなり酒も進んだあたりから
会話の内容が先輩2人の体の特徴や先輩男性のオナニーの仕方、
盛り上がるためにAVを見ながらSEXするなどのエロい内容となり
とうとうそのAVをみんなで見るという最悪の展開となった。
彼女は会社でも清楚な感じでかわいらしいイメージを持たれており
とてもこの場には馴染んでない感じだった。
そしてそんなエロトークも終わりのころに先輩女性はソファーで眠り込んでしまった。
すると先輩男性が僕の彼女にもう遅いから泊まっていきなと言ってきた。
先輩女性の家だし風呂も気にせず入れるし寝るのもあいつと一緒なら大丈夫だろとのこと。
僕も彼女もまあみんないるし女性の家だからということで泊まることにした。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年11月27日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【童貞】盗撮のサクラをした、私の危険なアルバイト 【処女】

私は、営業の仕事をしています。

27歳で、離婚して9歳と4歳の子供を育てています。

お給料が、そこまで良くない為、贅沢出来ませんが、子供達には寂しい思いさせてたくありません。

子供の保育園で知り会ったママさんから、モデルのアルバイトを教えてもらいました。

割といいお金になるから、一緒にやらないかと誘われましたが、少し危ない感じがしたので、連絡先だけ

聞いて断りました。

しばらくして、どうしてもお金が必要になり、モデルのアルバイト先に連絡をして、お話を聞く事になりました。

営業の仕事をしているので、時間の都合がつき、お昼にファミレスで会うことになりました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年10月24日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談

【友達】ブルマの思い出【セフレ】

「あっ!あっ!出るっ!出るっ!ユキちゃんのっ!ユキちゃんのブルマァーッッ!!」
こんな調子で毎夜毎夜、学校の忘れ物置き場から盗んできたブルマを幼馴染の由紀子ちゃん
のブルマと思いこむようにしてオナニーしていたのは、もう30年以上前のこと。
当時は、ほぼ毎日自分の目の前にブルマが晒されているような日々でした。
体育の時間、大掃除などなど。
その都度、好きでもない女の子がただブルマをはいているというだけで、そのブルマを盗み
見るように視姦していたあの頃。
私は、某地方の山村に住んでおり、そこの小学校5年生でした。
オナニーは小2の頃から覚えだし、精通自体も6年生になる頃に始まりました。
早い話が、女に目覚めるのが早かった「早熟少年」です。
由紀子ちゃんは1学年上の6年生で、やはり彼女も身体の成長が早い子でした。
水着姿から浮かび出る、発育しだした乳房や丸い腰周りに幼馴染でありながらも「女」を感じ
取り、彼女を思い、オナニーし始めたのもその頃でした。
ところが、彼女の一家が彼女の中学進学と同時に山を下った町に越す事となり、私の小6時代は暗い1年でした。
唯一、慰めになったのは近所の子供数人と写した運動会の写真で、ユキちゃんのブルマ姿を見ながらオナニーする事でした。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年9月29日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】悪友に堕ちた妻【熟女】

ふと見た寝取られサイトで、私の中にあるM性に火がつき、自然に寝取られ願望を持つ様になった私でした。
良妻賢母で真面目な妻みき(43)にその様な話をしても、100%無理だと思った私は、その思いを抑え切れず幼なじみで悪友の琢磨(45)にその思いを相談、琢磨に妻を誘惑してもらう事にしました。
さすが遊び人の琢磨、寝取られや複数、露出やSMといった色んな世界がある事をよく知っていて、私の話を快諾してくれました。
寝取ってエロい女にしたらいいんだな、任してくれと自信たっぷり返事をする琢磨に、うちのみきはそんな簡単に堕ちないぞ言い、もし堕ちた時は全て報告してくれる事、出来れば写真とか撮ってくれたら嬉しと話すと、全てOKだと言い、余りに簡単に言うので本当に大丈夫かなと一抹の不安を抱きながら、サーファーで今でも遊び人でもある琢磨は見た目も若く、琢磨なら妻ももしかして誘惑に乗るかもという期待もありました。妻は真矢みきによく似ており、知り合いからも言われますし、ナンパされることも多いと聞いています。「おまえの奥さん、真矢みきにそっくり。いいなあ、抱きたいよ。」と友人からうらやましがられることが、何度もあります。そういう話をすると、潔癖な妻は怒り出します。「女として見られるのが嫌だわ」と。男は私以外に知らないと思います。とても若く見えるらしくて、実年齢を言うと、驚かれます。
琢磨に依頼したその時点での私の期待度は5%位でした。妻の貞操観念が強いですから。
二人の出会いは偶然を装う為、妻が通ってる町営のスポーツジムに琢磨を行かせ、その場で徐々にふたりが仲良くなるという作戦を練りました。
妻がスポーツジムに行くのは平日の昼間の決まった時間で、子供を保育園に預け家の用事をしてから、毎日2~3時間汗を流しています。
不動産屋の息子でボンボンの琢磨は、昼間も自由が効き、妻のその時間に合わせて行ってくれると言い、琢磨が行ったと思える初日、私は昼前からドキドキし、仕事がとても長く感じました。
そしてその夜、仕事を終えて私が帰宅すると、早速妻が琢磨の話をして来ました。
『ねぇねぇ今日ね、ジム行ったらパパの友達の誰だっけあの人…あの不動産屋さんの…』
『琢磨?』
『そうそう、あの琢磨さんって人も来てたよ、何か前から通ってるんだって』
『ふ~んそれで?』
『うん?それだけ』
それだけかよってツッコミたくなりましたが、よくよく聞くとこの日は挨拶し、ひと言ふた言話をしただけで終わったみたいでした。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年9月21日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】近所のデパートで【セフレ】

私は休日女児のパンチラを見るために近所のデパートに行っている。今は冬でスカートの女児も少なく、パンチラを見る機会も 少ないが、去年7月私が行っている某デパートでは女児のパンチラ祭りだった。そこでは、小一から小四くらいまでの女児のパンチラがみほうだいだった。ある女児は半土手まで見えていたし、ある女児は万筋まで見えていたかもしれない。今は1月、7月になるのが待ち遠しい。今年も女児のパンチラ祭りを期待している。

エロ体験談検索用タグ

|

2014年8月31日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】可愛い妻【熟女】

恥ずかしい話ですが、妻と私は28歳年が離れています。
(妻27歳、私55歳)
自慢ではありませんが、妻は社内でも1・2を争う位、美人で抜群のスタイルの持ち主でした。
資材部で私が部長、彼女が事務と言った関係だったんです。
初めは、美人女性が配属されたなぁ・・・程度にしか思って居ませんでしたし、付き合うなんて
考えた事もありません。(親子位の年の差ですから)
当時私は、妻と離婚しバツイチで、再婚など出来る筈もないと思っていました。彼女・・・仕事は真面目、でもミスが多く先輩から怒られる毎日。
まぁ天然キャラ?って感じですかね。彼女を見ていると守ってあげたくなる様なタイプです。そんな彼女と近く感じる様になったのは、老化防止と思い始めたジム通いでした。
健康診断で、注意と記された項目がズラリ・・・年を感じました。
少しでも改善しようと始めたのが、ジムで体を動かす事だったんです。
ジムに通い始めて1ヵ月を過ぎた頃でしょうか?
「部長、ここに通ってたんですか?」
後ろを振り向くと、新人の彼女が立っていた。
「お~君か!・・・君もここに通ってたの?」
「え~2日目ですけど・・・」(笑顔)

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年8月30日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 3212345...102030...最後 »

このページの先頭へ