エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【友達】悪戯が・・【セフレ】

数年前、家に友人があそびに来た時のことです。
私は23彼女の美由は20です。美由とは同棲をしてました。
友人が来るまで時間があるし、どうしても、エッチがしたくなり、美由に腕を縛り目隠しをして、フェラをしてもらいました。
いつも美由とは、こんな感じなので美由も普通にしてくれました。私は黙って、静かな中「チュ・チュパ・チュパ」とイヤらしい音だけが、部屋に響きわたりました。私は、ミニスカートのしたから手を入れ、パンティー越しに触ると、少し、湿ってました。「ひろ、感じちゃう」「もう濡れてきたね」「あん!言わないで」そして、パンティーの隙間から指を入れると、もうビショビショでした。「パンティー脱がすよ」「う・うん」美由は腰を浮かした。私はパンティーを脱がし、指を入れ前後に動かした。「あん・・いや・・」「俺は今から喋らないから、誰かにヤられてると想像して」
「あん・・あ・あん」美由は異常なくらい濡れていた。
「あ・あー、逝きそう」
その時、突然の腹痛に「少しトイレに行って来るから、帰って来るまでこのままでいてね」
「いや、三浦くんきちゃう」
私は、そのままトイレに入った。

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2015年1月3日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】嫁には3人の恋人がいた 【寝取り】

嫁の優香とは、結婚してもう17年も経つ。まだ20歳だった優香を妊娠させてしまった私が、責任を取って結婚した形だった。

優香は、大きな総合病院のナースだった。当時30歳の私は、その2年前に独立起業して、自分でも驚くほど順調に業績を伸ばしていた。そんな中、趣味のフリークライミングで指を酷く脱臼してしまい、治療に行った先の病院にいたのが、優香だった。

まだ見習いみたいな感じだった優香は、あまり上手とは言えない手際で、私に包帯を巻いてくれたものだった。
思っていた以上に重傷だった私は、結局半年以上も病院に通い、優香とはすごく親しくなった。
頼りなかった優香が、どんどんしっかりしていき、ナースとして成長していくのを見て、若干親心みたいなものを感じていた。

優香は、おっとりした顔をしていて、優しそうなイメージだ。でも、色々と話していると、芯が通った負けず嫌いの頑張り屋さんだった。
優しそうな雰囲気で、ルックスもかなり可愛く、おまけにけっこう胸も大きかったので、ちょくちょく他の患者さんにセクハラめいたことをされたりもしていたみたいだけど、けっこう強烈に反撃したり説教したりして、病院でも怖いナースとして有名になってきていたようだった。

でも、普通に接している分には、本当にいい子で、私は多少下心を持ちながら、食事に誘ったりするようになった。

最初は、
『高橋さんは、そういうキャラじゃないですよ! セクハラしたら、私怖いからw』

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2015年1月3日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】学生時代【セフレ】

<>933:えっちな18禁さん:2007/01/06(土)19:00:46ID:7heipAMG0<>
大学時代、おれと年上の女との話。文才ねえし、つまんねえだろうからテキトーにシカトしてくれ。

とりあえず導入。タケシ先輩は俺と高校、大学が同じ1コ上の先輩。高校では同じサッカー部で、大学でも先輩に誘われてテキトーにやっているサッカーサークルに入っていた。タケシ先輩は面倒見がよく、俺とも気が合ったのでかなりの頻度で先輩と遊んでいた。
彩はタケシ先輩の彼女で俺と同い年の女子大生。面は柴咲コウに似てるかな。タケシ先輩がバイト先で知り合ったらしい。タケシ先輩と俺が仲良かったので彩をまじえて3人で遊ぶことも多く、俺とも普通に会話する仲だった。
いつものようにタケシ先輩のアパートで3人でだべっているある日の話。俺とタケシ先輩がウイニングイレブンに飽きてきたとき、急に彩が俺に言った。

