エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【友達】他人(ひと)の皮を被る 一話【セフレ】

 世界には同じ顔をした人間が3人いる。
 ドッペルゲンガーとも呼ばれる有名な都市伝説だ。
 大門晃(おおかどあきら)はその都市伝説を、ぶらりと足を伸ばした街の喫茶店で思い出した。「いらっしゃい……あら、久しぶり」
 喫茶店の女主人は晃を見るなりそう笑いかけた。晃は訝しむ。
 その店に入ったのは間違いなく初めてだ、久しぶりとはどういう事か。
「ええと、どこかで会ったっけ?」
 晃が問うと、女主人は目を丸くした。
「何言うんだい、お前さん」
 そう言って晃の頭からつま先までを何度も見やる。
「……確かにいつもみたいにスーツじゃないけど、じゃあ何、他人の空似かい」
「おそらくは」
 晃が頷くと、女主人はふうん、と唸った。
「驚いたね、瓜二つじゃないか。まるで双子だよ」
 晃はそれに愛想笑いを返しつつ、かの都市伝説を思い浮かべる。 ドッペルゲンガーの知り合いは女主人だけではなかった。
 公園を歩くと老婦人が会釈をし、砂場の子供が挨拶をする。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2015年1月16日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【童貞】ませた従姉妹とロリマンママとの一週間3 【処女】

毎年恒例の、別荘での1週間の休暇。従姉妹の愛花ちゃんと、初日からとんでもない事になってしまった。

テニスとそのあとのセックスでの疲れか、愛花ちゃんは可愛らしい寝息を立てて寝ていた。
僕は初体験の興奮と、さっき聞こえてきた愛花ちゃんのママのあえぎ声で、完全に興奮状態になってしまい、なかなか寝つけなかった。

そして、猛烈に喉が渇いてきたので、そっとベッドを抜け出し、リビング横のキッチンに行き、冷蔵庫を開ける。中にあったセブンアップを飲みながら、リビングのテーブルに座り、テーブルの上にあったスナック菓子を食べ始めた。
考えてみれば、今日はまともな食事はしていない。テニスの時にコンビニのおにぎりを食べ、風呂に入る前に菓子パンを食べた程度だった。

同じロッジの中に3人寝ているので、音を立てずに飲食していたら、いきなり二階でドアが開く音がして、すぐ階段を降りてくる足音がした。

僕は、慌てて愛花ちゃんが寝ている1階の寝室に戻ろうとしたが、声をかけられてしまった。
『あれ? 誰かいる?』
少し寝ぼけたような声の愛花ちゃんママだった。千里さんは、あくびをしながら降りてきたが、タンクトップみたいなシャツに、短パンというか、ホットパンツみたいな格好だった。
さっきまで童貞だった僕には正直刺激が強すぎて、まともに見ることが出来ずに明後日の方を見ながら、
「はい、ちょっとお腹空いたんで……」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2015年1月15日 | エロ体験談カテゴリー:初体験談

