エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【マニア】 嫁の由紀恵が巨根の松田と温泉旅行に行った2【フェチ】

嫁の由紀恵と松田との温泉旅行の録音を聞いて、まだ宿にさえ着いていない序盤だけでもう後悔していた。運転する松田のペニスをフェラしながら、我慢できなくなった由紀恵は、サービスエリアでカーセックスをした。
それだけでもとんでもなく凹む内容だったのに、二人が話す内容がきつかった。
由紀恵は、先日の自宅でした松田とのプレイの最中に、中高とヤリ部屋に通って大学生に廻される日々だったという話をした。それは、私を興奮させるためのウソだったと、由紀恵は後で私に説明したが、ドライブ中に松田と話す内容は、それが本当だったと物語っていた。
どちらが本当か、もう聞くまでもないと思っていた、、、
ただ、この状況ですら、興奮しすぎてイキそうな私がいる。多少心が落ち着いたので、続きを再生した。
録音するのはセックスの時だけという指示だったので、いきなりセックスの最中になった。
こんな事なら、全てを録音させれば良かった。移動中に何を話したのか、気になってしかたない。
”ちょっと、まだ食事中だって!宿の人も来るかも知れないって!”
松田の声が響く。
”だってぇ、、 口移しで食べさせてくれたからぁ、、、  もう我慢できないよぉ、””マジ淫乱w じゃあ、由紀恵が食べさせてよ。”
”食べさせたら、すぐ入れてくれる?”
”いいよw”由紀恵がこんな事を言うとはとても信じられない。
本当に、ただのビッチがいる感じがする。
”美味しいw 由紀恵、すっごく美味しいよ。愛してるよ。”
いきなり真剣に口調で言う松田。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2018年1月13日 | エロ体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【寝取られ】婚約者を御曹司に肉体改造された完 【寝取り】

僕には、学生時代にイジメの対象になり、イジメっ子の性のはけ口になった過去があった。僕は彼に雌としてしつけられ、身も心も雌になっていた。

でも、卒業を機にその甘い地獄から逃げ出し、普通に女性の恋人も出来た。そして、その恋人のさとみさんと、結婚することを意識するようになっていたある日、僕は新しい地獄に堕ちた。

#8212;#8212;僕は今、恋人のさとみさんに、正常位で責められている。さとみさんがはいている革のショーツには、直径6cmはあるペニスバンドが生えていて、その極太が僕のアナルに根元まで突き刺さり、容赦なくピストンをされている。

「ダメぇっ! おかしくなるっ! さとみさん、ダメっ! 死んじゃうっ! あぁっ! あぁーっ!!」
僕は、雌の声で叫ぶ。声帯も中須さんにいじられ、改造され、本当に女の子みたいな声になった。
僕は、もう見た目は完全な女の子だ。髪も肩よりも長く、ゆるふわなカールがかかった可愛らしい髪型だ。そして、整形手術によって、もともと女顔だった僕は、女の子そのものの顔になった。目もぱっちり二重で、アゴやエラなども、よりか弱い感じに見えるように削られた。

胸も豊胸手術をされて、Dカップはある。まだ日本では承認されていない素材を使った手術だそうで、見た目は豊胸丸わかりではなく、驚くほどナチュラルだ。
一度、胃腸炎を起こしてしまったときに、中須さんの病院で診察を受けたが、その医者に本当に驚かれた。医者の目で見ても、女の胸にしか見えなかったそうだ。

そして、全身を完全脱毛されて、睾丸まで摘出された。もう、家族にも会えない……そうあきらめている。でも、中須さんに抱かれると、そんな事はどうでも良くなってしまう……。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2015年2月12日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】彼女をイカせて下さいと他の男に頼む僕3 【寝取り】

土方さんの言いつけを守れなかった真希は、土方さんの命令で服を着せられた。

土方さんは、真希とのセックスで射精をしていないが、とくに気にすることもなくセックスを中断して、真希に指示を与えた。

真希は、言われるままにもう一つのベッドルームの方に行き、戻ってくると、今まで見たことがないようなセクシーな格好をしていた。

上は黒のブラウスみたいな形の服だが、メッシュでスケスケになっていて、真希の形の良い胸やくびれたウエストが丸見えになってしまっている。

そして下は、股下ゼロセンチくらいの黒のスカートを穿いている。

スカートの中から伸びたガーターベルトが、太ももの途中までの黒の網タイツに繋がっている。

真希は歩きながら、何度もスカートの裾を下に引き下ろそうとする。すぐにずり上がってしまうようだ。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2015年2月3日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【痴女】女子更衣室の秘密 【M男】