彩「○○クン、彼女いるの?」
俺「いないよ。」
彩「タケシさんと同じサークルでしょ。女の子も結構いるんじゃない?」
俺「いるけど。かわいい子は彼氏いたりするからなあ。」
当時、俺は女の子と付き合うよりは自分の趣味に時間を使いたいという思いのほうが強かった。
彩「ふーん。○○クン一見コワモテだけど、優しいし、結構イイと思うけどな。あ、そうだ、誰か女の子紹介してあげようか?」
俺「いや、いいよ。なんか紹介されてってのも恥ずかしいしなあ…。」
今だったら喜んで紹介してって感じだけど、そのときはマジでどうでもよかった。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2015年1月2日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】熟女との思い出【セフレ】

これは俺が二十歳の時の話です。当時俺は大学生で、雑居ビルの雀荘でアルバイトをしていました。
彼女はそのビルのオーナーさんで、店にも客として遊びに来ていました。
彼女はバツイチの42歳。旦那の浮気で離婚。慰謝料代わりにブン取ったマンションと雑居ビルの家賃収入で生計を立てているようでした。
垂れ目で、顔だけ見るとやさしそうな印象を受けますが、身体はかなり大柄です。身長は170近くあり、かなりふくよかな体格をしています。
服は少し派手目の物が多かったですが、ケバケバしい印象はありませんでした。タレントで言うと斉藤由貴に似てると思います。
その店はSETの客が多いため、彼女の相手はいつも俺の役目でした。
そのうち自然と仲良くなり、晩飯をご馳走になったり、彼女の部屋にも招待されるようになりました。
招待といっても彼女の麻雀仲間の数人も一緒で、徹夜で麻雀をする為に呼ばれていただけのことなのですが。
その日も彼女がやって来ました。深夜12時に閉店になるまで打ちましたが、その日の彼女の成績は散々なモノでした。
多少、気性の荒い人なので、かなりのご機嫌ナナメです。
「このままじゃ治まらないから、この後家で続きをしましょう!」
と言うと、すぐに麻雀仲間に連絡しました。当然俺も連れて行かれるわけです。近くの飲食店で軽く腹ごしらえをし、彼女の部屋に向かいます。
彼女の部屋は3LDKのマンション。1人暮らしには広すぎる間取りです。
麻雀仲間は30代くらいの水商売風の女性Aさんとその友人(ヒモみたいな男20歳後半か30くらい)の2人です。ほとんど毎回このメンバーです。
2人は彼女の家の中で待っていました。自動ジャン卓に座ると挨拶もそこそこに麻雀が始まりました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2015年1月1日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】こいつ変態だから下着つけてないんですよ【セフレ】

前につきあっていた彼氏が露出系AV大好きな人でした。
その彼氏と夜に食事してたら突然ボーリングに行きたいと言い始めました。
その時の私の服装はヒラミニにTバックとボーリングなんかしたらお尻丸見えの服装です。
抵抗したけど夜だから大丈夫と言うのでしかたなくボーリングに行きました。
ボーリング場は半分くらい空いていて私達のレーンは両隣とも空きなので、まあいいかと思いボーリングをやりました。
でもお尻が見えるのでゆっくり投げていたのでスコアはあがりません。
すると彼氏が「賭けをしよう。お前が負けたらNBNPな」と言い始めました。
私は普通にやってもよくて100くらいで彼氏はいつも150以上なので最初から話になりません。
なんとかハンデを120貰いました。
でも結果は私が60ちょっとでハンデを足しても180ちょっとなのに彼氏は200以上で私の負けです。
1ゲームだけの約束でトイレで下着を脱いでレーンに戻ってきました。
そしてゲームをやろうとした時に隣のレーンに大学生くらいの男性の団体が来ました。
予想外でしたが彼氏は「約束だから」と許してくれません。
いくらゆっくり投げてもお尻は見えるし胸は揺れるので隣のレーンは私を見ています。
恥ずかしくて周りを見る余裕もなくさっさとゲームを終了しようとしました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年12月30日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】家庭教師をしていた教え子に犯された!Vol.2【セフレ】