【レイプ】おとり捜査 【強姦】

「被害者の住まいは、またコーポフレアだ」
主任のこの一言に、室内は、様々な感情が入り混じったため息で満たされる。
「既にみんな知っての通り、ここは3階建てのアパートだ。アパートと言っても、まだ築2年、鉄筋でセキュリティも厳重、マンションなみの設備を誇っている」
「被害者の部屋はまた2階ですか? それとも1階?」
「まあ、焦るな、高水」
そう声をかけたのは、管内でここ数週間に連続発生する、一連の婦女暴行事件の捜査担当主任、山下であった。難関である巡査部長試験を1回でクリアした山下は、30代半ば、技量、経験ともに捜査の責任者としては充分な人間である。室内には山下のほかに、10名程度の刑事課捜査員がいた。東京都下、といっても都心部から電車で1時間程度かかる街であるが、その一地方警察署2階の小会議室に集合した面々である。高水はその中で最も若い25歳、交番勤務の巡査からこの春、転向したばかりであった。
「これで4人目か・・・」
高水のその独り言に、室内は暗黙のまま同意する。一時の沈黙を破り、山下がまた話し始める。
「そうだ。これで4人目だ。今回の被害者は竹山亜紀子、21歳。明星女子大学3年生。部屋は2階、202号室。被害状況は今までと酷似している。犯行時間は深夜3時すぎ。施錠し忘れたベランダの窓から犯人は侵入、寝入っていた被害者は刃物で脅し、そのまま暴行、金は取らずに立ち去った」
「全く、何で鍵をしないんだか・・・」
「同じアパートで既に3件暴行事件が発生、しかもみんなベランダから侵入されている。我々も充分注意喚起してきたつもりなんだがな・・・」
「最近急に暑くなってきたからねえ。開けたまま寝ちゃうのもわかるわ・・・」
そうつぶやくのは、水元沙紀。28歳の女性刑事だ。交通課を経て、去年刑事課に異動となったこの女性は、空き巣、痴漢、万引きといった軽犯罪を主に担当していたのだが、今日のミーティングには山下の指示で出席をしていた。
「そりゃ先輩、確かに暑いですけど・・・」
高水は水元の下でいろいろと手ほどきを受けたこともあり、先輩、先輩、となついている。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2015年1月14日 | エロ体験談カテゴリー:レイプ体験談

【友達】学生時代【セフレ】

<>933:えっちな18禁さん:2007/01/06(土)19:00:46ID:7heipAMG0<>
大学時代、おれと年上の女との話。文才ねえし、つまんねえだろうからテキトーにシカトしてくれ。

とりあえず導入。タケシ先輩は俺と高校、大学が同じ1コ上の先輩。高校では同じサッカー部で、大学でも先輩に誘われてテキトーにやっているサッカーサークルに入っていた。タケシ先輩は面倒見がよく、俺とも気が合ったのでかなりの頻度で先輩と遊んでいた。
彩はタケシ先輩の彼女で俺と同い年の女子大生。面は柴咲コウに似てるかな。タケシ先輩がバイト先で知り合ったらしい。タケシ先輩と俺が仲良かったので彩をまじえて3人で遊ぶことも多く、俺とも普通に会話する仲だった。
いつものようにタケシ先輩のアパートで3人でだべっているある日の話。俺とタケシ先輩がウイニングイレブンに飽きてきたとき、急に彩が俺に言った。

彩「○○クン、彼女いるの?」
俺「いないよ。」
彩「タケシさんと同じサークルでしょ。女の子も結構いるんじゃない?」
俺「いるけど。かわいい子は彼氏いたりするからなあ。」
当時、俺は女の子と付き合うよりは自分の趣味に時間を使いたいという思いのほうが強かった。
彩「ふーん。○○クン一見コワモテだけど、優しいし、結構イイと思うけどな。あ、そうだ、誰か女の子紹介してあげようか?」
俺「いや、いいよ。なんか紹介されてってのも恥ずかしいしなあ…。」
今だったら喜んで紹介してって感じだけど、そのときはマジでどうでもよかった。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2015年1月2日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】兄嫁も交えて【セフレ】

