エロ体験談ブログ 最新更新情報!

【マニア】家で飼って居た乳牛と・・・【フェチ】

<>352名前:えっちな21禁さん投稿日:03/01/2815:04ID:ttK2FDwN<>

今から25年程前のことです。
僕が15才位の頃 牛との獣姦に興味を持って家で飼って居た乳牛と、交尾しました。
夏休みのある日 家族みんなが出かけて僕一人家に残った時でした。
放牧している牛を1頭捕まえて、小川の方へ連れて行き立ち木にロープで繋いで逃げない様にしました。
それから僕は、服を脱いで素っ裸になり 牛の尻の方へ廻りマンコを開いたりして触っていると、突然牛が大量の放尿を始めたのでその尿を僕は体にいっぱい浴びました。次に僕は牛のマンコに右腕を突っ込んでみました。
牛の膣は奥行が深く右腕は殆んど中に入ってしまいました。
マンコの中は暖かくヌルヌルした粘液が腕にべっとり付いてました

<>353名前:えっちな21禁さん投稿日:03/01/2815:04ID:ttK2FDwN<>

今度は肛門に右腕を突っ込んでみました。
やはり中は、暖かく腕も全部入ってしまいました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||

2014年2月2日 | エロ体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【マニア】猫アレルギーですが猫を飼っています。【フェチ】

私は40年来の超アレルギーです。
ハウスダストや花粉etc、それに勿論「猫」もアレルゲンです。
それも、その数値は尋常でなく、医者もビックリする位です。

で、当然私の人生の中には動物という言葉はなかったのですが、縁あって猫と暮らすこととなり早6年目。
私のアレルギーはそれはそれは酷くなり、昨年は喘息で死にそうになりました。
「アレルギーと動物との暮らし」は、私の中でいつも課題です。

ある医者から「猫といるのは自殺行為、三味線にでもしてしまいなさい」(あくまでも冗談めかしてですが)と、
愛猫家が聞いたら憤慨するような言葉を投げられた事もあります。
そのときは、なんじゃコイツ!と思いましたが、私は今もそのドクターとも交流があります。
まあ、人それぞれの立場があり、医者にすれば私の方が「なんじゃコイツ!」なんだと思います。
(冗談とはいえ、使う言葉は間違っていますが!)
ついついそのような言葉が出てしまったと、今は理解できます。
医者も人間だな〜、とちょっと微笑ましく思える程になりました(笑!)

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ



2014年2月2日 | エロ体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【マニア】オタビッチ調子に乗りすぎだよ【フェチ】

先日から、アメンバー申請をしてくださる方が50名ほどいらしゃいますが、ほとんどの方は某コピペサイトからいらっしゃた方とおみうけいたします。

申し訳ありませんが、皆様がご期待されていると思われる内容のアメンバー記事や画像はございませんので申請はお断りいたします。

アメンバー記事には商品の画像等を掲載しておりますので、ある程度趣味や交流のある方々以外は申請の受け付けをしておりません。

シューアイス

こいつ

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2014年2月1日 | エロ体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【マニア】リリアン【フェチ】

僕はおもむろにリリアンの一番敏感で、一番柔らかい部分に触れた。
「や・・・ん、いきなりそんな風に触らないでよ・・・」
普段は白く透き通るような肌がほんのり赤みを帯びて、僕の愛撫に反応している。
丸顔のリリアンが全身をよじるように僕の指が与える刺激をかわそうとするが、僕は構わずリリアンの突起に唇を触れた。
甘噛みしながら、舌をちろちろと伸ばして濡らしたり、指先でくるくると円を描くようにくすぐった。
その僕の与える刺激に、リリアンは奔放さをさらけ出して感じていた。
リリアンのうっとりした表情を目の前で楽しみながら、僕はこの子と初めて出会った時のことを思い出していた。