「ようやくこれを実行に移す時が来た。」僕は手製のカギを握りしめて震えた。
インターネットで手に入れたカギの簡易複製キットで作成したカギ。
オリジナルのカギは全校集会で貧血で倒れたふりをして無人の職員室から10分だけ拝借。粘土で型を取った。

年上のお姉さんと付き合うのを夢見て、全寮制の中高一貫校に入った。
実際に待ってたのは、この背の低さと童顔からくるカワイイキャラの定着。

高等部や中等部3年の上級生、中2の同級生はもちろん下級生の女の子、果ては男にまで「かわいい」呼ばわりされる。
実際、学校のイベントのときにはアニメキャラの女の子のコスプレをすると、下手な女子より受ける始末。

でも本当は男としての性欲が人一倍強くて、休みの日は朝から晩までチンチンをいじっている。
とにかくお姉さんが好き。全寮制とはいえ男女で棟は違うけど、食堂なんかは共用。一日中回りに大好きなお姉さんたちが居る。でも触れることもできない。せめて、このたまりにたまった鬱憤を晴らしたい。
それで思いついたのがこの作戦。

日が傾き、廊下は陰り始めた西日に照らされている。学校の裏は広大な林なのでヒグラシの声が鳴り響く。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2015年1月26日 | エロ体験談カテゴリー:痴女の体験談

【友達】女にだって性欲はある。【セフレ】

今日は久々にヒマ。
退屈だから以前から立ち寄っていたここに足跡を残す事にしてみた。
私は、某体育大卒のOL。と言っても、もう大学は4年ほど前に卒業した。
体育大卒で、学校の体育科の教員になれなかった女の末路は悲惨。
ご多分にもれず、私も採用試験にめでたく不合格。
中々就職先にありつけず、卒業後にバイトからこつこつがんばり、やっとこのほど正社員
になった。
職場にはそこそこいい男もいるけど、そこそこかわいい女の子が多くいるので、私のような
筋肉バカ女は、ほとんど女扱いされない。
中学の頃から始めた水泳のおかげで、「これでもか」というほどのアスリート体型に合う、 かわいい服など皆無だし、顔もレスリングの吉田選手ににているとよく言われる。
付いたあだ名が「姐さん」だ。
ほぼ毎日、アパートと会社の往復で、合コンなどに誘われてもかわいい子を引き立てるピエロ
見たいな役回りだ。
そんな私にだって、あたりまえに性欲はある。
初体験が、高校3年の秋口で、相手は大きな声では言えないが叔父(父の弟)だ。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2015年1月22日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】ブラジャーの中の500円玉探しから・・・【セフレ】

高校生の頃、友達の家でみんなでお酒を飲んでいた時の話。
とりあえず今までの人生の中で、一番興奮したエロ体験ですよっと。

友達の親が、「酒は飲んでも飲まれるな。これが守れるなら飲んでもいい。許可」ってな人だったもんだから、
その好意(?)に甘えて、お酒を飲むといえばそいつの家と決まっていたんだ。

で、いつもの酒盛りをしていたらだんだん眠くなってきた。
おんなじようなタイミングで眠くなった女友達、サユキといっしょに、
他のみんなより先に、奥の部屋で先に寝ることになった。

「人の家で変なことすんなよw」「なんか怪しいなw」

とかなんとか言われつつ、童貞でヘタレな俺は、

「うっせーよ!付き合ってもいねーのにそんなことしねーよ!」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2015年1月17日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】恥ずかしがりの嫁と俺の親友のマッサージ完 【寝取り】

景子は、俺のつまらないイタズラ心で、俺の親友の浩介と肉体関係を結んでしまった。
その中で、俺に寝取られ性癖があることを見抜き、わざと興奮させるようなことをする景子。

ただ、景子も、浩介とのセックスで感じてしまい、イカされてしまったことに、自分自身戸惑っていた。そして、それが間違いだったと証明するために、俺のいないところで、浩介と二人きりでセックスをさせて欲しいと言った。

そしてそれを終えて帰ってきた景子は、
『全然気持ち良くなかったよ』
と言ってくれた。

それですべて解決して、もとの夫婦に戻れるはずだった。でも、浩介が隠し撮りした動画を見て、景子がウソをついていたことを知ってしまった。そのウソは、大学時代にまでさかのぼる、大きく長いウソだった……。

#8212;#8212;俺は、飛び散ってしまった精液を拭き終えると、震える指で再び動画を再生した。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年12月16日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】若いメルトモ【セフレ】

