エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【大学生】8年ぶりに再会した3つ上の幼馴染と【JD】

俺が小2の時に隣に住んでいて俺の面倒をよく見てくれていた3つ上の幼馴染のお姉ちゃんが引越しすることになりその当日俺の家にあいさつに来たとき俺は号泣した
寂しさもあったが俺はお姉ちゃんが好きだったから余計涙が出てきた
そんなお姉ちゃんは目に涙を受べながら俺を慰めてくれてほっぺたにキスをしてくれた
それからお姉ちゃんとは会っていなかったが俺が高1の時のことだった
「あれ~ユウキ君?」
俺の名を呼ぶ声が聞こえ振り返るとお姉ちゃんが笑顔で手を振って立っていた
「あぁ~久しぶり」
それは8年ぶりの再会だった
「ユウキ君大きくなったね」
「お姉ちゃんこそ」
「今学校の帰り?」
「うん お姉ちゃんは?」
「私も大学の帰り 今一人暮らししてるの」
「え~そうなの」
「今日暇? 暇なら家に遊びに来ない?すぐそこだから」

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2018年1月9日 | エロ体験談カテゴリー:大学生との体験談

【大学生】美沙先輩【JD】

俺の大学時代の話なんだけど、所謂ツーリングサークルに入ってた。
自転車で旅とかする奴ね。
自転車といっても良いやつになれば100万以上とかかける場合もあるので(無論通常はもっと安い)
馬鹿に出来ない。
まあうちはのんびりサークルだったので皆安いやつ乗ってたけど。
週末になると箱根まで走ったり、長期休暇はキャンプ道具抱えて遠くに行ったりって活動。
やってる事は男臭いんだけどのんびりサークルで週末はキャンプ!
みたいな謳い文句は女の子には魅力的らしくって結構人数は多いサークルだった。
男女比も男7:女3と俺のいたような大学にしては悪くなかった。
メンバーも軽くスポーツしたいみたいな女の子が多いから意外と可愛い子もいたわけだ。
しかもキャンプで雑魚寝とかも多いから
以外とそこで美味しい思いをして付き合い始めたなんてカップルもいた。
当然俺も狙ってる子の1人や2人いる訳で、先輩の美沙さんって人がお気に入りだった。
健康的を絵に描いたような綺麗な人で、正直好きって言うより憧れてたな。
ポニーテール(その当時既に今時って髪型だったけど)にした長い髪も好きだったし、

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月13日 | エロ体験談カテゴリー:大学生との体験談

【大学生】隣人【JD】

おとといのラッキーな出来事を書きます。
俺は、ワンルームの一人暮らしをしています。
隣には、俺好みの女子大生が住んでいます。
正直、いつも隣の部屋が気になり
ベランダの塀の隙間から女子大生の部屋をチラ見して、
女子大生の下着を覗いています。
かなりエロイ下着です。
おとといの昼間、俺は洗濯を終え、いつもの様にベランダで
タバコを吸っていました。
すると、何か隣からゴソゴソと音がするので、
こっそりと覗いて見ると、女子大生がしゃがんだ状態で
洗濯物(下着)をとっていました。
ただ、いつもと違ったのが、女子大生は、風呂上りで
裸のまま、ベランダに這い蹲る様に洗濯物を取り込んでいました。
こちらには、お尻を向け。当然、女子大生のアソコが

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2014年2月13日 | エロ体験談カテゴリー:大学生との体験談

【大学生】プールでお触り【JD】

まだワイルドブルー横浜があった時代の話し。
当時大学生だった私は男2人女2人で行く予定だったけど、女友達の都合悪くなってしまって、男2人と3人で行く事に。。。
夕方近くから行ったのですが、平日という事もありガラガラ状態。
流れるプールにはカップルが3組くらいしかいない。
殆どのカップルがいちゃいちゃしてた。
少し前に流れていたカップルはビート板の大きいのに2人で乗っかってキスしながら抱き合ってるた。
それを発見した男達は大騒ぎ。
A君が「邪魔してやろうぜ!」っと意地悪く言った。
  「じゃあ浮き輪におしり入れなよ。押してあげるから。」
と言うので私は浮き輪におしりを入れて浮かんだ状態に。
2人が私の浮き輪を押しながらバタ足したりして前にいたカップルを追い抜いた。
勢いよく浮き輪を押したので私の胸がタプンタプン揺れていたみたいで二人とも興奮してきたみたい。
A「アキちゃんの胸凄いね〜。」
B「着やせするんだね。脱いだら凄いんだ。」
などと言われ私は赤面。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年2月13日 | エロ体験談カテゴリー:大学生との体験談

【大学生】りい【JD】

大学のサークルの飲み会の残り組で飲んでたら、乱交状態に。泣。。。
自分は拒否できる人間だと思ってたけど、アレが入ってきたときは、声出ちゃ
ってったし、顔の前に出されたら舐めちゃうし、握らされたら無意識に上下に
こすってた。
 