「いや!殺さないで!」
僕が剣を振りかざして、まさに斬りつけようとしたその言葉が、僕とリリアンの始まりだった。
剣を収めて手を伸ばすと、リリアンは丸みを帯びたその可憐なふくらみを僕に差し出した。
最初は戸惑った僕だったが、あまりに白くすべらかな彼女の一番柔らかい部分をわし掴みにした。
いきなりの激しい刺激にリリアンは驚きながらも、すぐに体全体をひくつかせて感じ始めた。
夢中で全身をなぞりながら、僕は彼女の肌に自分自身を押し付け、何度もこすりつけ、果てた。
行為の後、少し照れくさい僕が背を向けると、リリアンは僕に飛びついてきて笑った。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ



2014年2月1日 | エロ体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【マニア】鶏と僕【フェチ】

865新着:(‘A`):2007/09/07(金)18:49:28O
じいちゃん家には美味しいたまごを生むニワトリがいた。ある日俺は偶然ニワトリがたまごを産む瞬間を目撃してしまった。
喪前らそんな瞬間目撃したことないだろうから分かりにくいかもしれんが、肛門みたいなとこから
ニュニュっとたまごがでてくるのを見て俺は何とも言えない気分になって、あそこにチンコを入れてみたくてしょうがくなった。
1週間オナ禁して、遂に実行にうつすことにした。真夜中ニワトリ小屋に入って
暴れまくるニワトリを捕まえた。興奮しながらたまごの穴にチンコを入れようとする俺。
きつくてなかなか入らなかったから若い娘のマンコはキツイって思い出したらさらに勃ってきた。その後は無我夢中で腰振りまくって
ニワトリの鳴き声さえもあえぎ声に脳内変換されていた。「コケッェーココー」みたいに必死で鳴くニワトリに
「やめてだと。下のおくちは喜んでるくせに」とか色々話しかけた。もうすぐ射精というところで顔面を照らされた。
そこには猟銃持ったじいちゃんが立っていた。じいちゃん驚いたような悲しいような目をしてた。その後俺は親に精神科に連れていかれた。
今も精神異常者に見られてる。今思えばニワトリの口にガムテープ貼っとくべきだった。

エロ体験談検索用タグ



2014年1月31日 | エロ体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【マニア】犬のロッキーを恋人にした私の妻【フェチ】

 今から8年前に家を新築した時、子供達の意向もあって犬を飼おうという事になってしまい、私はどうせなら大きな秋田犬かどっしりとして可愛いブルテリアのどちらかを飼いたいと思っていました。
 妻は秋田犬の方がカッコ良いと写真を見て言います。
「もしブルテリア飼うんだったら、あなた1人で面倒見てね」というので、自信のなかった私は秋田犬を飼う事に決め、雑誌の繁殖している方の広告を頼って家族で埼玉の方へ譲ってもらいに行きました。
 写真と実物とでは大違いで、犬の余りの大きさに子供達はビックリして近付けません。気の良さそうな御主人が「この中で気に入ったのを」と言い、金網の小屋から生まれてまだ2ヶ月あまりの仔犬を数匹出しました。

「ワァーカッワイイ」とぬいぐるみの様な仔犬に子供達は大喜び、「このままだといいんだけど..」と妻は成犬の大きさに困惑している様子でした。

 色々と説明を聞き、将来は繁殖させるという約束でいただいた血統書付きの犬だったので日本的な本名を持っていたのですが、その名は秘密にしておきます。

 愛称は「ロッキー」でした。
 愛らしいロッキーを子供達は「可愛い」とよく遊び、とりわけ妻の可愛がりようは大変なもので、一緒にベッドで寝てしまったりして「表で飼う」という私の意見も聞かずしばらくは室内飼いになった程です。
 すっかり妻に懐いたロッキーは、あれよあれよという間に大きくなり、半年後には30キロを越え、朝は妻が3km、夜は私が10km近く散歩させる様になり、食欲も旺盛でサイエンスドッグフードだけでなくカルシウム補給に特製の粉末も混ぜ、牛乳も水代わりといった感じで飲んでいました。

 1年近くすると、体重が50キロ近くなってしまい、ガレージで飼っていたので、車は駐車場を賃りてそこへ置いていました。
 近所の人が珍しい物でも見るようにたくさん来る様になって、犬に詳しい人は「これは大変な犬ですよ」と感心していました。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年1月31日 | エロ体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【マニア】美人レスラーとセックスしたときの話【フェチ】