10年前のことだが、ド○モの○モードが出だしの頃だった。
無料の出会い系サイトが流行ってて、私は大手企業社会人ルーキー25歳で地方配属とまだ若かったせいか、夢中で女性の投稿にメールしまくってた。
だいたい3%程度の確率で返事が来るんだが、自宅ワンルームから100キロ程度離れたF市に住むYちゃんという19歳の女性から返事が来た。
「よし、釣れた」。
大体、出会い系に投稿してくるくらいだから純粋な付き合いなんかお互い望んではいない。
「いま何してるの?」から始まって、「どこの高校だったの?」や最初は質問攻めです。
ここまで一週間くらいですが、なかなかリアクションの良い子だので、こうなったら一か八か下ネタです。
だいたいここで嫌われるんですが、H県のセーラー服のM高校出身の子だったので、私のエロ心が燃えました。
Yちゃんは比較的マゾっぽい子なので、「高校時代の制服(セーラー)に着替えなさい」とか、「スクール水着に着替えなさい」とか、「ブルマと体操服姿になりなさい」といった注文に対して「はい、恥ずかしいし寒いけど、着替えました。次はどうすればいいですか?」「親が起きてくるとたいへん」とか私の理想通りです。このときは白黒ケータイなので、写メールすらありません。もう我慢できなくなった私は、「電話番号を教えなさい。お兄さんがもっと恥ずかしくしてあげるから」とメールしました。
そうしたら、素直に電話番号をメールしてきました。わたしはすぐに電話しました。
まだあどけなさの残る声でした。ブルマ姿だったので、早速、「ブルマの上からオ○ンコを触ってみて。早く!」、「紺色のブルマを膝まで脱いで思いっきり脚を開きなさい」、「ブルマを膝に引っ掛けたまま指をオ○ンコに入れてみなさい」、「太ももにブルマをつけたままクリ○リスを激しく触って」、「そのまま俺のチ○コ舐めたいか?」の命令に対してYちゃんはかなり興奮している様子。電話越しの声も荒くなってきている。
072には慣れている様子なので「まだイッたらダメだよ」といった瞬間、鼓膜が破れるほどの声で「そんなのムリよ~!!!」と泣き声で主張するのです。
すこし間があって「ごめんなさい・・・」
彼女は本気だったのです。
それから私は「ごめんね、Yちゃんだけに恥ずかしい思いさせて。お返しに今度は俺がYちゃんに072見せるから許して」と言うと、「いつ?私ブサイクだよ」と言うので、早速次の週に約束し、当時乗っていたアコードで高速に乗って会いに行きました。かなり抵抗しましたが、一応M高校の夏セーラー服持参を注文しました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年12月3日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】私おかしいんでしょうか?【セフレ】

排卵時期が迫るとやたらSEXしたく(しかも生で!)なります。
おかしいんでしょうか
相手の望むこともどんどんしてあげたくなっちゃいます。
この前は携帯に連絡くれたトキさんと生エッチしました〜
ゴスロリやバドガールにコスプレ希望だったので、着てあげるとすっごく喜んでくれて嬉しかったです。
何が嬉しいって、その下半身の興奮ぶりがです!
計7発も発射してくれて、たいへん美味しかったです♥
こんな私ですが、みなさんご連絡くださーい。
090-6911-1511

エロ体験談検索用タグ

|||

2014年11月20日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】先輩が自分の嫁さんを抱いてくれとお願いしてきた5 【寝取り】

会社の一番信頼できる先輩に頼まれて、奧さんのミクさんと深い関係になった。寝取られ性癖の先輩の要求はエスカレートしていき、それに応えて俺も、ミクさんに対してあらゆる事をしてしまうようになっていった。

人妻のミクさんに、夫の先輩ですらしたことがないことをするのは、甘美な果実のように俺の心を捕らえて放さなかった。

そんな中、日頃のお礼と言いながら先輩が俺に手渡してきたUSBメモリの中には、地獄と天国が入っていた。

俺の嫁の恭子。スポーツドリンクのCMで、人魚になった芸能人みたいなルックスの恭子は、俺の自慢の宝物だと思っていた。
それが、俺がミクさんにしたのと同じようなことを、そっくり先輩にされていた……死ぬほどのショックを受けながら、興奮する自分を隠せなかった。

そして今俺は、駅前の個室ビデオのブースで、先輩に渡された動画を見ていた。

動画を再生すると、画面はピンクと黒で染まった。ピンクは恭子で、セクシーなランジェリー姿だった。そして黒は、ムキムキのバキバキの黒人の裸体だった。
その黒人は、ムキムキなのに鈍重な感じはなく、クロヒョウみたいな雰囲気だった。そして自分自身の馬鹿げたサイズの黒棒を握り、ニヤニヤした顔で恭子を見つめている。
恭子は、日頃俺を喜ばせるために着ているようなランジェリーを身にまとい、黒人のチンポに自分の腕を近づける。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年10月16日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 3712345...102030...最後 »

このページの先頭へ