後で冷静になったら、すごい情けなかったけど、もっと悲しかったのはビデ
オ。。。
もっと突いて欲しいんだろ?とか言われて、うんうんってうなずいてて、チン
ポちょうだい。とか、マンコいい。とか口走ってて、もう、生きていけないっ
て感じで、凹みまくってた。
 
でも、また飲もうよ。ってメール来て、速攻削除したけど、遊ぼうってTELで
誘ってきたときは、無言で切るのがやっとだった。
あれ以来、そのことを考えながらオナとか、けっこうやってるし。
正直、誘いに乗っちゃいそうです。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||

2014年2月12日 | エロ体験談カテゴリー:大学生との体験談

【大学生】愛する彼女が【JD】

僕には付き合って1年のMという彼女がいました
お互い19で充実した付き合いでした
大学は違いますが週1回は会っていました
僕たちは本当に愛し合っていて毎日幸せでした

ある日彼女がライブで知り合ったというKという男の話をしました
そいつは10も年上だが車が好きでよくライブの帰りに送ってもらっているということでした
嫉妬深い僕はその時点でかなりイライラしましたが、彼女に小さい奴だと思われたくなく平気なフリをしていました

それからしばらくしたある日彼女の携帯から電話がありました
出てみるとそれは彼女ではなく知らない男の声でKと名乗りました。その時「あぁこいつか」と思いました。
「あっMちゃんの彼氏さんですか??なんかMちゃんライブの打ち上げでかなり飲んじゃって潰れちゃったんですよ。で今一応僕んちに寝かせてるんで彼氏さん迎えにこれませんか??」という内容でした。Kの家は僕の地元から3駅ぼどのところだったので、なんだ意外にいい人じゃないかと思い僕は安心して車でKの道案内に従いながらKの家に着きました
チャイムを鳴らして中に入れてもらうとすっかり酔いつぶれたMがいます
「いや〜Mちゃん珍しく潰れちゃったんですよ。で僕んちに泊めるのはさすがに彼氏に悪いと思いまして」と気さくな感じで話してくれました 「そうなんですか〜いやすいません」そういってMを起こそうとしますがなかなか起きません
そこまで無理に連れていくのもかわいそうだとKが言うので、せっかくきたんだし今日は泊まっていけと言います

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年2月12日 | エロ体験談カテゴリー:大学生との体験談

【大学生】最高のパートナーはいとこだった【JD】

これは7年程前の話です。忘れている部分もあるので思い出しながら書きますが、細かい部分はともかくおおまかにはこんな感じになると思います。
俺には母の実家に同い年のいとこの「優(仮名)」がいて、小学校までは夏休みとか兄妹のように遊んだ。中高は俺があまり母と一緒にいかなかったので疎遠になっていたが、たまに見るとすっかり女らしくなっていたりして、『ドキッ』とすることもあった。
志望の大学に合格した年、いとこも同じ大学に合格したというので、おじいちゃんがまとめてお祝いしてくれる事になり、久しぶりに母の実家に行った。
優の気持ちはわからなかったが俺は実はどこかしら今で言えばモデルの○井優似のスレンダーででも出る所は出ている感じの優にドキドキだった。
実家から近場の温泉地に行きみんなでお祝して夜は温泉に泊まった。
おひらきになったあと親達は眠ってしまったが、俺達はまだ寝るには早かったのでロビーでコーヒーしながら話をした。
で、久しぶりなのでこの数年のお互いの話になり、お互い昔は一緒にお風呂も入っていた仲なのでそこそこ詳しい話もした。(優は未経験である事が判明!、俺は高校2年の時に彼女と経験済)
中学校くらいから少し意識していたというと、優も俺が気になっていたと告白した。(一応俺も某アイドルグループの○分に似ていると「たまに」言われる程度の顔がある)
そんな話題で俺はちょっとムラっと来た。(なにしろ○井優が浴衣を着て目の前にいる!)でも優は母と同室で俺も弟と同室なのでムリ。優もまんざらではない雰囲気になっていたがその日はあきらめた。
次の日親達は観劇に行く事になっていて、弟(当時中学生)と上のいとこ(当時新人OL)は二人で遊園地に行った。俺といとこはどちらも興味がなかったので、二人で人気の映画を見に行った。旅館からは親達とは別行動、俺達はどちらからともなく映画館には行かず、親達がまだ帰らない実家に直行。電車の仲から手を握りあう仲になって(さすがに実家の近所ではやめたが)彼女の部屋に戻った。
で、なんとなくどちらからともなく暗黙の了解でエッチすることになってきた。
俺は優の上着を脱がせ、シャツの前空きのボタンを外して行った。だんだん優の水色のブラがあらわになるに従って、俺のペニスも堅くなってきた。優もだんだん桜色の顔になってきて、ぼおーとしていた。
俺の前に横座りになった優のシャツのボタンはすべて開かれ、肩だけで体にかかっていた。
優の初めて見る大きな胸は、昔一緒にお風呂に入っていた頃の小さなふくらみとは違い(中学の頃は、その小さな膨らみを思い浮かべて抜いた事もあったが)すっかり大きくなり、ブラ一杯に溢れるように収まっていた。
俺は吸い寄せられるように見つめたまま「おおきいなー、すごい!」と賞賛の声を上げた。優は「まだEだけど。」と教えてくれた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2014年2月12日 | エロ体験談カテゴリー:大学生との体験談