 優希とは、某サイトで知り合った。  とはいっても、彼女が書き込んでいる「ブログ」に、オレがまめに「コメント」を書いているうち、メールのやり取りをするようになった。
 優希は、32歳、2歳と3歳、の子持ち、旦那の実家に、3世帯で暮らす、兼業主婦さんだ。優希は、サイトには、ほとんど参加できず、メールでのやり取りが主なのだが、、ある日「今度、逢って、会話しようか??」ってメールを送ったら、しばらくして「私は、このサイトは、兄嫁さんから紹介してもらったんで、兄嫁さんも一緒でもいいですか??」と返事が来た。 オレは、、「えっ、聞いてないようぉ~~」ってな感じだったけど、、、まぁ、気晴らしで「それでもいいよ」って返事をした。
 普通に考えれば、兄嫁は、優希の(オレの)監視役で同席することはわかっている。彼女たちは、平日の午前中、午後の早い時間しか、都合はつかないらしい。
彼女たちの都合にあわせて、郊外のファミレスで待ち合わせをした。  程なく現れた彼女たちは、優希は150センチそこそこだが、兄嫁は、165センチくらいあって、スレンダーな体系をしていた。名前は、真由美という。 38歳、10歳の子持ちだという。 オレは、ただ、「聞き役」、、兄嫁が会話の主導権を握っている感じだ。
今日は、このまま、終わるんだろうなぁ~~、なんて、思っていたら、真由美が「カラオケにでも行こうか!!」なんて、言い出し、、オレは、「もう、どうにでもなれ!!」という気持ちで、「いきましょう」と調子を合わせた。 さすが、平日だけあって、お客は、まったくいなかった。車できてるので、酒は飲めないので、ただ、歌うだけ。。。
 もう、オレは、開き直って「真由美さん、一緒に歌いましょう」と、誘った。もう、逢うこともないだろう、って思いながら、真由美の腰に手を回しながら、なるべくカラオケの画像が、いやらしい曲を選んだ、、、。オレは、歌いながら、真由美の腰から、わき腹をやさしく撫でるように服の上から、愛撫??していった。 そして、時折、耳元で、ささやくように歌い続け、、、た。
 真由美は、初めのころは、、「だめだよぉ~~」なんて、いっていたが、次第に、、無言になっていった。優希は、恥ずかしそうに、その「光景」を、見ていた。
 オレは、真由美のスカートの上から、彼女のお尻をゆっくり、ゆっくり、撫で回し、、そして、スカートを捲くりながら、太腿を撫で回していった。
 部屋の照明を暗くして、、、、真由美を、ソファーに腰を掛けさせ、、曲は、もう、BGMになっている。、、「あのぉ、、お姉さん、、」優希が、話しかけるが、、、、「優希さん、いま、真由美さんは、気持ちよくなってるんだから、、、少し、見てて、、。」と言って、、優希の声を遮った。 飲み物を、口移しで飲ませてあげると、、そのまま、ディープキスをした。もう片方の手は、パンティーの上から、ゆっくり、クリットのところを撫でている、、。「真由美さん、少し、湿り気があるよ、、」「あぁ、、もう、、言わないでぇ~~」、、、「旦那さんとセックス、あんまりしてないんでしょ、。」と言いながら、、パンティーの中に手を入れて、、、、指で、ゆっくり、ゆっくり、撫で回していく、、。「あぁ、、、、」、、「真由美さん、、、指を、入れるよ、、、あなたの、感じやすいところに~~」といいながら、指を、ゆっくり、挿入して、出し入れをしてやる、、「真由美さん、、、、大洪水、、だよ、、」「あぁ、、、、もう、、、、、、言わないでぇ~~」  優希は、ただ、呆然と見ていた。 オレは、意外な展開を楽しみつつ、肉棒を真由美の大事なところに、あてがって、、、そして、一気に挿入した、、。真由美は、、「あぁ、、、あぁ、、、ちょっ、、、ちょ、、、生じゃ、、つけて、、つけて、よぉ~~」「もう、おそいよ、、真由美!!」 オレは、変な「征服感」を味わっていた。。。先ほどまで、「場の中心人物だった、女が、見知らぬ男の肉棒で汚されている、、、そして、、卑猥な声でよがっている。
 オレは、挿入のピッチを上げた、、、、。真由美は、上半身はブラウスは着けているものの、下半身は、淫らに、男の肉棒をくわえ込んでいる、、。
 オレは、ピッチを早めながら、、、優希を見ていた、。。「真由美さん、こんなにいい声を出しているよ、。」「次は、あなただから、、、、ね。。」
 真由美を四つんばいにして、バックから、思いっきり入れた。。「あぁ、、イィ、、ああ、、、」 その時、、、、「もうすぐ、お時間ですが、、、延長なさいますか、、」とインターホンから、呼ばれた。。。                             続きは、、、、また、、今度です。  

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年12月20日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】どこの誰かも判らんヤツに顔射?された(怒)【セフレ】