2008年10月18日(土)
こんにちは、尾名ルカです。
この前の続きですが、私は家庭教師をしている教え子の健児君のおもちゃにされていました。
私自身も最初はレイプ同前にされたにも関わらず、今では健児君の家に行ったと同時に全裸にされて、前戯も無しに入れられてもイキまくってしまう女になってしまいました。
いつも前戯もされてないくせにアソコはいつもビショビショで、それを言葉で責められると、もっと濡れてしまいました。
そんな関係がしばらく続くと、たまに健児君が「ハメ撮り写真撮らせろ!」と言ってくる時がありました。
もちろん私は恥ずかしいので、「無理よ、それはダメ!」と言ったのですが、「じゃあ、もう家くんな、今日で終わりな!」と言われてしまうと断れなくて、何枚か写真を撮らせた事がありました。
写真の内容は、裸で両足を広げて自分の手でアソコを広げている写真や、中に出したあとの精液が出てくる写真、あとは入れている最中に私がイっている写真などです。
撮らせたあとは後悔しましたが、結局断れないので泣き寝入りしかありませんでした。
そして、そんな写真の事は忘れかけていたある日、もう一人の教え子の靖史君の所へ行きました。
靖史君はいつもよりもさらに静かで元気が有りませんでした。
私は気にせずに勉強を始めようとすると、靖史君が話しはじめました。
靖史:「先生、ちょっとコレ見て欲しいんだけど・・・」
ルカ:「ん?何何?」
私は一瞬心臓が止まるかと思いました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年12月28日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】合コンに誘われて【セフレ】

今から5年程前のこと。当時、学生だった私は
中学の同級生清美から電話がきて
合コンに誘われました。清美とは同じクラスだったけど
そんなに親しくなかった、、なんで突然電話なんて
来るんだろう、、って思ったけど暇だったのでok。
合コンの場所は居酒屋。人数は男:女=3:3。
相手の男達はみためはかっこいいかんじだけど
遊んでる人っぽかった。色が黒い(肌の)
普通に盛り上がってカラオケに行く事になったんだけど
男の一人がこの近所に住んでるっていうことで
その男の車をとりに行こう、ということになった。
で着いたマンションで清美が急に「腹痛い!」って
言い出して、皆でその男の部屋にいった。
6人だとキツキツで変な密集感があって
当時ウブだった私はそれだけでドキっとしたなあ。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年12月27日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】友達の妹に、、、【セフレ】

