エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【友達】第二次性徴期と私【セフレ】

第二次性徴期と私 01
私の父は、とある貿易関係の会社に勤めています。
父のお仕事の都合による転勤で、子供の頃に私は引越しを3回経験しました。
最初は、私がもの心つく前。
これは、私には記憶がありません。
次が小学校4年生のとき。
そして、今回のお話の始まりとなる、私が小学校を卒業したとき、です。
自分で言うのは、とてもはしたないのですが、私はかなり裕福な環境で育ちました。
父と母の実家がそれぞれ、大きなお屋敷でしたから、その援助もあったのかもしれません。
でも、父は、朝早く仕事に出かけて行って、夜遅くに帰ってくる、という生活をずっとしていました。
すごくがんばってお仕事しているのは、子供の私にもわかりました。
父は、娘の贔屓目をさしひいても、ハンサムでした。
目鼻立ちのはっきりした整った顔をしていて、背も高く、からだつきは細身だけれど、がっしりしていました。
幼い頃の私は、8時か9時にはもう眠っていましたので、一週間のうち父の顔が見れるのは、日曜日のお昼過ぎからだけでした。
私はそれがとても待ち遠しくて、父が起きる頃になると、父と母の寝室に駆けて行き、寝ている父のお布団の上に飛び乗ったものでした。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年10月14日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】嫁が隠していたディルドは元カレのアレだった 【寝取り】

玄関のドアが開く音で目が覚めた。寝ずに待っていようと思っていたのに、いつの間にか寝てしまったらしい。
時計を手に取り見て見ると、夜中の3時だった。
意外と早かったなと思いながら、ベッドを出て嫁を出迎えようとすると、いきなり寝室のドアが開いた。

『ごめんね〜。寝てた? 5人もいたから、ちょっと手間取っちゃったw』
嫁はそう言いながら、ベッドに歩み寄ってくる。
嫁は、28歳の専業主婦で、165cm45kgの痩せ型だ。無駄な肉のない、スレンダーな体つきだが、男目線だと”抱き心地の悪そうな体”だ。女性目線では、こういう体が良いらしいが、もう少し肉感的で、胸も大きい方が良いんじゃないかと思う。

でも、そんな不満もどうでもよくなるくらいの、可愛い顔をしている。桐谷美玲を少し薄くしたような顔で、顔を見ているだけで一日過ごせてしまいそうなくらいの美人だと思う。
こうやって書くと、欠点のない嫁に思えるかもしれないが、とにかく淫乱なところが欠点だと思う。

嫁は股下5cm位のマイクロミニスカートに、ヘソと肩が丸見えのキャミソール姿で私に近づいてくる。肩位の長さの少し茶色の髪はボサボサになっていて、所々、糊(のり)でもついたようにカピカピに固まっている。
そしてその顔は、見てわかるくらいに発情したメスの顔になっている。
こんな姿で、タクシーに乗って帰ってきたのかと思うと、心配になる。運転手さんにやられてしまわないかという心配と、近所の人に見られないかという心配だ……。
きっと美玲は、運転手さんに誘われたらすぐに応じてしまうと思う。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年10月9日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】お見舞いに来た女の子と・・・【セフレ】

<>851:831:2008/07/28(月)15:35:00ID:F4XAGjlZ0<>
紫煙ありがとうございました。
入院中にあった話を投下します。

病気で2ヶ月入院したと書きましたが、
最後の1ヶ月は検査も少なく、とにかく時間との戦いでした。
体もかなり元気になって、食事も普通に取れるようになってきて、となると
性欲がどうしても抑えられません。

毎日お見舞いに来てくれる彼女はいましたが、あまりそういう場所でのフェラとか手コキ
とか嫌がる子で、基本はオナニーしてました。

そんなある日、3ヶ月前に一回行ったキャバクラで、メアド交換した女の子から連絡がありました。

<>852:831:2008/07/28(月)15:44:05ID:F4XAGjlZ0<>

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年10月4日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ひきこもりのつぶやき 4【セフレ】

ショーツとブラ処分しちゃった。
さっき帰ってきたの。
シャワーでさっぱりしたとこ。
どこ行ってたかと言うと病院。
アイツのトコ。
このとこ毎日行ってる。
デニムのミニとカーデで出かけた。
ブラとショーツはマクドのゴミになったわ。
窓際の席。
ニ階のね。
スカートはベルトでキープするタイプ。
股下は0。
澄まして食べてた。
切り刻んだ下着を入れた袋を足元に置いてね。
私のアソコってシタの方みたいね。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年9月24日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】Y紀の結婚式【セフレ】