<>581 名前:なまえを挿れて。[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 04:48:11 ID:v3CLKGYrO<>
10年以上前だが、当時「美人女子プロレスラー」と言われてたT子・I(まだ現役かな?)あるつてで大枚はたいて一晩貸し切り。当人は可愛さに自信があったみたいだが(何を思ったかアイドル・歌手等発掘オーディション番組とかも応募してたな)一緒に風呂に入った時化粧を落とさせたら一般人の中に混じっても中の中ってレベルのスッピンwブス専、とまで言わないが「美人系」より「チョイ可愛チョイブス」が好きなんで俺としては逆に大興奮ww体は大変感度・反応良くテクニシャンで締まり良し。ピル飲んでるんだか「中でも大丈夫ですよ」と中出しOKだった。あまりの良さに個人的にウン十万円のおこずかいあげて帰した。

<>582 名前:なまえを挿れて。[] 投稿日:2010/08/31(火) 11:51:24 ID:hIkvl0I1O [1/2]<>
>>581●上貴子?

<>583 名前:なまえを挿れて。[sage] 投稿日:2010/08/31(火) 12:16:44 ID:iTjGTnVYO<>
倉●明日香山●梓佐●愛あ●あるる若かったなぁ

<>587 名前:なまえを挿れて。[] 投稿日:2010/09/01(水) 01:34:09 ID:P3jcBZRoO<>
>>581I上T子なら羨ましいな気が強くて生意気そーだけどベッドではどーだった?

<>588 名前:なまえを挿れて。[] 投稿日:2010/09/01(水) 08:24:08 ID:47GsCtZvO<>
美人というにはちょっと何か足りないくらいが味はいいような気がする。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年1月30日 | エロ体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【マニア】猫がきた【フェチ】

学校のグラウンドに猫がやって来てかわいいなと思ったらうちの猫だった。
しかも集まった子の内の一人があたし飼うーとか言って連れてってしまった。
あれから五年が経つが幸せに暮らしてるだろうか。

エロ体験談検索用タグ



2014年1月30日 | エロ体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【マニア】携帯拾ってくれたおじいさんにエッチなことしてしまった話【フェチ】

<>800 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2009/10/07(水) 04:53:29 ID:mhdWY54b0 [1/7]<>
何処に書いたらいいのかわからないので、ここに吐かせてください。大してエロい話でもないのですが、他人においそれと話せないもので。早朝、人も歩いていない時間にケータイを側溝に落としてしまった。幸い水が全く無くてカラッカラだったけど、真っ暗だし困ってしまった。きょろきょろ見回すとおじさんがなにやら準備で店先にいるのを発見。これこれしかじかと説明をして、何か照らす物とバールか何かでも貸してもらおうと思ったらおじさんが手伝ってくれた。男の人の力って凄いもので、ものの5分で解決。本当に有難くて何度も感謝の言葉を述べてお辞儀をしていたら「俺のお礼は高くつくよ~」と冗談っぽく笑った。

<>801 名前:800[sage] 投稿日:2009/10/07(水) 04:53:59 ID:mhdWY54b0 [2/7]<>
同時にすぐ横の民家の隙間にちょっと身を隠しながら「ま、お礼はこれでいいから」と、おじさんが両手を広げるポーズをした。てっきり私はハグでもするのかと思ったら、矢庭に乳鷲掴みにされたorzいきなりでオロオロしてたら 「もうちょっとお願いね」と言いながら後ろに回ってまた乳を揉まれた。おじさんの歳の功なのか、ねっとりとした手つきで執拗にこねくりまわされた上に乳首の位置も探り当てて、コリコリされた。「おっぱい、おっきくていいね~」とご満悦の様子。私はといえば気持ちよくなってしまって思わず声を漏らしてしまう始末で。ひとしきり揉んだ手が止まったので、やっとこれで終わりと思ったら今度はその手が下のほうに伸びてきた。