昨日の深夜の事です。
帰宅がおそくなり、京王線終電で桜上水で降り、自宅マンションま帰宅している途中、
突然、顔に(うびゃッ!)と液体がかかりました
・・・・?
何?これ・・・・
私の顔の右側、そして前髪、左まぶた、ちょっと口の中にも
ヤだ顔中かかってるじゃない・・・
うわ。生臭い・・・もしかしてこれ、精子?
自転車に乗って、丁度その瞬間にすぐ横を通り過ぎた学生風の男が折り返してきて、
ケータイのカメラをこっちに向けながら、
「お姉さん、それ、俺の精子だよ、今朝までの3回分いっきにぶっかけたよ」
そういう事を繰り返し言って、去っていきました
たまたま昨日は、ハンカチを持ってきてなく、顔と髪がベトついたままで
帰りました
今でもそのかかった瞬間の、何か侵略されたような気持ちと情けなさで怒りが

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2014年12月16日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】立場もプライドも【セフレ】

キスに弱い私は
グイッと肩を抱き寄せられてキスをされると
肩がキュンと窄まり、膝がガクガクと震えてしまい
自然に「ン、ン……クゥン!」と
子犬みたいな啼き声を洩らしてしまいます。
『先生、Mだろ!』
クスッと微笑む相手は、家庭教師をしている生徒で…まだ14歳。
今年の3月下旬から週に2日…試験前になると日数を多くしたり、一回の時間も長くなる事もあります。
…そしてそれは、身体を接する時間も長く…濃くなる事を意味しています。
中学2年生と言っても
身長は175cmで(私はもちろんのこと)私の恋人(大学のOBで、今は社会人・26歳)よりも背は大きく
部活もしているので力も強く、物凄い体力で
若いので当然、スタミナ・回復力も…という以前に果てるという事それ自体を知らないのです!
何より、この強引な関係を持たされてしまった時既に
彼は経験済み(…積み)であり

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2014年12月15日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】エロいお姉さんに…【セフレ】

お疲れ様です。
ほんと疲れたよー、土日も出勤だったからね
でも明日やっとお休み♪
今日は涼しい方ですけど、まだまだ暑いので帰ったらシャワー浴びて、汗を流して下さい。
お酒飲みたいですね
そだね、じゃないとベタベタして気持ち悪いしね
一緒にシャワー浴びる?w
お酒かぁ、嫌いじゃないけど弱いくて
すぐ赤くなっちゃうw
かずやくんはお酒強いの?
ベタベタでもかまわないですけど、スベスベな肌の方がいいかもです
一緒にいいんですか?準備できてますけどwww
平均よりは強い方です。
弱いんですか?酔わせたいです♪
どうせならスベスベの方がいいよねw

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年12月6日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】やれやれなお姉さん【セフレ】

「可愛い女の子いっぱいいるよ、いっぱいしこしこしてね、早く私をクリックしてね」と言っているお姉さんが動画の向こうで言っている。これでいくら稼いでいるのかなと思いながらウェブを閉じました。と投稿したら、「エラーが 1 個あります。•本文 は150文字以上で入力してください」と出ました。実は以前にも投稿したことがあったので、字数制限を設けるとはと思いました。

エロ体験談検索用タグ

|||

2014年12月4日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【露出】プールに行ったらヒモみたいな水着の人妻がいた 【野外】

大学も夏休みで、暇を持てあましてたら、姉貴に子供達をレジャープールに連れてってくれと頼まれた。
甥は小学4年生と6年生で、つきっきりで見てなくてもいいので、それほど面倒ではないし、もともと暇だったので行くことにした。

姉貴の車を借りて、久々の運転なので超安全運転で、ドキドキしながら出発した。
車の中で、早くも甥達は大騒ぎで、先が思いやられた、、、
だが、俺はこの甥達を嫌いではない。
赤ん坊の頃からずっと遊んでいるので、俺にもすっかりなついているし、姉に似てルックスも良いので可愛いというかイケメンだ。
俺も、幸い姉に似てイケメンに生まれてきたので、多少人生イージーモードだ。

そして、コンビニに寄ったりしながら、とりあえず到着した。
甥達は、大はしゃぎでスライダーに行き、バターになる勢いで何度もグルグル滑っていた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||

2014年12月1日 | エロ体験談カテゴリー:露出体験談
3 / 10812345...102030...最後 »

このページの先頭へ