俺は、今従兄弟のY紀の結婚式に出席している。とても幸せそうな両家、その中で
も特に幸せそうなY紀、俺もだいぶ酒が進んで幸せな気分にひたっている。Y紀の
夫になる人はというと、スポーツマンらしく、男の俺からみてもカッコよく見え
る。いつもの俺なら劣等感を感じているに違いない。ところが、今日の俺は劣等感
を感じるどころかむしろ優越感を感じている。その理由は、今から7年前に遡
る・・・・。
 あれは、まだ俺が高校2年で、Y紀が中学3年だった夏、当時盆と正月は親戚一
同本家に集まるならわしになっていて、その年も例外ではなく、本家に集まってい
た。親戚が集まると、もう一つ、子供たちは離れにある大広間でほとんど雑魚寝状
態で寝泊まりする事になっていた(この事が、俺にとって最良の結果を残す事とな
った訳だが・・・)。その日は、釧路にとってはたいへん暑い日で、子供達5人は
俺とY紀を先頭に(俺が男子の最年長、Y紀が女子の最年長)プールへ泳ぎに行っ
た。そこで、俺はY紀の水着姿に目を奪われた。顔はまだあどけないが、胸は十分
大人で、股間の食い込みも立派なものであった。俺はすぐにでもその豊かな胸に触
れてみたい衝動にかられたが、親たちに知れるとまずいと思い、なかなか行動に移

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年9月21日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】処女膜をやぶっても音はしないと思う その2【セフレ】

話の続きです。
3人目は会社に入ってからの2年先輩。
元々童顔で若い男性社員から年配のおじさんまで人気のある娘だったけど、特定の彼氏はいなかったらしい。
で、ある事件で親しくなり、3ヶ月程で私が告白。
ずいぶん返事を待たされて、あきらめかけた頃になってようやくOK。
それからも進展が遅くてなかなか先に進まない。
もしやと思って酒に酔っている時にしつこく迫ると未経験を告白。
こちらとしては「おー、3人目だー。」という感激と、「あー、やばいかなー、好きでなくなった時に別れるのがめんどうそう。」という両方の思い。
ま、せっかくなのでいただかないテはないという欲望の方が強く、「大好きなので、抱けないのはとても辛い」と直球勝負。
まあそれなりに年なのでいつまでもというのも彼女にあったようで、「そんなに思ってくれるのなら」と意外とあっさりとOK。
でも、その日は無理で、「次にOKという時にね。」と予約制にされてしまった。
1週間程して「今週末なら」と予約完了。場所は彼女の一人暮らしの部屋。
会社帰りに食事をして、酒を飲んでそのまま直行。
風呂を勧められて出て来るとベッドがきれいに整えられていた。
座ってテレビを見ている内に彼女が風呂から出て来て、なんときれいなパジャマを着ていた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2014年9月8日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】久々の朝立ちでレス解消【熟女】

私35歳、妻33歳。
いつも小1の娘が間に寝ている事もあり、
仕事の責任も重くなり疲れて帰りも遅く、最近はすっかり回数も減って、
する時も適当に性欲を処理するようなモノで終わっていた。
春休みで娘が妻の実家に遊びに行ってる日曜の朝。
久しぶりに朝立ちを覚えた。そういえば年度末で帰りが遅く、1ヵ月近くしてないかも。
パジャマと下着を布団の中で降ろし、妻の方に横向きになり、左隣でスヤスヤ寝ている妻の右手を取る。
右手のひらを上に向けるようにして、その上に私の固くなったペニスを乗せ、自分の腰を揺すって見る。
妻が起きてくれないので、自分の右手で妻の右胸をパジャマの上から揉んでみる。
妻の胸はBカップで大きくはないが、固さがあって揉みがいはある。
そのうち妻の右の乳首が固くなってきたと思ったら妻が目を覚ました。
自分の右手に乗っているものに気がつき、ぎゅっと握ってくる。
そのまま腰を振り、右手は妻の突起への刺激を続ける。
次第に私の先端から粘液が分泌されて、クチャクチャと音がしてくる。
妻の息が荒くなる。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年9月8日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】38歳未亡人マサコさん【セフレ】