<>802 名前:800[sage] 投稿日:2009/10/07(水) 04:54:25 ID:mhdWY54b0 [3/7]<>
さすがに私も抵抗したが、「まだお礼分貰ってないよ」と言いながらパンツの上から触られたら何もいえなかった。他所のお宅の隙間でさっき知り合ったばかりの他人にま○こをいじられていると思ったら妙に興奮してしまい、抵抗することも忘れて足を少し開いて触りやすくしてしまっていた。左手で乳首、右手でパンツ越しにクリを器用にこねくりながら、おじさんは耳元で「あれっ、なんか指が濡れてきたなぁ…」などと白々しく言った。「お礼の分、もう少しで全部済むから」と言うと、ズボンのジッパーを降ろす音が後ろから聞こえた。私は「あっ、あのもしかして入れたり…とか…?」と焦って聞くと「そう。それでお礼は全部。すぐ終わると思うから、大丈夫。」と手早く私のスボンとパンツを下ろしてしまった。

<>803 名前:800[sage] 投稿日:2009/10/07(水) 04:54:52 ID:mhdWY54b0 [4/7]<>
「やらしいケツだなぁ。よし、そのまま壁に手ぇついてケツ突き出してよ。」もうどうにでもなれと自棄になってお尻をおじさんに突き出した。おじさんはアレをピタピタと私のお尻に当てると、割れ目を先っちょで何度も撫で始める。もうそれだけでかなり気持ちが良くて、息が荒くなり声を出すのを必死でガマンした。何度目かの先っちょの往復の後、「じゃあ、有難く頂きますよっ」というとぬるりとした感触と共におじさんのアレが割り込んできた。私のま○こはやや狭く、それでも今までは何の問題も無くできていたはずなのにおじさんのソレはとても窮屈そうに滑り込んできた。大きいんだなと思った次の瞬間、グッと奥まで入れられて子宮口にあっけなく到達。大きいうえに長い…。正直その時はゾッとした。

<>804 名前:800[sage] 投稿日:2009/10/07(水) 04:55:21 ID:mhdWY54b0 [5/7]<>
でも、それもすぐに快感に変わっていた。パンパンと音がしないようにおじさんは気をつけながら、それでも強く私の中をかき回した。胸がお気に入りらしく、後ろから両手で鷲掴みにしてずっと乳首をコリコリされた。おじさんは私に足を閉じるように言うので、そのとおりにした。「お姉ちゃんのおま○こキツキツだな」「生で出来るなんてなぁ」「乳首もピンピンに勃起してるわ」おじさんは大きな声にならないように私の背中と体を密着させながら、ずっと耳元でささやきつづけた。そのたびに私のま○こがキュンとなるのでかえっておじさんを興奮させてしまい結局すぐに終わるのは勿体無いと思ったのか時折腰を止めては、クリをいじったりしてま○こがひくひくするのを楽しんでいた。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|

2014年1月29日 | エロ体験談カテゴリー:マニアックな体験談

【マニア】女性のためのドッグセックスへの招待【フェチ】

 獣姦−動物と性的関係を持つこと−は、長い間禁じられてきた問題でした。「病気」とか、非倫理的だとか、変態だとか見なされてきました。このテキストで私は、獣姦の一種である犬とのセックスについて説明したいと思います。私がこのテキストを書く理由は、私の知識を他の女性達と(興味があるとか、やりたいけど踏み切れていないとか、やり方が分からないとか、存在自体知らなかったとか、そういう女性達と)分かち合いたいと思ったからです。

歴史

 獣姦は決して新しい発明ではありません。現代の堕落した人間の頭が生み出したものではありません。信じようと信じまいと、それは、何千年も前から知られてきました。ギリシャのヘラス帝以前に、人間と動物又は獣人との関係が神話に残っているのです。動物が男性役で、人間の女が女性役という物語は、女にとってとても興味深く感じられます。しばしば、物語はとても詳しく書かれていて、ほとんどの場合女性は妊娠し、神や獣人や獣のような子供を産むことになります。これらの物語を信じる人がいるかどうか知りませんが、少なくとも、現代を迎えるずっと以前からこのような考え方があったという事は分かります。このようなことが起こったかどうかは知る由もないですが、想像は難くありません。