あれは俺が中3の夏ごろ、俺はおなじクラスの大介(仮)の家でよく遊んでいた、大介の家は両親が離婚していていわゆる母子家庭だ。大介には年の離れた妹がいて夜は母親が仕事のため、大介がその妹の面倒を見ていた。妹は美紀という名前で小学2年生、パッチリとした目が印象的でとても可愛い子だ。俺は中1位から幼い女の子に興味があり実は大介の家によく行くのもこの美紀ちゃんが目当てだった。
大体いつも夕方くらいに大介の母親が夜の仕事に出かけて夜中に帰ってくる、俺は大体出かけたあとくらいに大介の家にいき8時ごろまで大介の家でゲームなどしていた。リビングにゲームがある為大介がゲームをしてる時は隣の部屋で漫画を読んだり美紀ちゃんと遊んだりしていた、大介は「お前がいる時は美紀に邪魔されずにゲームが出来るから助かるよ。」と俺が遊びに来ると妹の面倒を俺に見させてた。
ある日いつもの様に大介の家で遊んでると大介が「なぁ、悪いけど10時まで俺んちで留守番しててくれねぇか?俺健二たちとゲーセン行くって約束したんだよ、、、美紀の面倒もみてて欲しいんだ。」と思いがけない言葉に「しょーがねぇな、いいよ。」と言い大介は「悪ぃな、母さんや美紀には俺がゲーセン行くってこと内緒にしててくれよな。」と言いそのまま出かけて行った。
「大介兄ちゃんどこ行ったの?」と隣の部屋から美紀が聞いてきたので「えっ、、ああ、なんか友達の所に忘れ物取りに行ったよ。」と適当に誤魔化しつつ俺はこの状況にかなり興奮していた。
以前から何度か美紀と遊んでいる時にドサクサに紛れてパンツを見たりお尻を触ったりとかは在ったけどやはり大介が居た為かそれ以上はなかった。
俺はいつもこの家で美紀と遊んでると勃起してしまう、それは俺がロリコンというのも在るけどここ1年ほどオナニーのおかずは美紀だからだろう、この家でドサクサに紛れて美紀身体を触ったりして自分の家帰った時にその感触を思い出して、頭の中で美紀に悪戯をし毎日オナニーをしていたからだ。
いつも俺が漫画を読んでると退屈した美紀は俺にチョッカイを出してくる、とりあえず美紀がチョッカイ出してきたらくすぐったりしながら美紀の身体を触ろうと思い横になり漫画を読んだ。
すると案の定美紀が俺にチョッカイを出してきたのでガバッと起き上がり美紀の両腕を掴んで美紀を押し倒し脇をくすぐりました、「あははははっ!くすぐったいっ!きゃ〜〜〜!!」といつもの感じだ、いつもならそのまま美紀の胸に顔を押し付けたりするのだが今日は大介が居ないのでいきなり美紀のお尻をつかみ揉みまわした、
ここまで大胆に触るのは始めてで物凄い興奮した、それでも美紀はバタバタと「くすぐったい」「きゃー」の連発だ。
俺は左手で美紀の脇をくすぐりながら右手で小さなお尻のホッペを揉んでいる、もうギンギンに勃起しているのがわかるくらいに俺は興奮している、とその時「ぷぅぅ〜」
と可愛い音が美紀のお尻からした「あははは〜オナラ出ちゃった〜」と笑いながら美紀が言った、俺は美紀をうつ伏せにして「オナラする悪いお尻はここか!?」とスカートの上からお尻の穴らへんを指でなんども突付いた。
美紀は「あはは、もうしませ〜ん」と足をバタバタしながら言ったで足の裏をくすぐりながらお尻の穴を突付いた、「きゃ〜!あはは!足の裏いや〜!あはは!」と力むのでまた「ぷっ」っとオナラがでた、美紀はつぼにはまったらしくゲラゲラと笑い転げてる。
「もうゆるさないぞ〜悪いお尻の穴はお仕置きだー」と美紀のスカートを捲くりあげてアナルらへんめがけて顔をギュッとつけ、思い切り息を吸い込むとオシッコの匂いとすこしウンチの匂いがしとても興奮し、はじめて女のアソコの匂いに感動しわれを忘れるくらいうつ伏せになってる美紀のお尻でスーハースーハ—し。美紀は「あはは、お尻が熱い〜、くすぐったい〜」とHなことをされてる感覚はまるでなく、俺は美紀の白い木綿のパンツに手をかけ「よし!お仕置きだ〜」と
パンツを膝上あたりまで脱がすと、小さなおしりがプクッと出てきた、すこし覗き込むとアソコはピッタリと閉じていて1本のスジになっていたのを見てネットで見るロリ画像と同じだったがすごく興奮した、「ああっ〜パンツ脱がせた〜エッチぃ〜あはは」と特に嫌がる感じはなく美紀はいつもの遊んでいる感覚だ、「美紀ちゃん、今から悪いお尻の穴にお仕置きするからじっとしとくんだぞ」と言うと「は〜い」とすこしおとなしくったので{しめたっ!}と思い美紀の足を開かせて小さいお尻を広げると「クパァ」っと小さい音がしほんの少しだけワレメが開いた、それだけでもう俺は逝きそうなほど興奮し、そのままアソコに鼻をつけ思い切り匂いを嗅いだ、パンツの上からとは比べ物にならない幼女の匂いだ、「なにしてるの、、、」と美紀が心配そうに顔を向けるので「お仕置きなんだから見ちゃダメだよ!」と言いそばにあったタオルで美紀を目隠しさらに「そのまま目をつぶっとくんだよ」「わかった〜目ェ開けてないよ〜」とうつ伏せのまま答えた。
俺は美紀の小さなアナルに舌をつけ舐めた、すこしにがしょっぱい味がする。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年12月26日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【レイプ】※拡散希望※ 【強姦】