【大学生】彼女を先輩達に・・・【JD】

僕は外大3回生です彼女真弓は20歳で同じ大学の2回生です
同じ大学のサークルで知り合い交際が始まりました
彼女は身長153cmと小柄ですがまあまあ胸も有ります
女優の広末涼子に似た感じの美人でした交際し始めて
2ヶ月目で彼女が19歳誕生日の時に初めてSEXしました
真弓処女でした・・・僕は嬉しくて、それからはデートの度にSEXしていました
始の2.3回目は痛がっていましたが彼女もSEXの気持ち良さに目覚めたみたいです最近はイク感覚が分かり
積極的に僕に求めてきたりします、フェラも教えました僕の短小12cmチンポでもそれなりに調教しました。
何処でもかしこでもSEXしていました真弓はドスケベ女に成っていきました僕が悪いのですが・・・
それに凄いヤキモチ妬きで僕が他の女の子たちと仲良く話しているだけで
「浮気しているの?」とか「あの子誰?」とかしつこく何回も
TELしてきたりする、めんどくさい女に成っていました・・僕も段々ウザく成って散々SEXしたし(不満でしたが)
僕の行動を一々確認する真弓とは僕も段々別れたく成ってきました・・・
先輩や他のサークル仲間には真弓と交際している事は内緒にしています。
大学近くの居酒屋で4回生のサークルの送別会が有りました、お酒も進み其れなりに盛り上がったのですが・・・

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年2月11日 | エロ体験談カテゴリー:大学生との体験談

【大学生】N君とのエロい話 その④【JD】

Nくんが退院して少し経ってからのことです。
入院中にもらったお見舞い金が結構残っているのでどこかに泊まりに行こうということになりました。
Nくんは温泉と言い、私は横浜がいいと意見が合わなかったので、ジャンケンで決めることにし、
3回勝負の結果、私が勝ったので、夜景のキレイな横浜のホテルを予約することにしました。
彼氏とシティホテルに泊まるなんて初めてだったので、私はオシャレにかなりの気合いを入れました。
洋服はもちろん、下着も、少ないお小遣いをはたいて、輸入下着のショップに行って購入したりしました。
そして当日、普段はどちらかの家から2人そろって、出かけることが多かったのですが、
その日は、外で待ち合わせて食事をしてからホテルに行こうということになりました。
いつもより、メイクも念入りにし、約束の時間に、待ち合わせ場所に行くと、Nくんはすでに来ていて、
私を見るなり、「…なんかA、いつもとちがうな…。」 と、かなりびっくりした様子でした。
「だって、気合い入れたもん。」
私が冗談っぽくですが、正直に言うと、Nくんは私の肩をぐっと引き寄せ、
「かわいいな。すげぇかわいいよ。」と周りに人がいるのに、抱きしめるようにしました。
私はすごく恥ずかしくて、「ちょっと…こんな街中で何するの。」と、Nくんの腕から逃れるようにしました。
Nくんは私が照れるのがおかしいらしく、ときどき街中で、抱きしめてきたり、キスしようとしたりしたのです。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年2月11日 | エロ体験談カテゴリー:大学生との体験談

【大学生】初めの中田氏エッチ【JD】

私の忘れられないエッチは、
初めて中田氏をした時のエッチです。
あれは昨年の6月のことでした。
二人とも就職が決まり、それと同時に遠距離が決まった頃。
その頃の私は、離れることの寂しさから彼に逢っても泣いてばかりいました。
そんな私を見て彼も寂しそうにしてました。
現在も家は離れているので、週に1度くらいしか逢えないのですが、
今度は東京と北海道・・・・・本当に絶望的でした。
彼は今まで付き合った人の中で一番好きで、彼と付き合いはじめてから
私の中の恋愛観が180度変わった、と言っても過言ではないくらい好きでした。
彼は心から人を愛することを教えてくれた人。
そんな彼の就職の内定を素直に喜べない自分。
今思うと彼女失格ですよね。
そんなある日、彼に「もう泣くのはやめよう?泣くよりも残りの日々を楽しく過ごそうよ。」と言われてしまいました。
(多分、彼も泣いてばかりの私にうんざりしていたんでしょうね)

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2014年2月11日 | エロ体験談カテゴリー:大学生との体験談
1 / 3212345...102030...最後 »

このページの先頭へ