 技術の進歩に従い、人間は田舎から都市へと生活圏を移してきました。これにより私達は農村を去り、人間と動物の間の溝を広げていきました。これで獣姦は劇的に減っていったでしょうか?実際はそう簡単ではありませんでした。都市部の住宅に住むことにより、ペットを家の中で飼うようになりました。そして人間とペットの親密さが増し、多くの人がペットを、特に犬を、東部風に住居の一部だと考えるようになりました。犬は家族の一員となり、共に眠り、食べ、日々の暮らしの一部となっていったのです。これは女性にとっては、動物とのセックスを楽しむ機会が増えたということになります。

 タブーであるが故に、動物とのセックスを楽しんでいる人の正確な数を調べるのはとても難しいことです。しかし、1992年ドイツで出版された「ハフナーセックスリポート」によると、農村での14%の人が動物との定期的なセックスを行っているということです。もちろんこれは、農村で見られるあらゆる動物や、動物とセックスをした男性の数も入っています。報告によると、さらに3%の人が周辺領域(動物による自慰行為や動物の性器で遊ぶといったような)にいます。このドイツの報告は数千件の農村においての聞き取り調査を基にしていますが、都市部でも全女性のうちの2〜3%が犬とのセックスを試した、としています。これらの女性の8割が、定期的な犬とのセックスをしているそうです。自分自身の経験に照らしあわせると、この調査は正しく行われたと思われます。犬とのセックスは非常に刺激的で、もし「ちゃんとした」やり方で行えば、「普通」の男性とのセックスよりもずっとエキサイティングなものです。動物とのセックスをするのはとても簡単です。多くの女性は、動物とセックスするとか、獣のように扱われたいとか、動物のように楽しみたいとかいうファンタジーを持っていたり、自分自身の中に特定の動物への欲望を感じていたりするからです。動物とセックスしたいと言う女性はまれですが、事実はその反対です。心理学の研究によると、女性の8割は動物のように扱われたいという秘めた願望を持っているそうです。だから、それをやろうと決心するだけです。もしあなたがそうしたら、あなたはとても幸せになれるでしょう。私を信じてください。

まえがき

 大事なことを一つ言い残していました。犬とのセックス方法を紹介をする前に、私自身のことをお話ししたいと思います。私の名前はアンナ、他の事は読者には伏せておきますが、どちらかというと社会的に尊敬されている立場です。私はずっと犬狂いの人生を送ってきました。そして、私は自分の知識が、これから犬とセックスしようとしている人や気持ちよくなりたくてヒントを求めている人たちへの助けになれば、と願っています。私は、18歳の時からずっと定期的に犬とセックスしてきました。一番最初は16歳の時で、セックスの経験はそんなにありませんでしたが、なんでも自分の体で試してみたいと思っていたころでした。それまで、2、3人の男の子と経験していましたが、彼らも私と同様経験不足で全然気持ちよくありませんでした。それが、飼犬とのセックスで全てが変わりました。私をいかせてくれたのは、私の犬が最初だったのです。それはめくるめく体験でした。23歳の時、私はイタリアのリビエラの犬の育成所で働き始めました。その育成所は高級なところで、純血種や質の高い混血犬が扱われていました。この時期に、私は100匹以上の犬とセックスをしました。違った犬とセックスするのは楽しいことでした。もちろんお気に入りの犬とは何度もセックスしていました。私は、ほとんど毎日、そして時には他の従業員のいない週末に、犬とセックスしていました。結婚する前は、何度も犬とセックスしていました。一人で横になって、次から次へと訪れるオーガズムを楽しんでいました。このように、私は何匹もの犬とセックスするのが好きです。特に、育成所が休みの週末には、夫と6〜7頭のお気に入りの犬達と一緒に、一日中セックスを楽しみます。二人とも(少なくとも犬相手には嫉妬しない夫なので)すごく楽しみます。彼は、私が次々とオーガズムを迎えるのを見るのが好きなようです。

 私には、二人の子供がいます。男の子と女の子と。だから、外からだとあなたは私の家族を「普通」の家庭だと思うでしょう。犬とセックスしたからといって、変わった人間になるわけではないのです。その違いは、もっと気持ちのいいことがあると、発見したというだけなのです。

このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年1月29日 | エロ体験談カテゴリー:マニアックな体験談

このページの先頭へ