皆さんどうかこの文章をいろんな掲示板に拡散してください。私の友人で、広島県呉市の柏木菌茸という障害者の為の会社で働いていたのですが、その子は、会社にいた原田ってゆう三原市からきた男の子が好きだったんです。
その男の子に告白したんですが、その男の子に好みのタイプじゃない。彼女がいるからって言われました。それでも諦めずに仕事が終わった後、その男の子に抱きついてしまいました。( ̄▽ ̄;)
俺のことまだ好きなん?って言われて、抱きつくの嫌だったら離すよって言ったら、抱きついてもいいよ。一回だけだよ。胸触れているよ。触ってもいいの?と聞かれ、うなづいたら、向こうが抱きついてもいい?と聞かれ、向こうも抱きつかれておもいっきし触られました。抱きつかれて安心感がありました。その時は4月26日(土)の2時55分頃でした。
月曜日になり、原田さんから抱きつかれてどうだった?って聞かれ、好きな人に抱きつかれたらドキッとしたと言ったら、気持ちいいことを教えてあげようかと言われ、ついていってしまい、胸と下半身を見られ、触られました。
トイレにも連れていかれ、下半身をおもいっきし触られました。その時はケータイを持っていて、ジャンパーで顔を隠され、ケータイで写真を撮って、撮った写真を職場の人に見せていました。その子は撮られた事が全くしりませんでした。写真撮られた話は職場の人に後日に聞きました。
それに俺の前でおしっこしろって言われ、無理やりされました。本当に恥ずかしかったそうです。原田さんの前でおしっこをしたくありませんでした。そして触るのがこれで最後よと言われ、ずっとそばにいたい。話がしたいと言ったら、彼女がいるから。ごめんなと言われ、その子はそれでも忘れる事ができず、手紙を何回も書いてしまいました。そしたら相手もうんざりになったのか、うるさい。しつこい。やかましい。好みのタイプじゃない。と言いながら体を何回か触られました。彼女がいるのに何で女の子は触られたら、精子がでるの?と言われました。女の子の中ではお前にしかいないといわれたり、俺の下半身舐めてみる?触ってみる?と言われました。最後的には、お前の人生は絶望した。お前の人生はなくなったと思っとけ。お前の人生はなくなった。だから部長に信用なくされるんだよ。お前が部長に言っても俺が言った事しか通用しない。部長は俺の気持ちをお前に言う。お前が言ったとしても無駄。部長に言う。親には言ってるが部長には言わないでと言ったとか言ってきた
ついてくるな。ストーカーと言われた。
(原田さんも可愛い女の子が見かけたらストーカーしているみたい)
7月7日話し合いしましたが、親と向こうの親と話し合いしましたが部長はあなたが悪いと言われました。原田さんの言い分しか通用しませんでした。その子だけ厳しくして、反省文書きなさいと言われ、そしたら会社、働いていてイヤになったので辞めました。
今は原田さんは嫌がっています。嫌っています。話しかけてきたらあっちいけ。話しかけてくるな。ついてくるな。と言われました。うちは体の写真ですら部長に話を通用されてくれませんでした。納得がいきませんでしたが、それでも原田さんの事が忘れられません。
何年か経ったら、忘れて原田さんはその子に話しかけてくるのでしょうか?無視するのしょうか?
今は相手にせずそっとしています。
話しかけたら、相手の親に話しています。
原田さんの悪いことは原田さんの親に言わず、その子の悪いことしか話していません。
その子は自分のやったことは全て話しています。それなのに部長は自分のやったことは話していないと言われました。あまりにも前の部長はひどいです。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||

2014年12月23日 | エロ体験談カテゴリー:レイプ体験談

【友達】ネコ語【セフレ】

私が小学1年生の時に家に貰われてきた妹(ぬこ)と母の話。
当時私が25才くらいだから、20才の頃かな。
人で言う100歳はとうに超えてもなお弁の立つ娘で、
こちらがトイレや風呂に入っている時に、しきりと話しかけてくる。
∧_∧
(#゜Д゜)ニャー!!ガオガオガオ!!!
                  (・ω・`) んん〜?そうなん?
∧_∧
(#゜Д゜)ニャー!!ヴォアオゥオ!!!
                  (・ω・`) そうねぇ、大変やね。それからどうしたと?
∧_∧
(#゜Д゜)ニャー!!ングォオニャ!!!
                  (・ω・`)えらいねぇ。 がんばったとね〜。
∧_∧
( *・∀・) = 3

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2014年12月22日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