少し長編ですが…、若かったあの時を思い出して書いてみます。多少の脚色もありますが、ほとんどが実際の… 、過ぎ去った遙か昔のことです。
その時マサコさんは、戦争未亡人で三十八歳でした。マサコさんとは、私が妻と結婚する前、恋愛中に襲いかかる二人の悩みを聞いて、
私と彼女との仲を取り持ってくれた実質の仲人で、それだけ私たち夫婦には恩恵の深い人だったし、姉のように慕っていた人でした。
その時妻は、出産のため実家にいて、予定日直前の日曜日に妻に会って励まし、その帰りにマサコさん宅を訪れたのです。酒を飲みながら二人で話しているうちに、最終列車に乗り遅れ、やむを得ず泊まって、翌朝一番列車で会社に出勤することにしました。
居間は一部屋しかなかったのですが、私を信じ込んでいたマサコさんは不安もなく、二人は炬燵に丸まって眠ることにしました。どのくらいたったのでしょう…、目が覚めると、部屋には豆球がついていて時計を見ると午前一時、炬燵の反対側にはマサコさんが丸くなって眠っていました。
その寝姿を見て、妻の肌から遠のいていた男の肉は昂ぶった
女の柔肌が欲しい…
妻よりも十歳多い三十八歳の女の肌はどうなんだろう…
その肌は妻と比べてどうなんだろうか…
どんな反応を示すだろうか…
など思うと好奇心で鼓動が早くなる
そんな事は道徳に反することで、いけないことだとは思いつつも、
迷いに迷ったあげく、ついに男の本能が勝った。
忍び足でそっとマサコさんの寝姿に近づいた
マサコさんは丸くなって軽い寝息をかいて眠っていた

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年9月7日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】いもうと【セフレ】

よく晴れた朝。通勤時間の過ぎたこの時間はひと時の静寂がやってくる。
いつもと同じように見えたが、今日は少し違っていた。
とある家の前で4人の人間が慌しく動いている。
「じゃあお留守番お願いね、お土産買ってくるからね。」
「ああ、任せといてよ。ゆっくりしてきてよ義母さん。」
彼の名は勝也。近所の学校へ通う普通の高校2年生である。今日は両親が少し遅めの
新婚旅行に出かけるため
見送りをいていた。
「じゃあ行ってくるわね。雫も良い子にしてるんですよ。」
「はーい、ママ。」
雫と呼ばれた少女は勝也の妹だ。妹といっても血は繋がっていない。
勝也の父が1ヶ月前に再婚し、雫は相手の連れ子だったのだ。
勝也は初めて会ったときから「お兄ちゃん、お兄ちゃん」となついてくる雫に好意を
覚えていた。
そんな時、両親共留守にするというこんなチャンスが回ってきたのだ。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年8月31日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】大笑い【熟女】

 俺の妻は、身長168㎝ B112(Kカップ)W63H95とダイナマイトなボディーをしている。結婚前(16歳から付き合い)から
その体を堪能してきたが、結婚後 子供を1人産んでもくずれない体を今も変わらず愛し続けている。今年で31歳になり子供
も2歳になったが、趣味のヨガの効果か張りのある まったくもっていやらしい体をしている。
俺達の住んでいる所は地方の田舎町で夏には小さな祭りがある。まだ31歳と若い俺達は、男神輿 女神輿を担いでいる。
俺は、褌に半被姿 妻は、ノーブラの上にサラシを巻き下は、短パンそして半被を着て3日間 昼1時から夜10時まで
町中を練り歩いている。子供は、俺の実家に預けて夜迎えに行くパターンだ。今年の夏は、1日2日目と俺だけが神輿を
担ぎ終わったあと友達と呑みにいき妻は、子供と家に帰ると言った具合だったが、3日目には、夜10時に終わる予定が
町内が盛り上がってしまい12時まで担ぎ捲くった。二人ともヘトヘトになり実家に帰り子供を迎えに行ったが、俺の友達
から連絡が来て居酒屋で軽く飲む事にした。妻と子供を連れて行くと友達も家族で来ていて呑み始めていた。俺も妻も
遅ればせながら参加してビールをガバガバと飲んだ。深夜2時前に解散となったが、運転出来る訳もなく近くの健康ランド
にいく事にした。部屋を取り(24時間営業)布団を敷いて寝る体制を整えてから風呂に向かった。子供は、俺が面倒を
見る事にして、妻は、女風呂へ行ったが、勿論二人とも着替えもなにもなく祭りの時の汗で半被は、びしょびしょで風呂
上がりは、健康ランドのパジャマを着るつもりでいた。俺が風呂に入ると俺達と同じく祭りで盛り上がり留まっている客が、
何人もいて(部屋の他にリラックスルーム20人位収容)風呂にも中年オヤジが3人,刺青の入ったチンピラ風の若い男が2人
いた。子供の体を洗っていると後ろから声を掛けられた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年8月30日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